MENU

『膵臓がん患者と家族の集い』

がんとの闘いは情報戦です。情報の有無が、あなたの余命を左右することもあります。『膵臓がん患者と家族の集い』は役立つ情報の宝庫です。

【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田駅から徒歩13分
大田区産業プラザ PIO 3階特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】

  • 講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
  • 患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

申込み受付を始めました。

オフィシャルサイトはこちら

LINEで送る
Pocket

最終更新日

注目記事

今日の一冊(128)『ビタミンDとケトン食 最強のがん治療』

ステージⅣの膵臓がんも完全寛解 日本人の多くはビタミンD不足か欠乏 2020年度、厚生労働省が5年ぶりに「日本人の食事摂取基準」を改定し、ビタミンDの摂取基準が5.5μg/日から8.5μg/日に増やすとされています。 それは、日本人の多くがビタミンD不足になっているからです。「日本人の食事摂取基準」 ...
続きを読む
/ お薦めの本, 補完代替医療

膵臓がんのサバイバー:静脈血栓塞栓症になるリスクが10倍

成人のがんサバイバーで、心血管疾患のリスクが増加しているというこの記事。 静脈血栓塞栓症は「エコノミークラス症候群」とも言われています。 多くの場合、血栓の全部または一部が、血流に乗って下大静脈・右心房・右心室を経由し、肺へ流れつき、肺動脈が詰まると肺塞栓症となる。肺動脈が詰まるとその先の肺胞には血 ...
続きを読む

当日でも、CT検査ができて結果も分かる医院

CT検査の予約が取れない 膵臓がんの疑いがあると言われ、大きな病院で検査を受けようとしても、造影CTの予約は2週間先、結果が出るのはさらに2週間から1ヶ月先と言われることが多いです。 「膵臓がんは足が速い」と言われているので、患者は「大丈夫だろうか。手遅れにならないだろうか」と心配になりますね。 首 ...
続きを読む

白衣を着た詐欺師

がんセンターで、ステージⅣの膵臓がんが見つかり、余命は半年と言われた50代の男性の例です。 標準治療では長生きができないとわかり、セカンドオピニオンを申し出て、免疫細胞療法のクリニックを受診しました。 そこのクリニックの先生はこう言ったそうです。 他の免疫細胞療法クリニックはインチキだ うちは、樹状 ...
続きを読む
/ お薦めの記事, 医療

セカンドオピニオン拒否され、適切な治療受けられずー膵臓がん患者が提訴

先日8月30日に、膵臓がん患者さんが、独立行政法人国立病院機構 静岡医療センターと元の主治医(O医師)を東京地方裁判所に損害賠償の提訴し、その記者会見が厚生労働省記者会で開かれました。 膵臓の腫瘍が見つかりIPMNの疑いがあったにもかかわらず、その事実を知らせなかった。腫瘍マーカーも基準値を超えてい ...
続きを読む

がん患者にはどのような食事がよいのか?

がんになってからの食事はどのように気を付ければ良いでしょうか。主治医の先生に聞いて見ても多分「好きなものを食べていいですよ」とか、「これまでどおりでいいですがバランス良い食事を心がけてくださいね」という風な返事しか返ってこないと思います。 患者さんのなかには、「もう食事制限が不要な位良くないって事? ...
続きを読む

抗がん剤の耐性を解除する記事の「まとめ」

抗がん剤の耐性を解除する治療法について、何回か記事を書いてきましたが、それぞれの関連性や、要点をまとめてみました。 抗がん剤に耐性が付くメカニズムの1つとして、がん細胞の表面にP-糖タンパク質が多数発言し、それがポンプの役割をして抗がん剤を排出してしまうことが知られています。 ただ、抗がん剤の耐性に ...
続きを読む

玉川温泉、三朝温泉:「がんに効く」は本当か?

玉川、三朝温泉の効用 がんに効く温泉として、玉川温泉と三朝温泉が有名です。がん患者なら誰しも「いちどは行ってみたい」と思ったことがあるのではないでしょうか。 それぞれ次のような効用が謳われています。当然ですが「がんが治る」とは書かれていませんが、それらしき文章を探してみると、玉川温泉では、 玉川温泉 ...
続きを読む

最新の記事

大阪大学におけるがんのケトン食療法

『外科と代謝・栄養』誌の10月号に「~がんに対する糖質制限食治療の可能性~大阪大学におけるがんケトン食療法5年間の取り組みについて」との記事がありました。 阪大におけるケトン食療法の研究 このブログでも糖質制限食やケトン食療法については何度か書いています。最近では、古川健司先生の『ビタミンDとケトン ...
続きを読む

「膵癌診療ガイドライン2019」知らなきゃ損

「膵癌診療ガイドライン2019」が改訂され、7月に出版されています。 「切除可能境界膵癌の治療法」や「支持・緩和療法」が新設されるなど、高齢膵癌患者の増加、ゲノム医療の到来などの急激な社会変化に対応した改訂となっています。 内容を知らないともったいない 今回の改訂によって患者に有益な内容が増えていま ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

膵臓がんも真菌? そんなわけないだろ

朝日新聞の広告がSNSなどで批判されています。それとの関連で、「真菌」についての話題を3つ挙げます。 朝日新聞は広告を謝罪 広告のこの本は、イタリア人の元医師 シモンチーニ氏が発見した、がん細胞は「真菌」だから重曹(炭酸水素ナトリウム)で治るというのですが、インチキ療法を野放しでよいのかとの指摘に、 ...
続きを読む

1月18日『膵臓がん患者と家族の集い』申込み受付が始まりました。

10月の『膵臓がん患者と家族の集い』は台風19号の影響により中止になりましたが、第20回『膵臓がん患者と家族の集い』を開催します。 今回は、いつも特別参加をしてくださっている押川勝太郎先生の講演を予定しています。 いつもの会場とは場所が違うので、ご注意ください。 開催要領と参加申込は、オフィシャルサ ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

修善寺温泉に行ってきました

一泊二日で伊豆の修善寺温泉に行ってきました。 東名高速がリニューアル工事で、大井松田ー御殿場間の左ルートが閉鎖され、大渋滞が予測されるので、箱根経由のルートに変更。しかしこちらも交通量が多くて、結局4時間かかりました。 三島でそば処「砂場」で天せいろ。 修善寺は3回目です。一回目は膵臓がんの術後3ヶ ...
続きを読む
/ 写真道楽, 旅行・地域

人はなぜ死を恐れるのか?

人はどうして死ぬことを恐れるのか? がんの告知を受けたらだれでも「死」が頭をよぎります。がんが治る病気になったとはいえ、やはり「がん=死」という受け止め方が普通だと思うし、膵臓がん患者なら「治る」ことは希なできごとであるから、一層「死」について考えざるを得ません。 哲学者の中島義道氏は『「死」を哲学 ...
続きを読む
/ お薦めの本, 死生観

糖尿病患者の75%が重症低血糖を知らない

14日は、国際糖尿病連合とWHO(世界保健機関)が制定した世界糖尿病デーでした。 膵臓がん患者にも、インスリンやインスリンの分泌を促す薬を服用している患者は多いでしょう。しかし、低血糖の危険性を理解してない方も多いように思います。 血糖値が50mg/dL以下になると重症低血糖と呼ばれますが、人によっ ...
続きを読む
/ 血糖値管理・糖質制限

「死」は種の生存と他者の「生」のためにある

『遺伝子の夢』 帯に(利他的な遺伝子)と書いてある。ドーキンスの『利己的な遺伝子』はよく売れた本であるが、そのパクリか?と思って読み始めたが・・・。「人間は遺伝子を運ぶ舟である」という意味においては同じことを主張している。 細胞の生と死が個体の生を保証する 細胞はアポトーシス(自死)の機能が遺伝子に ...
続きを読む
/ お薦めの本, 死生観

今日の一冊(132)『紅梅』吉村昭の闘病記

吉村昭の作品で印象に残っているのは『長英逃亡』です。高野長英は開国を唱えて幕府の政策を批判し、蛮社の獄で入牢するが、火事に乗じて逃亡。顔を硫酸で焼いて人相を変えて逃亡を続ける。 夫人の津村節子による『紅梅』には、吉村昭が『長英逃亡』を執筆しているときには、長英になりきって夜中にうなされていたと、その ...
続きを読む

膵臓がんにゲルソン療法は危険です。

がん患者に人気のあるゲルソン療法 がん患者の中には、ゲルソン療法に関心のある方、ゲルソン療法をやっておられる方も多いのでしょう。 済陽式や星野式のゲルソン療法などは結構人気があるようです。『今あるガンが消えていく食事』という済陽高穂氏の書籍の帯には「膵臓がんが1/3に縮小した」と書かれています。済陽 ...
続きを読む

抗酸化作用ビタミンの有効性に疑問

がんの予防効果に疑問 抗酸化作用があるといわれるビタミンを摂取しているが、最近の知見によるとがんの予防効果に疑問がありそうです。 抗酸化作用があるといわれるビタミンは、βカロチン、ビタミンA、C、E、セレン(セレニウム)などですが、例えば喫煙者に対する”合成”βカロチンの評価では、 一般の食品素材で ...
続きを読む
/ 補完代替医療

PanCafeは膵臓がん患者のSNS

PanCafeへのアクセスは、毎日600人以上と、たくさんの方が訪問してくださいます。 膵臓がん患者のコミュニティサイト(SNS) PanCafeでは、治療に関する悩みだけでなく、趣味の話題やがんサバイバーとしての生き方、生きていることへの感謝の投稿などで交流が広がっています。 「遺族の呟き」は会員 ...
続きを読む
Loading...

 

 

LINEで送る
Pocket