MENU

【日 時】2018年12月23日(天皇誕生日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分  Luz大森 4階 入新井集会室
​​​​​​​​​​【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
​【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
​【定 員】 130名
【内 容】

  • 講演「私が手術、抗がん剤をやめたわけ」:待夢さん、SAKUさん
  • 患者さんどうしの情報交換会

参加申込みとオフィシャルサイトはこちら


Pocket
LINEで送る

最新の記事

がんと生きるコミュニティ
がん評論家@中嶋司さんが、「がんと生きるコミュニティ」を始めたと書かれています。 これはおもしろそうな企画ですね。 「専門用語は使わない宣言」も耳が痛いです。ついつい「エビデンス」などと書いてしまいます。怪しげな医療サイ
低用量抗がん剤治療とは
先日の「膵臓がん患者と家族の集い」に参加された中にも、低用量抗がん剤治療を行っている方が何人かいらっしゃいました。 予後の厳しい膵臓がんですから、標準治療で効果がなくなった患者、抗がん剤の副作用が強くて継続できなくなった
ビタミンDとがん予防
これまでもビタミンDの抗がん作用については多く報告されています。 (2017年11月) 长江大学(中国)の研究グループが “Medicine” 誌に発表したメタ分析によると、ビタミンDが肺ガンの予
愛犬の誕生祝い
我が家のヨークシャーテリア、15歳の誕生祝いでした。 もう老人ですので、白内障でほとんど目が見えませんが、明るさ程度は分かるようです。 でも外に出て散歩のときは、目が見えるかのように先へ先へとどんどん歩くんです。 トイレ

投稿記事一覧へ

今日のお薦め記事

ブログ内のがんに関する記事で、お薦めのものを表示しています。

『生きる禅語』『美のエナジー』
チェロ仲間のDさんから『生きる禅語』という本をいただいた。著者の杉谷みどりさんはお姉さんだという。なかなか素敵な本で、書家の石飛博光氏の書は、(私は書に関してはまったくわからないが、)力強さと暖かさを感じる。 六十代は迷
因果関係より相関関係:ビッグデータの時代
ノバルティス社のディオバン問題は検察の強制捜査が入っています。最初にこの問題が報道されたとき、統計処理をノバ社の社員に任せた、と報じられたのですが、「統計の分からない医者が臨床試験をやっているのか?」と驚いたものです。『
シュレベールの箴言(8)
炎症は、治癒のための新しい組織の形成を支えていると見せかけて、がんの成長を促す役回りをしていることもある。 生物の体が損傷すると、自動的に組織を修復するようにできている。修復の中心となるメカニズムが”炎症作用”である。
シュレベールの箴言(4)
病気に対する正しい知識を持ち、体と心をケアし、健康増進に必要な情報を与えられている人々は、がんと闘うため、体の重要な機能を作用させることができる。 がんに効く生活 克服した医師の自分でできる「統合医療」 posted w
今日の一冊(57)『すい臓がんから奇跡の生還』
  前日の雨のしずくが白い斑点となって丸いぼけを作り、幻想的です。 すい臓がんから奇跡の生還―手術後7年の記録 posted with ヨメレバ 星田 一郎 ハップ 2016-03-30 Amazon Kind
非線形科学:蔵本由紀
デカルトに始まる近代合理主義精神は要素還元的に、つまり分子よりは原子、原子よりも電子・中性子、これらよりもクオークやパイ中間子といったように、より根源的な物の普遍的構造を知ることによって、われらのこの世界の現象を理解でき