MENU

スポンサーリンク




がんとの闘いは情報戦です。情報の有無が、あなたの余命を左右することもあります。『膵臓がん患者と家族の集い』は役立つ情報の宝庫です。

【日 時】2019年6月22日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代・講師謝礼)
【定 員】 90名
【内 容】

  • 講演:がんと心の関係~サイモントン療法による癒やし~
    川畑のぶこ氏(NPO法人 サイモントン療法協会)によるサイモントン療法とマインドフルネスの講演およびエクササイズ
  • 患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

参加申込み受付中です。

オフィシャルサイトはこちら


Pocket
LINEで送る

0

最新の記事

[今日の散歩] 沢庵和尚と島倉千代子

今日は沢庵和尚の墓を訪ねるため、東海寺大山墓地に向かいました。品川駅の近く、東海道新幹線と東海道線・京浜東北線が一つになる三角地にあります。 3代将軍家光に請われ品川に東海寺を開山した禅宗の名僧、沢庵宗彭、別名沢庵和尚です。直径約1メートル、高さ0.5メートルの遍平な自然石が台座の上に載せられた「沢 ...
続きを読む
/ 写真道楽

サイモントン療法とは?(5)

サイモントン療法の臨床試験 サイモントン博士らが開発したトレーニング・プログラムは、末期のがん患者の態度や心構え、さらには医学的治療の効果増強において、劇的な変化をみせました。 このプログラムに参加した患者の生存期間は、ほかの有名ながんセンターと比べて二倍も長く、同じ進行がんに罹った患者の平均余命に ...
続きを読む

サイモントン療法とは?(4)

精神神経免疫学(PNI) 精神神経免疫学(せいしんしんけいめんえきがく Psychoneuroimmunology:PNI)は、脳、行動、免疫系の相互作用を研究する精神神経医学、心身医学の一分野である。この言葉はRobert Ader と Nicholas Cohen により1975年にロチェスター ...
続きを読む
/ サイモントン療法, 心と体

本日の外出は、古本喫茶でのんびり

入院していると運動不足になるし、今日も外出して散歩。 古本喫茶があったので入ってみると、立ち読みは無料だが、椅子を使うなら何かドリンクを注文してくださいと。 ドリップ珈琲が500円でした。結構よい香りの珈琲です。二階も古本がぎっしりとあります。落ち着いた雰囲気で、想いかげない本に出会える店かもしれま ...
続きを読む
/ 写真道楽

メラトニンは、がん細胞のアポトーシスを誘導する

トランプ大統領が、イランと結んだ核合意から一方的に離脱を表明し、原子力空母を中東に派遣するなどきな臭いニュースが続いています。 こちらは同じイランからですが、希望の持てるニュースです。 (2019年5月) イランの研究グループがガン治療におけるメラトニンの利用についてまとめたレビューを "Life ...
続きを読む
/ 補完代替医療

国立がん研究センター&オンコロで先進医療が検索できるように

国立がん研究センター中央病院で先進医療として実施中の治験(第1相試験)の検索ができるようになったそうです。 このページから、①年齢、②治療、③日常生活など6つの質問に答えて、「治験検索ページに進む」をクリックすると、さらに「がんの種類」、「遺伝子の種類」を選択するようになっています。 「膵癌」で「遺 ...
続きを読む
/ 先進医療

外出許可:”伊豆長八”の漆喰彫刻

緊急手術して五日目に、やっと外出許可が出ました。 点滴用の針は刺したままですが、2時間くらい散歩をしました。やはり、まだ歩くのがぎこちない感じがします。カメラを右手に、被写体を探しながら歩くと、時間が経つのも忘れてしまいます。 善福寺の本堂には、漆喰鏝絵の名工“伊豆長八”の漆喰彫刻が残されていますが ...
続きを読む
/ 写真道楽

NHKスペシャル 第2集は「エピジェネティクス」

日曜日に放送された『NHKスペシャル シリーズ人体Ⅱ「遺伝子」第2集 "DNAスイッチ"が運命を変える』の主役は「エピジェネティクス」でしたね。 この記事を最後までお読みいただければ、サイモントン療法(瞑想)とエピジェネティクスの関係も理解していただけるでしょう。 体の設計図である遺伝子を「腕」だと ...
続きを読む

サイモントン療法とは?(3)

6月の『膵臓がん患者と家族の集い』は、NPO法人 サイモントン療法協会認定トレーナー 川畑のぶこ氏の「がんと心の関係~サイモントン療法による癒やし~」を予定しています。 私とサイモントン療法 若いころから「死とは何か」を考え続けていたので、東洋的な思想に興味があったんです。そして、当時は不整脈が頻発 ...
続きを読む
/ サイモントン療法, 心と体

「グリーフ」って?

まだ入院して四日目かぁ。時間の経つのがゆっくりです。今日は最後のドレーンが抜けました。もう少しでシャワーの許可が出るでしょう。昨日までは、赤ん坊のようにただひたすら眠かったけど、今日はだいぶ体調がよいようです。 人間、腰は要ですね。 音楽療法士 佐藤由美子さんのブログをシェアします。 「グリーフ」は ...
続きを読む
/ 介護
Loading...

注目記事

ビタミンDの新たなエビデンス

ビタミンDに関する新たな臨床試験の結果が出ています。 ダナファーバーがん研究所の、遠隔転移を有する大腸がん患者に対するビタミンDの最初のランダム化臨床試験の結果、がんの進行を遅らせることができた。 「われわれの知る限り、この試験は進行大腸がんおよび遠隔転移を有する大腸がん治療に対するビタミンD補充に ...
続きを読む

抗がん剤の耐性を解除する記事の「まとめ」

抗がん剤の耐性を解除する治療法について、何回か記事を書いてきましたが、それぞれの関連性や、要点をまとめてみました。 抗がん剤に耐性が付くメカニズムの1つとして、がん細胞の表面にP-糖タンパク質が多数発言し、それがポンプの役割をして抗がん剤を排出してしまうことが知られています。 ただ、抗がん剤の耐性に ...
続きを読む

トイレの落書きとは論争しない

ハマリョウ氏から当ブログや「膵臓がん患者と家族の集い」に関して、同じ内容の記事を、タイトルを変えただけで二度も紹介していただいています。ありがたいことです。 タイトルが『「すい臓がん患者と家族の会」参加者の皆さんへ』となっていますが、正しくは「膵臓がん患者と家族の集い」なんですがね。 他の組織の参加 ...
続きを読む
/ 未分類

『すい臓がんカフェ』を終了した理由

今回の『すい臓がんカフェ』の活動終了と、その趣旨を引き継いで新たに立ち上げた『膵臓がん患者と家族の集い』に関して、皆さんにはご心配とご懸念をかけたことをお詫びいたします。 『すい臓がんカフェ』を設立した目的は、膵臓がん患者が集まって情報交換をする場を設けて、患者どうしの横のつながりを広げることでした ...
続きを読む
/ 未分類

比較:免疫細胞療法クリニック

あちこちで免疫細胞療法が話題になっていますね。きっかけはITmediaビジネスのこの記事です。 ここでは記事の中身にはあまり触れませんが、ITmediaビジネスはソフトバンクの子会社です。代表取締役社長兼CEOは、孫正義社長の戦略秘書、社長室長を務めた大槻利樹氏。 確かに、「免疫療法」をうたって、科 ...
続きを読む
0
Pocket
LINEで送る