MENU

【日 時】2018年12月23日(天皇誕生日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分  Luz大森4階 入新井集会室
​​​​​​​​​​【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
​【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
​【定 員】 130名
【内 容】

  • 講演「私が手術、抗がん剤をやめたわけ」:待夢さん、SAKUさん
  • 患者さんどうしの情報交換会
  • 終了後、希望者のみで二次会をおこないます。

参加申込みとオフィシャルサイトはこちら


Pocket
LINEで送る

最新の記事

低用量ゲムシタビンの非劣性を第Ⅲ相試験で証明
Medical Tribuneに載っていたニュースです。医師専用サイトなので全文は見られないのですが、進行扁平上皮非小細胞肺がんに対し、標準用量の4分の1という低用量ゲムシタビン(ジェムザール)の長時間投与とプラチナ製剤
2018-12「膵臓がん患者と家族の集い」参加者コメント(4
「膵臓がん患者と家族の集い」参加者コメントの第4弾 次回の「膵臓がん患者と家族の集い」は12月23日(天皇誕生日)です。三連休の真ん中でクリスマスイブの前日という厳しい日程ですが、たくさんの方から申込みが参っています。
今日の一冊(98)『病気の9割は歩くだけで治る!2』
長尾和宏さんの同じタイトルの本、続編です。 9割の中に「がん」は入っているのでしょうか。入っています。 「転移が見つかりました」「ステージ4です」と言われれば、真っ先に死をイメージしてしまうかもしれません。でも、1年、2
『助け合いたい』~老後破綻の親、過労死ラインの子~
貧困や生活保護のコミックを多く出しているさいきまこ氏の作品です。 「あなたは家族を捨てられますか?」と衝撃的な帯がついています。 年老いた親が病気になったとき、子どもはどのように助ければ良いのか。しかし、現実はその子ども

投稿記事一覧へ

今日のお薦め記事

ブログ内のがんに関する記事で、お薦めのものを表示しています。

私はがんで死にたい
DP2 Merrill F5.6 1/60秒 ISO200 小野寺時夫『私はがんで死にたい―ホスピス医が決めている最期』 中村仁一『大往生したけりゃ医療とかかわるな』 長尾和宏『「平穏死」 10の条件 胃ろう、抗がん剤、
がんとエピジェネティクス(1):「がんもどき」理論
近年、生物学あるいは遺伝学の分野で「エピジェネティクス」が話題になっています。私はこの分野では門外漢ですが、がん患者としての立ち位置から、がんとエピジェネティクスの関係について考察してみます。勘違いや間違いもあるかもしれ
今日の一冊(30)『病気の9割は歩くだけで治る』
病気の9割は歩くだけで治る! ~歩行が人生を変える29の理由~ 簡単、無料で医者いらず posted with ヨメレバ 長尾 和宏 山と渓谷社 2015-11-21 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kob
臨床瑣談 中井久夫
精神科医であり、ギリシャの詩人カヴァフィスの詩集を翻訳出版するなどの活躍もしている中井久夫さんは、「膵臓疾患を発見する最大の秘訣は何か。それは膵臓の存在を忘れないことだ。」と書いている。「沈黙の臓器」膵臓は、癌になっても
がんとエピジェネティクス(3)放射線の影響
ドーキンスの『利己的遺伝子』に代表される「生命は遺伝子によって支配されている」というセントラル・ドグマを否定する科学者が増える一方で、ICRPなどの放射線影響に関する国際的組織は、いまだに遺伝子がすべてを決めていると信じ