MENU

がんとの闘いは情報戦です。情報の有無が、あなたの余命を左右することもあります。『膵臓がん患者と家族の集い』は役立つ情報の宝庫です。

【日 時】2019年8月31日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代・講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】

  • 講演:緩和ケア医 大津秀一先生「膵臓がんの緩和ケア~これだけはおさえておくこと~」(仮)
  • 患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

参加申込み 8月28日(水) 午前8時まで受付中です。
オフィシャルサイトはこちら


LINEで送る
Pocket

最新の記事

暑いけど、バッテリー交換

先日、車検でバッテリーが弱っていると指摘されました。前回の交換から4年半になるから、時期的にはそろそろですが、カーバッテリー寿命判定ユニット「LifeWINK」はLEDがときどき4個になるが、だいたいは5個のすべてが点灯しています。 エンジンスタートも問題なく、気になったことはありません。 ディーラ ...
続きを読む
/ 日々の出来事
頂上の夜明け

膵臓がんサバイバーになる秘訣

ステージ4aで膵頭十二指腸切除術をされたマサミックスさんが、「手術後5年突破記念で改めて思うこと」をアップされています。 膵臓がんとは確定できずに手術に望まれたマサミックスさん。その後もいろんな困難を乗り越えて5年と9ヶ月が経っています。 そんなマサミックスさんが、どうしてサバイバーになることができ ...
続きを読む

今日の一冊(120)『オリジン』我々はどこから来たのか?

昨日は、大田区平和都市宣言記念事業「花火の祭典」が多摩川の河川敷で行われるはずでしたが 台風の影響による激しい雨が予想されたので中止となりました。花火を撮影するべく準備を整えていたのですが残念です。 時間もできたので、ダン・ブラウンの『オリジン』を読み通しました。 ITとAIとシンギュラリティを絡め ...
続きを読む
/ お薦めの本

免疫チェックポイント阻害薬で、逆にがん増殖速度がアップ

これは重要な論文ですね。 「消化器系の悪性腫瘍患者における免疫療法後の超進行」 免疫チェックポイント阻害薬で治療を受けた消化器系の患者で、腫瘍の著しい増殖(超進行:Hyperprogression)が認められたそうです。 免疫チェックポイント阻害薬の使用前と使用後のがん増殖の早さ(腫瘍成長率:TGR ...
続きを読む

振り込め詐欺の被害者とまちがえられた。

5年ごと更新の地震保険の請求書が来ました。 インターネットバンキングから振込みをしようとしたが、ワンタイムパスワードが受け付けてくれません。 電話でヘルプセンターに問い合わせをしたところ、スマートフォンの機種変更した時に、ワンタイムパスワードのアプリも更新しなければいけなかったようです。そのためには ...
続きを読む
/ 日々の出来事

日本人の緑茶飲用量と死亡リスク

2019年8月に "European Journal of Epidemiology" に掲載されたプール解析によると、緑茶をよく飲む人は死亡リスクが低かった。 自己報告に基づいた緑茶消費量と、全原因および特定原因のリスクとの関連を評価しました死亡。 平均17.3年間の追跡期間中、313,381人の ...
続きを読む
/ 補完代替医療

【予告】『膵臓がん患者と家族の集い』で佐藤典宏先生の講演決定

佐藤先生からはTwitterでお知らせをしていただきましたが、10月13日の『膵臓がん患者と家族の集い』で、先生の講演をお願いできることになりました。 佐藤典宏先生は、膵臓がん専門の外科医であり、代替医療にも深い関心をお持ちで、ブログ「がんをあきらめない人の情報ブログ」を運営しています。 少し先にな ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

今日の一冊(119)『がんと腹水治療』

大量のがん性腹水を安全かつ迅速に処理可能な改良型の腹水治療システム(KM-CART)を開発した松崎圭祐先生の著作です。 KM-CARTとは 松崎先生は、東京都豊島区にある要町病院の腹水資料センター長です。 腹水が溜まると苦しいものです。私の友人が膵臓がんの末期になった時、がん研有明病院から松崎先生を ...
続きを読む
/ お薦めの本, がん一般

新しいがん治療

東京新聞って、朝日や読売に比べて医療記事が少ないのですが、本日の特集は「新しいがん治療」 CAR-T療法、光免疫療法、ウイルス療法の紹介でした。 CAR-T療法:血液がんには有効だが、固形がんには適用できない。 光免疫療法:頭頸部がんで第3相試験が始まっている。膵臓がんはいつになるのか。10年後かな ...
続きを読む
/ 先進医療

金魚さんの記事をシェアします。

めずらしく金魚さんの時事問題の投稿ですね。 看護師としての仕事の実体験から述べた、原爆や京アニの全身火傷をした被害者への共感は、リアリティに富んだものとなっています。シェアします。 原爆という凶器は 一瞬にして若い人も親も子も 吹き飛ばしただけではなく たくさんの人に全身熱傷を負わせた 多くの人が熱 ...
続きを読む
/ ニュース
Loading...

注目記事

抗がん剤の耐性を解除する記事の「まとめ」

抗がん剤の耐性を解除する治療法について、何回か記事を書いてきましたが、それぞれの関連性や、要点をまとめてみました。 抗がん剤に耐性が付くメカニズムの1つとして、がん細胞の表面にP-糖タンパク質が多数発言し、それがポンプの役割をして抗がん剤を排出してしまうことが知られています。 ただ、抗がん剤の耐性に ...
続きを読む

比較:免疫細胞療法クリニック

あちこちで免疫細胞療法が話題になっていますね。きっかけはITmediaビジネスのこの記事です。 ここでは記事の中身にはあまり触れませんが、ITmediaビジネスはソフトバンクの子会社です。代表取締役社長兼CEOは、孫正義社長の戦略秘書、社長室長を務めた大槻利樹氏。 確かに、「免疫療法」をうたって、科 ...
続きを読む

ステージ4からの眺め「膵臓がん完治への闘い」

このところ水虫治療薬で抗がん剤の効果を高めるという記事を続けていますが、その第3弾です。 今日の毎日新聞に掲載された、三輪晴美記者の久しぶりの連載記事です。三輪記者は、ご自身も乳がんのステージ4の患者です。 兵庫県川西市の副市長だった水田賢一さんが膵臓がんと診断されたのは2011年8月。手術はできる ...
続きを読む

トイレの落書きとは論争しない

ハマリョウ氏から当ブログや「膵臓がん患者と家族の集い」に関して、同じ内容の記事を、タイトルを変えただけで二度も紹介していただいています。ありがたいことです。 タイトルが『「すい臓がん患者と家族の会」参加者の皆さんへ』となっていますが、正しくは「膵臓がん患者と家族の集い」なんですがね。 他の組織の参加 ...
続きを読む
/ 未分類

『すい臓がんカフェ』を終了した理由

今回の『すい臓がんカフェ』の活動終了と、その趣旨を引き継いで新たに立ち上げた『膵臓がん患者と家族の集い』に関して、皆さんにはご心配とご懸念をかけたことをお詫びいたします。 『すい臓がんカフェ』を設立した目的は、膵臓がん患者が集まって情報交換をする場を設けて、患者どうしの横のつながりを広げることでした ...
続きを読む
/ 未分類

がん患者にお勧めのサプリメント

多くのがん患者が、医者には内緒でサプリメントを摂っていると言われます。しかし、中には健康に悪影響のあるサプリメントもあるので、注意が必要です。 多くのがん患者がサプリメントを摂っている しかし、手術のできないがんや転移したがんでは、抗がん剤は「延命効果」と「症状の緩和」が目的であり、がんが治ることは ...
続きを読む
LINEで送る
Pocket