MENU

がんとの闘いは情報戦です。情報の有無が、あなたの余命を左右することもあります。『膵臓がん患者と家族の集い』は役立つ情報の宝庫です。

【日 時】2019年4月14日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代・講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】

  • 講演:森省歩氏(ジャーナリスト)『最新取材報告  ここまでわかった「丸山ワクチンの実力」』
  • 患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

申し込み受付は3月1日(金) 8:00より、オフィシャルサイトから。
オフィシャルサイトはこちら


Pocket
LINEで送る

注目記事

エピジェネティックな変化だから、末期がんでも治ることがある

近藤誠の「がんもどき理論」 近年、生物学あるいは遺伝学の分野で「エピジェネティクス」が話題になっています。私はこの分野では門外漢ですが、がん患者としての立ち位置から、がんとエピジェネティクスの関係について考察してみます。勘違いや間違いもあるかもしれませんが、がん患者が関心を持つ一助になればとの思いで ...
続きを読む

『膵臓がん患者と家族の集い』受付始まります。

4月14日開催の『膵臓がん患者と家族の集い』の申込み受付が、明日3月1日8:00から始まります。 【参加の申込みは、オフィシャルサイトからお願いします。】 前回の開催から2ヶ月になりますが、今回は講演者に、サンデー毎日で丸山ワクチンの連載記事を書かれた、ジャーナリスト森省歩氏をお招きし、『最新取材報 ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

『すい臓がんカフェ』を終了した理由

今回の『すい臓がんカフェ』の活動終了と、その趣旨を引き継いで新たに立ち上げた『膵臓がん患者と家族の集い』に関して、皆さんにはご心配とご懸念をかけたことをお詫びいたします。 『すい臓がんカフェ』を設立した目的は、膵臓がん患者が集まって情報交換をする場を設けて、患者どうしの横のつながりを広げることでした ...
続きを読む
/ 未分類

比較:免疫細胞療法クリニック

あちこちで免疫細胞療法が話題になっていますね。きっかけはITmediaビジネスのこの記事です。 ここでは記事の中身にはあまり触れませんが、ITmediaビジネスはソフトバンクの子会社です。代表取締役社長兼CEOは、孫正義社長の戦略秘書、社長室長を務めた大槻利樹氏。 確かに、「免疫療法」をうたって、科 ...
続きを読む

最新の記事

今日の一冊(107)「最先端治療 胆道がん・膵臓がん」

がん治療を解説した書籍はたくさん出版されていますが、その多くは標準的な治療法を解説するだけに留まっています。 しかし難治性のがんである胆道がんと膵臓がんでは、標準治療だけでは、患者にとってはなかなか希望が見出せません。 膵臓がん患者は、希望が持てる最新の正しい知識を求めているのです。 そうした患者の ...
続きを読む

肝臓に転移しても諦めない

膵臓がんは肝臓と肺に転移しやすいがんです。多臓器転移が認められた場合には、標準治療では抗がん剤治療になります。 がん情報サービスの「もしも、がんが再発したら」には次のように書かれています。 転移の場合には、1つの臓器に転移が起こったということは、体のさまざまな部位に検査や診断で見つからないほどの小さ ...
続きを読む

Googleの音声入力でブログを書くのが楽に

最近ブログを書くのに、Googleの音声入力を使うようになりました。もちろん誤変換もありますから、最終的にはキーボードでの修正が必要ですが、全てをキーボードで入力するよりも格段に作業効率が上がります。 AI技術の進歩によって、音声入力が充分に実用レベルになり、我々でも恩恵を受けられるようになりました ...
続きを読む

今日の一冊(106)「1分でも長生きする健康術」大津秀一

2000人の終末期患者を診療した医師が教える、長生きする秘訣の本です。 著者の大津先生は、緩和医療専門のクリニックを立ち上げて、ブログでも、がん患者向けに役立つ情報を発信しております。この本では、科学的根拠があり、効果が期待できる健康法を一冊に詰め込んでいます。 健康に関する”怪しい情報”に惑わされ ...
続きを読む
/ お薦めの本, がんは情報戦

市民公開講座「がんゲノム診療 これまで・いま・これから」

第17回日本臨床腫瘍学会学術集会の市民公開講座が開催されます。 がん患者・ご家族、市民の皆さんだけでなく、がん医療に関わる医療者の皆さんのご参加もお待ちしております。 遺伝子パネル検査による個々の患者さんの情報に基づく効果的ながん治療。 今、がん診療の新しい時代を迎えようとしています。がんゲノム診療 ...
続きを読む
/ 先進医療

ピエール瀧さんの薬物使用報道について

「ピエール瀧さんの薬物使用報道について」のせやろがいおじさんの動画がおもしろい。いや、おもしろいと言っちゃ失礼か。 辺野古の海からの動画です。 福生市の透析中止、紹介は分からんけど、犯人捜しじゃなくて、事件の背景を調査して報道せなあかん。 主治医はどれだけ残業してたのか、休みは取れてたのか。 医師の ...
続きを読む
/ Noindex, 医療

良寛と多元宇宙論

仏教の宇宙論 良寛さんにこんな歌があります。 沫雪(あわゆき)の中にたちたる三千大千世界(みちあふち) またその中に沫雪ぞ降る 三千大千世界とは、仏教における宇宙論を表わす言葉です。 我々の住むこの世界は須弥山(しゅみせん)を中心として周囲に4つの大陸があり、その周りに九山八海があるとされています。 ...
続きを読む
/ お薦めの記事, 死生観

参加しませんか。PanCafeへの登録は簡単です

PanCafeへの参加は簡単です PanCafeは、膵臓がん(pancreatic cancer)の患者と家族、ご遺族の集う、無料の会員制の交流サイト(SNS)です。 膵臓がん患者のための会員制交流サイト「PanCafe」への参加は簡単です。 PanCafeに参加できるのは、 膵臓がん(膵管癌、膵腺 ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

手術前の検査でした

今日は午前中病院でした。来月予定の手術前の検査です。 がん関係の手術ではなく、年相応の脊柱管狭窄症。 腰椎は5個存在しますが腰椎の4番目と5番目、3番目と4番目の間で発生しやすこ とが知られてい ます。私の場合もまったくその通りで、この両方が狭窄して神経を圧迫しています。 MRIでは、黄色髄膜の一部 ...
続きを読む
/ 旅行・地域

がん患者は不安だから補完代替医療に頼る?

朝日新聞アピタルの大野智先生の記事「なぜ代替療法に頼る? がん患者の不安、医師の理解は」 がん患者さんには「健康食品のことを主治医に相談できず悩んでいる」 これは確かにありますね。「止めろ」と言われるのではないか、あるいは「どうせ相談したって、医者は代替医療のことは勉強していないだろう」とも考えるの ...
続きを読む
Loading...

お薦めの記事(ランダムに表示されます)

第4のがん治療法への期待、CU制度の構築を
DP2 Merrill F3.5 1/1250秒 ISO200 以前に紹介した『がんペプチドワクチン療法 第4のがん治療法への期待 (第4のがん治療法への期待 第 1集) 』を購入しました。中村祐輔先生は、「監修に当たっ
抗がん剤のタイアップ記事、薬事法違反の疑い
読売新聞に次のような記事が載っています。 抗がん剤記事に製薬会社が金銭…薬事法違反か がん患者向けの雑誌に掲載された記事が、薬事法で禁じられた抗がん剤の広告にあたる可能性があるとして、厚生労働省が調査を始めた。 特定の商
『松田さんの181日』
松田さんの181日 posted with ヨメレバ 平岡 陽明 文藝春秋 2016-11-09 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 7net honto   死ぬ運命は真っさらにして、知ら
心と癌と量子力学の関係(5)
複雑系としてのがん いくつかのブログで「がんは複雑系」というテーマが語られています。 粘る希なガン患者さんの「複雑系」では、 私に言わせれば、「宇宙全体、天候現象、経済現象、人間社会、政治、ひとつひとつの生命体、あるいは