MENU
LINEで送る
Pocket

注目記事

当日でも、CT検査ができて結果も分かる医院

CT検査の予約が取れない 膵臓がんの疑いがあると言われ、大きな病院で検査を受けようとしても、造影CTの予約は2週間先、結果が出るのはさらに2週間から1ヶ月先と言われることが多いです。 「膵臓がんは足が速い」と言われているので、患者は「大丈夫だろうか。手遅れにならないだろうか」と心配になりますね。 首 ...
続きを読む

白衣を着た詐欺師

がんセンターで、ステージⅣの膵臓がんが見つかり、余命は半年と言われた50代の男性の例です。 標準治療では長生きができないとわかり、セカンドオピニオンを申し出て、免疫細胞療法のクリニックを受診しました。 そこのクリニックの先生はこう言ったそうです。 他の免疫細胞療法クリニックはインチキだ うちは、樹状 ...
続きを読む
/ お薦めの記事, 医療

セカンドオピニオン拒否され、適切な治療受けられずー膵臓がん患者が提訴

先日8月30日に、膵臓がん患者さんが、独立行政法人国立病院機構 静岡医療センターと元の主治医(O医師)を東京地方裁判所に損害賠償の提訴し、その記者会見が厚生労働省記者会で開かれました。 膵臓の腫瘍が見つかりIPMNの疑いがあったにもかかわらず、その事実を知らせなかった。腫瘍マーカーも基準値を超えてい ...
続きを読む

抗がん剤の耐性を解除する記事の「まとめ」

抗がん剤の耐性を解除する治療法について、何回か記事を書いてきましたが、それぞれの関連性や、要点をまとめてみました。 抗がん剤に耐性が付くメカニズムの1つとして、がん細胞の表面にP-糖タンパク質が多数発言し、それがポンプの役割をして抗がん剤を排出してしまうことが知られています。 ただ、抗がん剤の耐性に ...
続きを読む

ステージ4からの眺め「膵臓がん完治への闘い」

このところ水虫治療薬で抗がん剤の効果を高めるという記事を続けていますが、その第3弾です。 今日の毎日新聞に掲載された、三輪晴美記者の久しぶりの連載記事です。三輪記者は、ご自身も乳がんのステージ4の患者です。 兵庫県川西市の副市長だった水田賢一さんが膵臓がんと診断されたのは2011年8月。手術はできる ...
続きを読む

比較:免疫細胞療法クリニック

あちこちで免疫細胞療法が話題になっていますね。きっかけはITmediaビジネスのこの記事です。 ここでは記事の中身にはあまり触れませんが、ITmediaビジネスはソフトバンクの子会社です。代表取締役社長兼CEOは、孫正義社長の戦略秘書、社長室長を務めた大槻利樹氏。 確かに、「免疫療法」をうたって、科 ...
続きを読む

最新の記事

台風19号のひまわりリアルタイム画像

あの夜の雨と風の音を忘れない

台風19号の被害に遭われた方にお見舞いを申し上げます。 超大型の台風と言われ、上陸する前は台風のでっかい目もはっきり見えていましたが、上陸直前には目が見えなくなっていました。15号に比べて強風の影響が少なかったのは、台風が大型で中心部から周辺に向かって気圧の変化がなだらかだったからでしょう。 雨台風 ...
続きを読む
/ 日々の出来事

テレビを見る、笑わない、昼寝は死亡率を上げる

女性セブン2019年10月17日号からの記事らしいですが、 水辺に住んでいる人:死亡率、死亡リスク/12~17%ダウン↓ カナダの研究ですね。 水辺から250m以内の地域に住む人は、そうではない人に比べて、心臓病・脳卒中・呼吸器疾患・糖尿病・認知症などで死亡するリスクが12~17%低い 週4回、4時 ...
続きを読む
/ 医療

今日の一冊(125)『がん患者の心を救う』

精神腫瘍医 大西秀樹医師が、がん患者と家族の心の問題をとりあげた著作です。 精神腫瘍学とは がんという病気は患者の身体のみならずご家族の心にも影響を与えてしまいます。 そうして患者さんご家族の生活の質を落としてしまい、がん治療にも影響を与えかねません。 こうしたことを何とかしたいということで、がん患 ...
続きを読む
/ 心と体, 緩和ケア

今日の一枚『ハローウィン』

病院の受付です。月一回幾たびに人形が変わります。 今日はハローウィンの飾り。 RICOH GR3  f2.8  1/40秒  ISO 200 ...
続きを読む
/ 写真道楽

イカサマ治療にだまされる患者

科学的根拠のない似非医療、いかさま治療に騙されて犠牲になる患者が後を絶ちません。 先日の記事『白衣を着た詐欺師』でも書きましたが、イカサマ免疫療法だけでなく、怪しげな食事療法に惹かれる患者もたくさんいます。 どうすればこうしたイカサマ医療の犠牲となる患者をなくすることができるのでしょうか。 金魚さん ...
続きを読む
/ 医療

今日の一枚『オブジェと美脚』

店先のオブジェを撮っていたら、偶然店から出てきた女性がいた。ついシャッターを押した。 きれいな足です。 Merrillは黒のしまりが良いです。 SIGMA DP3Merrill  75mm相当  F 4.0 1/100秒 ISO320 昨日は新しいパソコンのマルチブート設定に四苦八苦。240GのSS ...
続きを読む
/ 写真道楽

今日の一枚『飛騰』

大田区産業プラザPioのロビーに掲げられている作品『飛騰』の一部を切り取ったものです。 大田区は機械製造、溶接などの中小企業が多い街です。 全体はこちらですが、「北京市機械工業管理局贈呈 1996年」と書かれてあります。中国人は龍が好きですね。 全体はモノラルにしてみた。 写真は「おもしろい」と感じ ...
続きを読む
/ 写真道楽

2019-10「膵臓がん患者と家族の集い」参加者コメント(3)

第20回『膵臓がん患者と家族の集い』の参加申込み受付中です。 産業医科大学第一外科 講師 佐藤典宏先生による講演『膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~』を予定しています。 佐藤先生のブログで紹介されてから、参加申込みが増えています。 佐藤先生は、ご存じのように、膵臓がん専門の外科医であり ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

今日の一冊(124)『がん検診は、線虫のしごと』

今日トイレットペーパーを買いに行ったら「売り切れ」!それも一番安いものだけが。みなさん少しでも節約しようと駆け込みですね。 体長1ミリの線虫が持つ嗅覚を利用し、1滴の尿でがんのリスクを判定する技術が、2020年1月から実用化される。 このようなニュースがありましたね。開発者の広津崇亮氏の本です。 本 ...
続きを読む
/ お薦めの本, がん一般

佐藤先生の講演内容予告

10月13日の『膵臓がん患者と家族の集い』で佐藤典宏先生に講演をお願いしておりますが、先生のブログでその概要が発表されています。 大まかに以下の3つのトピックスについてお話します。 膵臓がんに対する標準治療と非標準治療(代替医療) 膵臓がん研究の進歩と最新治療 膵臓がんを克服するために自分にできるこ ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報
Loading...

 

 

LINEで送る
Pocket