MENU

がんとの闘いは情報戦です。情報の有無が、あなたの余命を左右することもあります。『膵臓がん患者と家族の集い』は役立つ情報の宝庫です。

【日 時】2019年10月13日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代・講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】

  • 講演:佐藤典宏先生「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」(仮)
  • 患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

参加申込み受付中です。
オフィシャルサイトはこちら


LINEで送る
Pocket

注目記事

抗がん剤の耐性を解除する記事の「まとめ」

抗がん剤の耐性を解除する治療法について、何回か記事を書いてきましたが、それぞれの関連性や、要点をまとめてみました。 抗がん剤に耐性が付くメカニズムの1つとして、がん細胞の表面にP-糖タンパク質が多数発言し、それがポンプの役割をして抗がん剤を排出してしまうことが知られています。 ただ、抗がん剤の耐性に ...
続きを読む

白衣を着た詐欺師

がんセンターで、ステージⅣの膵臓がんが見つかり、余命は半年と言われた50代の男性の例です。 標準治療では長生きができないとわかり、セカンドオピニオンを申し出て、免疫細胞療法のクリニックを受診しました。 そこのクリニックの先生はこう言ったそうです。 他の免疫細胞療法クリニックはインチキだ うちは、樹状 ...
続きを読む
/ お薦めの記事, 医療

セカンドオピニオン拒否され、適切な治療受けられずー膵臓がん患者が提訴

先日8月30日に、膵臓がん患者さんが、独立行政法人国立病院機構 静岡医療センターと元の主治医(O医師)を東京地方裁判所に損害賠償の提訴し、その記者会見が厚生労働省記者会で開かれました。 膵臓の腫瘍が見つかりIPMNの疑いがあったにもかかわらず、その事実を知らせなかった。腫瘍マーカーも基準値を超えてい ...
続きを読む

がん患者にお勧めのサプリメント

多くのがん患者が、医者には内緒でサプリメントを摂っていると言われます。しかし、中には健康に悪影響のあるサプリメントもあるので、注意が必要です。 多くのがん患者がサプリメントを摂っている しかし、手術のできないがんや転移したがんでは、抗がん剤は「延命効果」と「症状の緩和」が目的であり、がんが治ることは ...
続きを読む

比較:免疫細胞療法クリニック

あちこちで免疫細胞療法が話題になっていますね。きっかけはITmediaビジネスのこの記事です。 ここでは記事の中身にはあまり触れませんが、ITmediaビジネスはソフトバンクの子会社です。代表取締役社長兼CEOは、孫正義社長の戦略秘書、社長室長を務めた大槻利樹氏。 確かに、「免疫療法」をうたって、科 ...
続きを読む

ステージ4からの眺め「膵臓がん完治への闘い」

このところ水虫治療薬で抗がん剤の効果を高めるという記事を続けていますが、その第3弾です。 今日の毎日新聞に掲載された、三輪晴美記者の久しぶりの連載記事です。三輪記者は、ご自身も乳がんのステージ4の患者です。 兵庫県川西市の副市長だった水田賢一さんが膵臓がんと診断されたのは2011年8月。手術はできる ...
続きを読む

トイレの落書きとは論争しない

ハマリョウ氏から当ブログや「膵臓がん患者と家族の集い」に関して、同じ内容の記事を、タイトルを変えただけで二度も紹介していただいています。ありがたいことです。 タイトルが『「すい臓がん患者と家族の会」参加者の皆さんへ』となっていますが、正しくは「膵臓がん患者と家族の集い」なんですがね。 他の組織の参加 ...
続きを読む
/ 未分類

『すい臓がんカフェ』を終了した理由

今回の『すい臓がんカフェ』の活動終了と、その趣旨を引き継いで新たに立ち上げた『膵臓がん患者と家族の集い』に関して、皆さんにはご心配とご懸念をかけたことをお詫びいたします。 『すい臓がんカフェ』を設立した目的は、膵臓がん患者が集まって情報交換をする場を設けて、患者どうしの横のつながりを広げることでした ...
続きを読む
/ 未分類

最新の記事

膵臓がんが切除可能かどうか。放射線科医で大きな違い

膵臓がんは手術ができるかどうかで、生存期間に大きな差が出ます。患者としては、手術できることに大きな期待を抱きます。 初期検査時の膵臓がんの局所切除可能性の正確な評価は、先行手術、術前補助療法、または緩和療法に際して、最も適切な管理戦略を決定するために重要です。 しかし、CT画像で切除可能かどうかを判 ...
続きを読む

今日の一冊(123)『山中静夫氏の尊厳死』南木佳士

南木佳士氏の作品を読むのは四半世紀ぶり、『信州に上医あり―若月俊一と佐久病院』以来です。「農村医療」という分野を確立した若月俊一医師の、波瀾に満ちた信念の半生をたどりながら、真の医療のあり方を問う作品でした。 『山中静夫氏の尊厳死』は1993年の初版で古い作品ですが、尊厳死や安楽死、終末期医療が話題 ...
続きを読む
/ お薦めの本, 死生観

「ガンとわかったら読む本」10,000部となりました。

佐藤典宏先生のブログ。 重版(3刷)累計10,000部です。おめでとうございます。 がん患者さんが本当に知りたいこと、そしてガイドラインには書かれていない情報をお伝えしています。 と書かれているように、患者が知りたいことがたくさんまとめられています。標準治療を解説した本はたくさんありますよ。しかし、 ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

病院の受付で

今日はリパクレオン、ビオスリー、アヘンチンキをいただきにいつもの病院へ。 1967年にシシリー・ソンダース女史がイギリスでセント・クリストファー・ホスピスを設立したのが、近年の終末期医療の始まりといわれています。先代の鈴木荘一先生は、ソンダース女史の影響を受けて、日本で終末期医療を始めた草分け的な存 ...
続きを読む
/ 日々の出来事

甲状腺がんの検査、異常なし

今日はがん研有明で甲状腺がんの検査結果を聞きます。良性だとはいわれているが、甲状腺がんは細胞の増殖が遅いので、長く検査を続けた方が良いのいうので、1年毎に検査しています。 今朝の台風15号の影響で、首都圏の鉄道はほぼ止まっています。首都高もあちらこちらで通行止め。 これじゃ看護師も医者も出勤できるの ...
続きを読む
/ 退院から完治まで

白衣を着た詐欺師

がんセンターで、ステージⅣの膵臓がんが見つかり、余命は半年と言われた50代の男性の例です。 標準治療では長生きができないとわかり、セカンドオピニオンを申し出て、免疫細胞療法のクリニックを受診しました。 そこのクリニックの先生はこう言ったそうです。 他の免疫細胞療法クリニックはインチキだ うちは、樹状 ...
続きを読む
/ お薦めの記事, 医療

今日の一冊(122)『ガンとわかったら読む本』佐藤典宏

佐藤典宏先生の著作を紹介するのは2回目です。 「はじめに」から紹介しましょう。 ガンの治療においては、告知後、患者さんが決断を迫られるポイントがいくつもあります。そのそれぞれのポイントで、 どのような選択をするかによって、治療の進展の度合いが違ってくるのです。 大事なのは、よりよい選択をするために、 ...
続きを読む

1ヶ月で追い出される緩和ケア病棟

先日の『膵臓がん患者と家族の集い』では大津秀一先生の講演がありましたが、たくさんの方から「役立った」「今必要な知識でした」という反響を頂いています。 講演が終わった後の質問の時間でも、切実な現状が参加者から表明されました。講演後も大津先生は残ってくださったのですが、参加者がひっきりなしに詰めかけて、 ...
続きを読む
/ お薦めの記事, 緩和ケア

『膵臓がん患者と家族の集い』の感想(2)

「膵臓がん患者と家族の集い」に参加された方から、続々と感想を書いていただき、ありがとうございます。 まずは大津先生です。 そこで、やはりなかなか担当医に「緩和ケアにかかりたい」と切り出しづらいという話を複数伺いました。確かに「緩和ケアを受けたい」とだけ言えば、多くの担当医は誤解するでしょう。 「診断 ...
続きを読む

ストレスはがん患者の死亡率を高める

「海外がん医療情報リファレンス」のこの記事、よく読むと子宮頸がん以外のがんもストレスで死亡率が高くなると読めます。 「がんと診断された患者は、うつ、不安、ストレス反応および適応障害など、ストレスに関連したさまざまな精神的障害のリスクが上昇します」とストックホルムのカロリンスカ研究所、疫学・生物統計学 ...
続きを読む
/ お薦めの記事, 心と体
Loading...

 

LINEで送る
Pocket