MENU

【日 時】2018年12月23日(天皇誕生日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分  Luz大森4階 入新井集会室
​​​​​​​​​​【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
​【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
​【定 員】 130名
【内 容】

  • 講演「私が手術、抗がん剤をやめたわけ」:待夢さん、SAKUさん
  • 患者さんどうしの情報交換会
  • 終了後、希望者のみで二次会をおこないます。

参加申込みとオフィシャルサイトはこちら


Pocket
LINEで送る

最新の記事

メディアマーカーからの引っ越し完了
書籍管理のメディアマーカーが終了するとのアナウンスがあり、代替の管理ソフトを探していましたが、ブクログとブックフォワードに移行処理が終わりました。 どちらも一長一短があり、どれを使い続けるかしばらく併用しながら決めたいと
ためしてガッテン 『免疫力』
昨夜の「ためしてガッテン」は1000回記念とのことでテーマは「免疫力」でした。 ちょっと首をかしげたくなる内容も多いこの番組ですが、今回のは及第点じゃないかなぁ。 がん患者にとっては、治療法の選択以外に自分にできることは
清里高原の紅葉
今年の紅葉狩りは清里高原です。高い所では標高が1700mあるので、今が紅葉の見頃との口コミを見て行ってみることにしました。 47枚のアルバム「清里高原」はこちらにあります。 なんといっても赤い橋とバックに八ヶ岳のある東沢
お知らせ:「膵臓がん患者と家族の集い」
「膵臓がんの集い」もいよいよ次の日曜日になりました。 お知らせとお願いです。 予想したよりもキャンセルの連絡が少なくなっています。そのため、当日は椅子の数130席がほぼ満席になると思われます。 予備の椅子は用意されていま
清里高原に行ってきました。
土日は清里高原に一泊旅行でした。 まずは昇仙峡へ。まだ紅葉には早いことは承知ですが、一度も行ったことがないので。県営駐車場に車を止めて、バスで影絵の美術館へ。ここからなら下りで昇仙峡を眺めながら荒川沿いを歩くので楽ですね

投稿記事一覧へ

今日のお薦め記事

ブログ内のがんに関する記事で、お薦めのものを表示しています。

臨床瑣談 中井久夫
精神科医であり、ギリシャの詩人カヴァフィスの詩集を翻訳出版するなどの活躍もしている中井久夫さんは、「膵臓疾患を発見する最大の秘訣は何か。それは膵臓の存在を忘れないことだ。」と書いている。「沈黙の臓器」膵臓は、癌になっても
がん哲学
「がん哲学」という聞き慣れない言葉を最近知った。順天堂大学医学部教授、 樋野興夫氏の造語だという。 先日放映されたNHKスペシャル『立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑む』の冒頭に立花隆の膀胱がんを説明する病理
今日の一冊(59)『余命半年、僕はこうして乗り越えた!』
余命半年、僕はこうして乗り越えた!  ~がんの外科医が一晩でがん患者になってからしたこと~ posted with ヨメレバ 西村 元一,(対談)長尾 和宏,(解説)岸本 葉子 ブックマン社 2016-09-29 Ama
「がんもどき」理論を検証する (2)
私は近藤理論に反論するとかの意図はありません。そのような知識も能力も持ち合わせていません。一人のがん患者として、近藤理論にどのように対処するのかを迫られているだけです。前回書いたように、「がんもどき理論」のひとつの根拠に
がんとエピジェネティクス(1):「がんもどき」理論
近年、生物学あるいは遺伝学の分野で「エピジェネティクス」が話題になっています。私はこの分野では門外漢ですが、がん患者としての立ち位置から、がんとエピジェネティクスの関係について考察してみます。勘違いや間違いもあるかもしれ