MENU

【日 時】2018年11月4日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分  Luz大森 4階 入新井集会室
​​​​​​​​​​【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
​【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
​【定 員】 130名(定員増やしました)
【内 容】 患者さんどうしの情報交換会

オフィシャルサイトはこちら

10月22日(月) 8:00AMまで受付。ただし、満席になり次第終了します。


Pocket
LINEで送る

最新の記事

今日の一冊(93)『「がん」はなぜできるのか』
久しぶりの「今日の一冊」ですが、これじゃ「今月の一冊」になってしまいますね。 「そのメカニズムからゲノム医療まで」と副題にあるように、がんの発生から成長、浸潤・転移にいたる「がん発生の自然史」のメカニズムの理解が必要とな
チェロの弦が切れた
チェロのA線がバチッと切れた。ケースから出したら弦が緩んでいたので、ペグを巻いて調整した。ところがすぐに緩んでしまう。 よく見るとペグ穴の周囲が黒ずんでいる。カビらしい。しばらく弾いてなかったからなぁ。 すべての弦を順番
「膵臓がん患者と家族の集い」ー参加者コメント(1)
【日 時】2018年11月4日(日) 13:10~16:30 詳細は上の画像をクリック 「膵臓がん患者と家族の集い」に参加を申し込まれた方のコメントから、一部をご紹介します。 【ステージ4b 手術適用】 治療が終わり、無
『膵臓がん患者と家族の集い』好評につき定員増
11月4日開催予定の『膵臓がん患者と家族の集い』は、2ヶ月前から申込みの受付を始めたにもかかわらず、たくさんの申込みをいただいています。 このままでは90名の定員を軽く超えそうですので、定員を130名に増員することとしま
がん撲滅サミットに光免疫療法の大津敦医師が登場!
PRTimesによると、『第4回がん撲滅サミット』の公開セカンドオピニオンに光免疫療法や、がんゲノム医療の第一人者 大津敦医師(国立がん研究センター東病院 病院長)の登壇が決まったそうです。 『第4回がん撲滅サミット』の

投稿記事一覧へ

今日のお薦め記事

ブログ内のがんに関する記事で、お薦めのものを表示しています。

今日の一冊(73)『ここまできた重粒子線がん治療』
重粒子線治療だけではなく、一般の放射線治療と陽子線、重粒子線治療の違い、重粒子線治療の特徴が、これまで出版された書籍よりもより詳しく書かれています。 ここまできた重粒子線がん治療 posted with ヨメレバ 辻井
近藤誠氏の「がんもどき」を考える
近藤誠氏の近著『あなたの癌は、がんもどき』では、がんもどき理論から得た結論として、第10章の最後に次のように書いている。  私自身も、死を意識する年齢になり、何で死ぬのがいちばん好ましいかをときどき考えています。がん、脳
『カノン』
新日鉄住金 鹿島製鉄所の夜景。出張のついでに撮影した。 カノン posted with ヨメレバ 中原 清一郎 河出書房新社 2014-03-10 Amazon Kindle 楽天ブックス 7net honto &nbs
Eテレで『正法眼蔵』
Eテレの『100分de名著』は道元の「正法眼蔵」。 お釈迦さんが捉えた「正しい教え」を読み解く知恵が必要だよ、が書名の意味。 このブログでも何度か取り上げてきた。 難しいです。トイレでの尻の拭き方までも克明に記している。
今日の一冊(9)『がんを生きよう』
この本は"絶対"のお勧めです。 がんを生きよう―あなたのT細胞が治療の主役です posted with ヨメレバ 伊東恭悟 医学と看護社 2015-06-10    Amazon