MENU

がんとの闘いは情報戦です。情報の有無が、あなたの余命を左右することもあります。『膵臓がん患者と家族の集い』は役立つ情報の宝庫です。

【日 時】2019年4月14日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代・講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】

  • 講演:森省歩氏(ジャーナリスト)『最新取材報告  ここまでわかった「丸山ワクチンの実力」』
  • 患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

申し込み受付は3月1日(金) 8:00より、オフィシャルサイトから。
オフィシャルサイトはこちら


Pocket
LINEで送る

注目記事

エピジェネティックな変化だから、末期がんでも治ることがある

近藤誠の「がんもどき理論」 近年、生物学あるいは遺伝学の分野で「エピジェネティクス」が話題になっています。私はこの分野では門外漢ですが、がん患者としての立ち位置から、がんとエピジェネティクスの関係について考察してみます。勘違いや間違いもあるかもしれませんが、がん患者が関心を持つ一助になればとの思いで ...
続きを読む

『膵臓がん患者と家族の集い』受付始まります。

4月14日開催の『膵臓がん患者と家族の集い』の申込み受付が、明日3月1日8:00から始まります。 【参加の申込みは、オフィシャルサイトからお願いします。】 前回の開催から2ヶ月になりますが、今回は講演者に、サンデー毎日で丸山ワクチンの連載記事を書かれた、ジャーナリスト森省歩氏をお招きし、『最新取材報 ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

『すい臓がんカフェ』を終了した理由

今回の『すい臓がんカフェ』の活動終了と、その趣旨を引き継いで新たに立ち上げた『膵臓がん患者と家族の集い』に関して、皆さんにはご心配とご懸念をかけたことをお詫びいたします。 『すい臓がんカフェ』を設立した目的は、膵臓がん患者が集まって情報交換をする場を設けて、患者どうしの横のつながりを広げることでした ...
続きを読む
/ 未分類

比較:免疫細胞療法クリニック

あちこちで免疫細胞療法が話題になっていますね。きっかけはITmediaビジネスのこの記事です。 ここでは記事の中身にはあまり触れませんが、ITmediaビジネスはソフトバンクの子会社です。代表取締役社長兼CEOは、孫正義社長の戦略秘書、社長室長を務めた大槻利樹氏。 確かに、「免疫療法」をうたって、科 ...
続きを読む

最新の記事

ピエール瀧さんの薬物使用報道について

「ピエール瀧さんの薬物使用報道について」のせやろがいおじさんの動画がおもしろい。いや、おもしろいと言っちゃ失礼か。 辺野古の海からの動画です。 福生市の透析中止、紹介は分からんけど、犯人捜しじゃなくて、事件の背景を調査して報道せなあかん。 主治医はどれだけ残業してたのか、休みは取れてたのか。 医師の ...
続きを読む
/ Noindex, 医療

良寛と多元宇宙論

仏教の宇宙論 良寛さんにこんな歌があります。 沫雪(あわゆき)の中にたちたる三千大千世界(みちあふち) またその中に沫雪ぞ降る 三千大千世界とは、仏教における宇宙論を表わす言葉です。 我々の住むこの世界は須弥山(しゅみせん)を中心として周囲に4つの大陸があり、その周りに九山八海があるとされています。 ...
続きを読む
/ お薦めの記事, 死生観

参加しませんか。PanCafeへの登録は簡単です

PanCafeへの参加は簡単です PanCafeは、膵臓がん(pancreatic cancer)の患者と家族、ご遺族の集う、無料の会員制の交流サイト(SNS)です。 膵臓がん患者のための会員制交流サイト「PanCafe」への参加は簡単です。 PanCafeに参加できるのは、 膵臓がん(膵管癌、膵腺 ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

手術前の検査でした

今日は午前中病院でした。来月予定の手術前の検査です。 がん関係の手術ではなく、年相応の脊柱管狭窄症。 腰椎は5個存在しますが腰椎の4番目と5番目、3番目と4番目の間で発生しやすこ とが知られてい ます。私の場合もまったくその通りで、この両方が狭窄して神経を圧迫しています。 MRIでは、黄色髄膜の一部 ...
続きを読む
/ 旅行・地域

がん患者は不安だから補完代替医療に頼る?

朝日新聞アピタルの大野智先生の記事「なぜ代替療法に頼る? がん患者の不安、医師の理解は」 がん患者さんには「健康食品のことを主治医に相談できず悩んでいる」 これは確かにありますね。「止めろ」と言われるのではないか、あるいは「どうせ相談したって、医者は代替医療のことは勉強していないだろう」とも考えるの ...
続きを読む

2019-04「膵臓がん患者と家族の集い」参加者コメント(3)

次回の『膵臓がん患者と家族の集い』は、4月14日(日)に開催します。 今回は講演者に、サンデー毎日で丸山ワクチンの連載記事を書かれたジャーナリスト森省歩氏をお招きし、『最新取材報告 ここまでわかった「丸山ワクチンの実力」』の演題で講演をおこないます。森氏はご自身もがん患者であり、抗がん剤治療を拒否し ...
続きを読む

オートファジーを阻害することで膵臓がんを論理的に治療する可能性

マラリアの治療薬とオートファジーを阻害する薬剤を一緒に投与したら、ある条件で膵臓がんの腫瘍が縮小し、長期間安定している。 中村祐輔先生もブログに書いていますが、膵臓がん患者には期待の持てる論文です。 Nature Medicine誌に紹介された論文は、もちろん英文ですが、こちらのその内容を解説した日 ...
続きを読む

今日の一冊(105)「死」とは何か:イェール大学で23年連続の人気講義

死は身近にある シンギュラリティが現実のものになれば、人類は「不老不死」を手に入れることができる考えている人もいる。 私は、シンギュラリティは決してやってこないと考えているが、テクノロジーや科学や医学の進歩で、それが SF ではなく、現実の可能性として語られ始めている。 一方で、高齢化はすでに大きな ...
続きを読む
/ お薦めの本, 死生観

春が来た!

暖かくなり、靖国神社の標本木もそろそろ開花するのでしょう。予報では21日となっているようで、今年は暖冬のために開花が遅れるのだとか。 ある程度の寒さと暖かさがないと、蕾が眼を覚まさないようですね。 自宅前の桜並木、一輪、二輪と咲き始めました。ソメイヨシノでなく陽光という桜です。 ...
続きを読む
/ 写真道楽

なぜ抗がん剤の耐性がつくのか

抗がん剤を使い始めた当初は、腫瘍も小さくなり、マーカーも下がってくるので、もしかするとこのままがんが消えてくれるのでは、と期待します。しかし、ある程度経つと効果がなくなります。 「耐性が付いた」と言われますが、それは実際にはどのようなことなのでしょうか。 耐性:疾病の治療に用いられる医薬品などを反復 ...
続きを読む
/ がん一般
Loading...

お薦めの記事(ランダムに表示されます)

ひとり茶
午前10時頃から、蒲田の上空には、これまでに経験したこともない15機ほどのヘリコプターが旋回していた。オームの高橋容疑者逮捕の取材ヘリだ。Twitterで二度もつぶやいたけど、泳がせておいてこのタイミングで逮捕という疑念
がんの自然治癒はどうすれば起きるのか
再発・転移したがんでは治ることはありません。抗がん剤は延命効果を狙うだけです。抗がん剤は効くのか、効かないのかという近藤氏や梅澤医師らの議論は、あくまでも延命効果があるのかないのかとの議論であり、治ることは前提にしていま
ホメオパシーを賞賛しなければよい本なんだが・・・
連日の猛暑日だそうです。今日は昨日までよりは少しは過ごしやすい気がします。さすがにこの厚さではバックパックを背負って30分以上の散歩をする気にはなりません。膵臓がんで助かって熱中症で倒れたのでは笑いものですから。しばらく
米国対がん協会『がんになってからの食事と運動』(2)
『「がん」になってからの食事と運動』には、オメガ-3サプリメントについて次のように書かれています。 膵臓がんの場合は、オメガ-3系脂肪酸サプリメントが、短期の体重、日常生活動作などの要因に好影響を与えるという科学的根拠が
小椋佳と道元
昨日の東京新聞に興味を惹く二つの記事があった。ひとつは、小椋佳が、今年から来年にかけて「人生最後のアルバム」を出し、「生前葬コンサート」を予定しているというもの。 『辞世の心構え 「死は突然に」』と題した記事で、57歳で
がんと心、サイコオンコロジー
「ストレスとガンとは関係がない。ポジティブシンキングは誤解されている。」これは『がんと心』で、対談者の精神腫瘍医・内富庸介先生が言われている言葉です。 とくに初期のサイコオンコロジーの研究は五五人の患者さんを前向きな人、