スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

私のインフルエンザ対策


娘がインフルエンザに罹ったようで会社を休んで寝ている。昨年も娘からインフルエンザになり、家族に遷った。

本人はマスクをしているが、飛沫拡散防止のためで、家族の誰もマスクはしない。インフルエンザワクチンもしない。あれは予防ではなく、罹ったときの症状を緩和するだけ。しかも副作用で寝込む人もいる。

マスクに賛否両論あるが、欧米ではほとんどしていない。日本だけの現象ではなかろうか。勝俣医師はこのように書いている

抗がん剤治療中は、マスクをつけることや、生ものを避けることなどを、病院から指導されることが多いと思います。このマスク着用や、生ものを食べないようにすることの医学的根拠が乏しいとして、最近の海外の診療ガイドラインではする必要がないと記載されています。

たまには良いことも言う。でも、抗がん剤中は看護師が「マスク、マスク」と言うし、マスクをしている患者がほとんどですね。皆さん素直です。私はへそ曲がりだから、GEM中も一切マスクはしなかった。

だいたい、カラス天狗のようなN99マスクなどしたら、”歩くという激しい運動”などできはしない。できているのは、マスクの隙間から空気が入っているからであって、完全に密着させたら窒息するのではなかろうか。インフルエンザウイルスは空気感染はほとんどしないというし、飛沫拡散防止なら、病院で無料で配布している不織布マスクで十分だ。

厚生労働省のサイトにも、インフルエンザにマスクは有効とは書かれていない。罹った人のエチケットとしてマスクをしましょうといっているだけ。

うがいについても同様。うがい薬は使わない方が良い。返って免疫力を低くすることになる。風邪の予防なら水うがいだけで十分。しかし、水うがいもインフルエンザに対して有効だという統計的証拠はない。

うがいはインフルエンザの予防に有効?

このような記事が出る前から、私はインフルエンザの予防としてのうがいはしていない。(風邪っぽいときにすることがある)

手洗いはインフルエンザ感染の予防法として大切です。しかし、これも薬用石鹸・抗菌石鹸を使う必要はないし、使ってはいけない。普通の石鹸で十分です。FDAは抗菌石鹸の販売を禁止しました。(金魚さんのブログにも紹介されている)

FDA医薬品部のジャネット・ウッドコック氏は以下のようにコメントしています。

抗菌せっけんには細菌増殖を防ぐ効果があると消費者は考えているかも知れないが、通常のせっけんと水で洗うよりも有効であることを裏付ける科学的根拠はない。そして、殺菌剤が長期的には益より害になる可能性を示したデータもある。

結局私のインフルエンザ対策は、普通の石鹸での手洗いだけ。

抗がん剤治療中でもマスクは不要だが(有効性は証明されていない)、でも心配ならすれば良いと思う。有効性が証明されていないということは、無効と決まったわけではないからだ。誰の迷惑になるわけではないから、すれば良い。

人混みを避けて、栄養を充分に摂って、早く寝る、これが一番の対策。病院は一番罹患する可能性が高いから、できる限り行かない方が良い。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

私のインフルエンザ対策” に対して3件のコメントがあります。

  1. 金魚 より:

    キノシタ さま
    出雲から、鳥取の米子、境港、倉吉(関金~三朝)と旅して、帰ってきました。
    友人達との旅で、久しぶりにブログ拝見しました。
    引用、恐縮です!
    とにかく、インフルエンザや風邪の人と向かい合わせに座らない、ドアノブなどはアルコールで拭くということを化学療法中はしていました。
    うがいは、あまりエビデンスはないですが、歯磨きはあらゆる上気道炎(インフルでも風邪でも肺炎でも)の予防に効果ありという論文がありますね~
    お嬢様、もう治られたでしょうか・・・
    血糖コントロール中ですから、お身体大切に。

  2. ひでこ より:

    インフルエンザワクチンは、成人の元気な人は打たなくても亡くなることはないけれど、子どもと老人は打った方が良いと思います。
    主人の同僚のお子さんで、インフルエンザワクチンはまっいいか、と打たなかったら脳炎で亡くなってしまったのです。ワクチンさえ打っていたら亡くならなかったと思います。
    あとは、受験生は打った方が良いですね。重なると大変ですから。息子が受験が終わった後に38度の熱が出て調べたらインフルエンザでした。ただ1日で熱が下がってとても軽かったのです。その時にワクチンて本当に重症化を防ぐんだと実感しました。
    元気な成人の場合は人それぞれの考え方で良いと思います。ワクチンの副反応で具合が悪くなった事のある人は心配ですよね。そういう副反応のリスクと重症化を防ぐ効果、天秤にかけて決めたらいいと思います。
    ちなみに自分の場合は中学生の時40度超えた熱が出て一週間寝たきりでした。しばらくかかってなく忘れていたら、今から20年前子どもが授乳期に自分がかかり、辛い思いをしました。もうこりごりなのでそれ以来ワクチン毎年打ってます。そのせいかはわかりませんが、かからないで済んでいます。
    娘さん早く回復されますように。

  3. ひぃ より:

    真面目にうがい薬、殺菌手洗いしてました。
    そうなんですね。全く知らなかったです。
    ま、おまじないみたいな感覚にしてみます。
    家族は気を使っても本人がやらないのであまり意味ないかな。
    インフルエンザワクチンは主治医も同意見でした。
    マスクは息苦しいし、耳が痛くなるのでよほどじゃないとつけません。病人気分になってしまいます。

コメントを残す