MENU

【日 時】2019年2月11日(建国記念日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 100名
【内 容】

  • 講演:まさじさん「介護士の父ちゃん、自家がんワクチン受けてみました」(不良サバイバーフラリーマン白書)
  • 患者さんどうしの情報交換

参加申込みとオフィシャルサイトはこちら



Pocket
LINEで送る

最新の記事

今日の一冊(100)『虚栄』久坂部羊

今回は、作家で医師の久坂部羊氏の医療小説『虚栄』です。 末期がん患者に「もう治療法はありません」と言わなければならない医師の悩む姿と、言われた患者の納得できない苦悩を描いた『悪医』を以前に紹介しました。 『虚栄』は、手術、放射線、抗がん剤、免疫療法の4つの分野の互いの駆け引きや足の引っ張り合いを描い ...
続きを読む

全国がん罹患数のデータ 膵臓がんは4万人/年

マスコミでも報道されましたが、全国がん登録の2015年のデータが公開されています。 厚生労働省 全国がん罹患数 2016年速報値 これによると、年間でがんと宣告される方は約100万人で、膵臓がんは約4万人となっています。これまで言われてきたことが、データで裏づけられた格好です。 膵臓がん患者は、がん ...
続きを読む

「すい臓がん撲滅基金」パンキャンが寄付を募っています。

パンキャンが、すい臓がん撲滅基金への寄付を募っています。 寄付のお願い:すい臓がんの生存率倍増とゲノム医療の早期実現 ■寄付をお願いします 100人に1人以上が10年以上にわたって膵臓がんと闘うことができません。効果的な治療に関する研究と研究への助成金が非常に欠けています。 膵臓がんは日本では4番目 ...
続きを読む

サンデー毎日ー丸山ワクチン特集3

「丸山ワクチンーオプジーボの併用」劇的効果 サンデー毎日の「丸山ワクチン特集」第3回目は、オプジーボとの併用療法でした。 丸山ワクチンーオプジーボ併用劇的効果 まだマウス実験のレベルですが、オプジーボの投与量を10分の1に減量しても効果は変わらず、しかもオプジーボの重篤な副作用である免疫系の暴走を抑 ...
続きを読む

データベース『製薬会社と医師』がオープンしました。

以前に「3人に1人の医師に製薬会社マネーが」との記事を書いていますが、 これらの記事で紹介していた、製薬会社から謝礼をもらっている医師のデータベースができました。 マネーデータベース『製薬会社と医師』 さっそく何人かを検索してみましたが、凄いデータベースですね。 私の主治医の1人も、5万円程度の講演 ...
続きを読む

「がん治験情報サービス」が始まります。

がんサポートを運営する株式会社QLifeでは、がんの治験情報を提供する「がん治験情報サービス」を開始しました。 がん種やステージに合わせて最新の治験情報をご案内 近年では、肝臓や膵臓など消化器系のがんに関する治験も盛んに行われていることをご存知ですか? 「がん治験情報サービス」は、がんの種類やステー ...
続きを読む

2019-02「膵臓がん患者と家族の集い」参加者コメント(2)

2月11日の「膵臓がん患者と家族の集い」で、自家がんワクチン療法を受けたまさじさんが講演を快く承諾してくださいました。 タイトルは「介護士の父ちゃん、自家がんワクチン受けてみました」(不良サバイバーフラリーマン白書)。毎回彼の周りにはたくさんの方が集まり、体験や質問に答えていました。どのような話が聞 ...
続きを読む

サンデー毎日ー丸山ワクチン特集2

サンデー毎日の特集、今回は「丸山ワクチンの秘密」。 週刊誌の影響は大きいですね。日本医科大学の電話は繋がりづらい状態が続いているようです。 膵臓がん患者の交流サイト「PanCafe」でも丸山ワクチンの話題が続いています。 前回は丸山ワクチンが樹状細胞を正常化する仕組みを紹介していたが、ではその正常化 ...
続きを読む

『がん患者のためのスマホ教室』を開催します。

「膵臓がん患者と家族の集い」も1ヶ月後になりました。すでに40名近くの参加申込みがあります。予定されている方は、満席にならないうちにお申し込みください。 『がん患者のためのスマホ教室』 お知らせです。 「膵臓がん患者と家族の集い」当日の午前中に、同時開催で『がん患者のためのスマホ教室』を開催すること ...
続きを読む

光免疫療法ー頭頸部がんの次は膵臓がんか

放射線医学総合研究所(放医研)と国立がん研究センター東病院が共同で、光免疫療法(NIR-PIT)の膵臓がんに適用できる抗体を研究しているようです。 光免疫療法は、がん細胞の細胞膜表面にくっつく「抗体」に化学物質を付けた薬剤を投与し、患部へ近赤外光を当てることによって、がん細胞だけを破壊する治療法です ...
続きを読む
Loading...

『すい臓がんカフェ』を終了した理由

今回の『すい臓がんカフェ』の活動終了と、その趣旨を引き継いで新たに立ち上げた『膵臓がん患者と家族の集い』に関して、皆さんにはご心配とご懸念をかけたことをお詫びいたします。 『すい臓がんカフェ』を設立した目的は、膵臓がん患者が集まって情報交換をする場を設けて、患者どうしの横のつながりを広げることでした ...
続きを読む

トイレの落書きとは論争しない

ハマリョウ氏から当ブログや「膵臓がん患者と家族の集い」に関して、同じ内容の記事を、タイトルを変えただけで二度も紹介していただいています。ありがたいことです。 タイトルが『「すい臓がん患者と家族の会」参加者の皆さんへ』となっていますが、正しくは「膵臓がん患者と家族の集い」なんですがね。 他の組織の参加 ...
続きを読む

今日のお薦め記事

ブログ内のがんに関する記事で、お薦めのものをランダムに表示しています。

今日の一冊(16)『三毛猫ホームズの遠眼鏡』
原宿「スーパーよさこい」こちらもベストショットに数えて良いかも 何の因果か、癌の王様と言われる膵臓がんになってから、音楽の趣向が変わった。それまではヴィヴァルディやドヴォルザーク、チャイコフスキーなどの魅惑的な旋律の音楽
がんと食事(3)
DP2 Merrill F7.1 1/400秒 ISO200 キャンベルが動物性蛋白質ががんの原因だと確信するようになった理由を次のように挙げています。 通常は成人の病気である肝臓がんが、フィリピンの子供に異常に多い原因
気になる本『奇跡のシェフ』
上毛新聞で紹介されていたこの本、気になりますね。クラウドファンディング「ハレブタイ」で目標の30万円を大きく上回る138万円を集めて出版にこぎ着けています。自費出版でなく、庶民の応援を受けての出版というのも凄い。それだけ
『代替医療のトリック』サイモン・シン
『ビッグバン宇宙論 (上)』『フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで』『暗号解読―ロゼッタストーンから量子暗号まで』のサイモン・シンが代替医療を科学する、これだけで迷わず買った本です。 本書と
『エンデの島』
権現堂堤の桜(7) 「・・・・がんばるのは美徳ではないと?」 「いちがいには否定しませんよ。でも、戦争のときも経済発展のときも、国民はがんばるのがいいことだと信じていたのです。そして一枚岩になって団結し、異分子を排除した
雑誌のインタビュー記事
昨日から冷たい雨です。冬に逆戻りしたかのような気候で、亀戸天神の藤を観に行く予定も中止しました。部屋にこもって先週の群馬旅行の写真整理です。850枚の写真から取りあえず適当にピックアップしてブログには載せましたが、画質の