MENU

がんとの闘いは情報戦です。情報の有無が、あなたの余命を左右することもあります。『膵臓がん患者と家族の集い』は役立つ情報の宝庫です。

【日 時】2019年4月14日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代・講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】

  • 講演:森省歩氏による丸山ワクチンの講演
    サンデー毎日に連載された丸山ワクチンの記事が話題になった森氏の講演です。
  • 患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

申込みはもうしばらくお待ちください。

オフィシャルサイトはこちら


Pocket
LINEで送る

注目記事

『すい臓がんカフェ』を終了した理由

今回の『すい臓がんカフェ』の活動終了と、その趣旨を引き継いで新たに立ち上げた『膵臓がん患者と家族の集い』に関して、皆さんにはご心配とご懸念をかけたことをお詫びいたします。 『すい臓がんカフェ』を設立した目的は、膵臓がん患者が集まって情報交換をする場を設けて、患者どうしの横のつながりを広げることでした ...
続きを読む
/ 未分類

トイレの落書きとは論争しない

ハマリョウ氏から当ブログや「膵臓がん患者と家族の集い」に関して、同じ内容の記事を、タイトルを変えただけで二度も紹介していただいています。ありがたいことです。 タイトルが『「すい臓がん患者と家族の会」参加者の皆さんへ』となっていますが、正しくは「膵臓がん患者と家族の集い」なんですがね。 他の組織の参加 ...
続きを読む
/ 未分類

免疫細胞療法で寿命が縮まることがある?

タイトルを見て「そんな馬鹿な!」と思うかもしれませんが、これは私の仮説です。仮説の根拠を示します。 ここで言う「免疫細胞療法」とは、オプジーボなどの免疫チェックポイント阻害薬を使う免疫療法ではなく、自己リンパ球活性化療法など、巷のクリニックで行われている高額な自費治療のことです。 仮説の概要は次のと ...
続きを読む

比較:免疫細胞療法クリニック

あちこちで免疫細胞療法が話題になっていますね。きっかけはITmediaビジネスのこの記事です。 ここでは記事の中身にはあまり触れませんが、ITmediaビジネスはソフトバンクの子会社です。代表取締役社長兼CEOは、孫正義社長の戦略秘書、社長室長を務めた大槻利樹氏。 確かに、「免疫療法」をうたって、科 ...
続きを読む

最新の記事

統計的有意差のない治療法は「人体実験」か?

三好立先生が『あとは緩和と言われたら』で、「ヘルシンキ宣言」と題して、がん治療と人体実験について考察されています。 そもそも「治療がない」「あとは緩和です」と言われ,このまま死を待つだけの他に選択肢がない患者さんの治療にチャレンジすることは「人体実験」とは全く違う. 良いとか悪いではない. ただ,そ ...
続きを読む
/ お薦めの記事, 医療

がんを再発させないためには、バランスのとれた食事を

多くの方から「食事はどんなことに気をつけていますか?」と聞かれます。私もがんの治療期の初期には、玄米菜食やニンジンジュース療法、ゲルソン療法も試したことがあります。しかし、これらは危険です。 がんの治療中において、もっとも大切な栄養目標は、十分なカロリーを取り、がんと闘うことのできる体力をつけること ...
続きを読む
/ 食事と運動

膵臓がんの最期に丸山ワクチンにたどり着いて・・・

「丸山ワクチンの個別相談に応じます」という案内を出しておいたのですが、何人かの方からのご相談がありました。 それぞれが非常に難しいケースで、対応するのもいくつものハードルがあり、困難を極めましたが、その中の一つのケースが、昨日やっと解決しました。 解決するについては「丸山ワクチン患者・家族の会」の丸 ...
続きを読む
/ 丸山ワクチン

ブログ村の新着記事ーシステムの不具合

先日の『膵臓がん患者と家族の集い』で、ある方から「キノシタさんのブログは最近更新されていないのかと思った。ブログ村新着記事一覧に出てこないのですから」と言われました。 私はブログの閲覧には、InoreaderというRSSリーダーを使っているので、ブログ村からそれぞれのブログに行くことがないのです。そ ...
続きを読む

丸山ワクチンの鎮痛効果、QOLを保ち長く生きるために

丸山ワクチンの4つの特徴 丸山ワクチンには4つの特徴があります。 (1)副作用がほとんどない (2)延命効果がみられる (3)自覚症状の改善が図れる (4)腫瘍の増殖が抑えられる これまでに40万人以上の患者さんが丸山ワクチンを投与していますが、重篤な副作用の報告はありません。したがって、患者さんの ...
続きを読む
/ 丸山ワクチン

『膵臓がん患者と家族の集い』への参加、ありがとうございました。

昨日の『膵臓がん患者と家族の集い』には、寒い中にも関わらず沢山の方に参加していただき、ありがとうございました。おかげで熱気むんむん、わいわいがやがやで、あっという間に4時半になるほど皆さんお話に夢中になっておられました。 まさじさんの、自家がんワクチン療法についての講演には、皆さん興味津々で大きな反 ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

膵臓がんには早期からの緩和ケアが必須

女優の八千草薫さんが、昨年の1月に膵臓がんの手術をして、今年肝臓に転移をしているのが見つかったと報じられていますね。 「男はつらいよ!寅次郎夢枕」にマドンナとして出演していました。寅さんがマドンナに愛の告白をされてしまうという展開でした。その恋のライバルとなるのが米倉斉加年さんのインテリ(大学の先生 ...
続きを読む

免疫細胞療法について雑誌社の取材を受けました。

先週は、二つの雑誌社から、立て続けに取材を受けました。 それぞれ約3時間じっくりと取材を受けましたが、取材の対象はがん免疫細胞療法についてでした。 本庶佑さんが、ノーベル医学生理学賞を受賞してから、免疫療法についてがん患者の関心が集まっています。これ幸いと、がん患者の知識不足に乗じるかのように、科学 ...
続きを読む
/ 免疫・ワクチン療法

がん保険は必要ですか?

がん保険って必要なんでしょうか。皆さんどう思いますか? 2人に1人ががんになる時代、保険に入っておけば安心。本当にそうでしょうか。 かく言う私も、アヒルさんマークの生命保険に入っています。確か1ヶ月の掛け金が7800円。これをかれこれ10数年続けています。 払った掛け金を回収できるか? この間に直腸 ...
続きを読む
/ がんと就労・お金

「医療危機」を解決する、上手な医者のかかり方

あなたの主治医が、毎日あるいは毎週「自殺」や「死ぬかもしれない」と考えているとしたら、どうしますか? あるいは、うつ病の傾向のある主治医だったら? 睡眠不足で診断をしているとしたら? 随分と昔のことですが、健康診断で、先生が私の胸に聴診器を当てたまま、コックリコックリと居眠りを始めたことがありました ...
続きを読む
/ お薦めの記事, 医療
Loading...

今日のお薦め記事

ブログ内のがんに関する記事で、お薦めのものをランダムに表示しています。

今日の一冊(29)『抗がん剤治療を受けるときに読む本』
抗がん剤治療を受けるときに読む本 posted with ヨメレバ Amazon Kindle 楽天ブックス 7net honto            &nb
シュレベールの箴言(8)
炎症は、治癒のための新しい組織の形成を支えていると見せかけて、がんの成長を促す役回りをしていることもある。 生物の体が損傷すると、自動的に組織を修復するようにできている。修復の中心となるメカニズムが”炎症作用”である。
サプリメントの真実
パソコンの引っ越しも2台ともやっと終わりました。Core i7は快適ですね。マルチモニターでパソコンをつかった作業もはかどります。 サプリメントに関してはいろいろな本が出ています。多くはその効用を一方的に述べたものであり
朝日新聞の報道は「終末期患者ビジネス」の利益を代弁か?
朝日新聞のペプチドワクチンに関する記事に関する情報です。少し食傷気味なのですが、膵臓がん患者にとっても大事な問題ですし、紹介する記事は、これまでのいろいろな情報と比較しても非常に興味深い内容を含んでいます。 朝日新聞には
小椋佳と道元
昨日の東京新聞に興味を惹く二つの記事があった。ひとつは、小椋佳が、今年から来年にかけて「人生最後のアルバム」を出し、「生前葬コンサート」を予定しているというもの。 『辞世の心構え 「死は突然に」』と題した記事で、57歳で
今日の一冊(23)『がんに負けるな!』
がんに負けるな!免疫力を上げるポジティブ生活術 posted with ヨメレバ 林家 木久扇,吉野 槇一 主婦の友社 2015-07-01 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 7net honto
最近、あなた笑えてますか
樋口強さんが肺がんを告知されたのが1996年、43歳の時。膵がんに負けず劣らずの最強といわれる肺小細胞がんである。3年生存率5%、5年生存率・・・・データがない。13年経った今、「生きてるだけで金メダル」だという。大量の
闘病者はなぜ書くのか?
このブログのページ別アクセス数を見ると、トップページは別にして、ウェブページの「@私のがん攻略法」が一番多いのです。その次が「ゲルソン療法では膵臓がんは治らない」などとなっています。訪問してくださる皆さんの「治りたい」と