MENU

スポンサーリンク




がんとの闘いは情報戦です。情報の有無が、あなたの余命を左右することもあります。『膵臓がん患者と家族の集い』は役立つ情報の宝庫です。

【日 時】2019年6月22日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代・講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】

  • 講演:川畑のぶこ氏(NPO法人 サイモントン療法協会)によるサイモントン療法とマインドの講演およびエクササイズ
  • 患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

参加申込みはもうしばらくお待ちください。
オフィシャルサイトはこちら


Pocket
LINEで送る

注目記事

抗がん剤の耐性を解除する記事の「まとめ」

抗がん剤の耐性を解除する治療法について、何回か記事を書いてきましたが、それぞれの関連性や、要点をまとめてみました。 抗がん剤に耐性が付くメカニズムの1つとして、がん細胞の表面にP-糖タンパク質が多数発言し、それがポンプの役割をして抗がん剤を排出してしまうことが知られています。 ただ、抗がん剤の耐性に ...
続きを読む

トイレの落書きとは論争しない

ハマリョウ氏から当ブログや「膵臓がん患者と家族の集い」に関して、同じ内容の記事を、タイトルを変えただけで二度も紹介していただいています。ありがたいことです。 タイトルが『「すい臓がん患者と家族の会」参加者の皆さんへ』となっていますが、正しくは「膵臓がん患者と家族の集い」なんですがね。 他の組織の参加 ...
続きを読む
/ 未分類

『すい臓がんカフェ』を終了した理由

今回の『すい臓がんカフェ』の活動終了と、その趣旨を引き継いで新たに立ち上げた『膵臓がん患者と家族の集い』に関して、皆さんにはご心配とご懸念をかけたことをお詫びいたします。 『すい臓がんカフェ』を設立した目的は、膵臓がん患者が集まって情報交換をする場を設けて、患者どうしの横のつながりを広げることでした ...
続きを読む
/ 未分類

比較:免疫細胞療法クリニック

あちこちで免疫細胞療法が話題になっていますね。きっかけはITmediaビジネスのこの記事です。 ここでは記事の中身にはあまり触れませんが、ITmediaビジネスはソフトバンクの子会社です。代表取締役社長兼CEOは、孫正義社長の戦略秘書、社長室長を務めた大槻利樹氏。 確かに、「免疫療法」をうたって、科 ...
続きを読む

最新の記事

術後24時間経った

手術も終わり、24時間経ちました。 今回は幸いせん妄は起きなかったようで、看護師からは「拘束しなくて済みました」と言われた。 おしっこの管も抜け、あとは輸液が終るのを待つだけ。自由になります。 動けば傷口が少し痛いけど、徐々に治まってくるらしい。 脊柱の狭窄で圧迫されていた神経は、少し圧迫が少なくな ...
続きを読む
/ 未分類

今日から入院です。

脊柱管狭窄症の手術のために、今日入院しました。 11時に病棟に案内され、チェックイン。 入院は何度もしていますが、個室は初めてです。生命保険もあるし、8日くらいの短期間だからと、妻が勧めてくれました。感謝。 個室なら同室者に気兼ねなく音楽も聴けるし、ブログも書けるし読書もできます。 昼食が早速出たけ ...
続きを読む
/ 退院から完治まで

高遠城址公園のコヒガンザクラ

15日に長野県伊那市の高遠城址公園にコヒガンザクラを撮りに行ってきました。 午前3時に出発するときは雨でしたが、6時半に現地に着くころには青空も見えてきました。早朝なので駐車場もほとんど空で、観光客もほとんどいません。タカトオコヒガンザクラは、八分咲きということでしたが、見た目はほぼ満開です。 ソメ ...
続きを読む
/ 写真道楽

『膵臓がん患者と家族の集い』丸山ワクチン講演の報告

14日に開催した今年2回目の「膵臓がん患者と家族の集い」も、130名とたくさんの方の参加をいただき、盛況のうちに終了いたしました。 中には、事前の予約が間に合わずに、飛び込みで参加された方も数人おられました。 遠方から参加された方もたくさんいました。北は青森県から南は宮崎県まで、この日のためにわざわ ...
続きを読む

『膵臓がん患者と家族の集い』盛況でした。

『膵臓がん患者と家族の集い』にたくさんの方が参加してくださり、森省歩氏の丸山ワクチンのご講演も、最新の取材に基づく情報で、説得力がありました。 たくさんの方から感謝の言葉をいただきました。 あらためて森さん、丸山達雄さん、善本考香さん、押川先生に感謝をいたします。 いろいろ書きたいのですが、明日の深 ...
続きを読む

『膵臓がん患者と家族の集い』満席になりました!

4月14日(日)に開催する『膵臓がん患者と家族の集い』は、定員を大幅に増やしましたが、本日満席となりました。 ありがとうございました。 席が足りるか少々心配になってきました。 14日は暖かく、天候も良さそうです。気をつけてお越しください。 会場への案内はこちらにあります。 今後の予定 なお、今後の開 ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

RICOH GRⅢ 買いました。

フィルム時代から、RICOHのカメラ GR は使っていました。単焦点28mmのレンズの描写力が半端ではなくて、新宿の街を激写している写真家の森山大道氏も常用カメラにしていましたね。 心の動いた瞬間を切り取る、撮影者のセンスがダイレクトにフィードバックされる撮影スタイル。 小さなカメラを持ち歩くだけで ...
続きを読む
/ 写真道楽

光免疫療法、先駆け指定に

光免疫療法 光免疫療法薬が厚生労働省の「先駆け審査指定制度」対象として指定されましたね。 光免疫療法製剤ASP-1929は、抗EGFR抗体セツキシマブに、レーザー装置(PIT690)による非熱性赤色光(690 nm)で活性化されて物理的に細胞膜を破壊する色素IR700を結合させた製剤。申請者は楽天メ ...
続きを読む
/ 光免疫療法

今日の一冊(108)「医療の現実、教えますから広めてください!!」

名郷直樹さんの本は、これまでもこのブログで何度も紹介しています。 ピンピンコロリは理想だが・・・ 『「健康第一」は間違っている』では、「ボケても寝たきりになってでも長生きしたい、というのと、美味しいものを喰って、タバコもやめないで、5年10年早死にしてもいいから、病院などには行かずに楽しく暮らしたい ...
続きを読む

権現堂堤の桜、満開でした。

権現堂堤の桜を撮りに、午前4時に自宅を出発。ここの桜を観るのは3度目か? 観光客にいない時間を狙って、午前5時半に駐車場に到着したが、驚いたことに、駐車場はほぼ満杯。日曜日で桜も満開、天気は晴れだから、無理もないか。 菜の花と桜の共演が、権現堂堤の醍醐味です。 画像サイズが大きいから、スマホだと表示 ...
続きを読む
/ 写真道楽, 旅行・地域
Loading...

お薦めの記事(ランダムに表示されます)

『生きる禅語』『美のエナジー』
チェロ仲間のDさんから『生きる禅語』という本をいただいた。著者の杉谷みどりさんはお姉さんだという。なかなか素敵な本で、書家の石飛博光氏の書は、(私は書に関してはまったくわからないが、)力強さと暖かさを感じる。 六十代は迷
『哲学者とオオカミ』がん患者&生&死
私たちの中には「サル」がいる。「サル」とは、世界は自分に役立つかどうかの尺度で測る傾向の具現化である。「サル」にとって生きるとは、世界をコスト・利益分析によって評価し、自分の生活、愛、そして死までも定量化し、計算できると
今日の一冊(64)『いま、希望を語ろう』
スタンフォード大学の脳神経外科医で英文学の修士号を取得。36歳で肺がんの末期患者でもあるポール・カラニシが、死を前にして如何に生きる意味を見出したか、末期癌患者の希望とは何かを語る。 ポールは子どものころから「死」につい
Pocket
LINEで送る