MENU

【日 時】2018年11月4日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分  Luz大森 4階 入新井集会室
​​​​​​​​​​【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
​【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
​【定 員】 130名(定員増やしました)
【内 容】 患者さんどうしの情報交換会

オフィシャルサイトはこちら

申込受付は9月1日0:00から


Pocket
LINEで送る

最新の記事

口内炎対策に「エピシル」
抗がん剤の副作用による口内炎に悩んでいるがん患者はたくさんいます。口内炎で食べることができないと、がんと闘う気力も体力も奪われます。「がん患者は、がんで死ぬのではなく、餓死するのです」とも言われますから、口内炎対策は大切
「膵臓がん患者と家族の集い」ー参加者コメント(3)
【日 時】2018年11月4日(日) 13:10~16:30 詳細は上の画像をクリック 「膵臓がん患者と家族の集い」に参加を申し込まれた方のコメントから、一部をご紹介します。 【ステージ4 手術適用】 フォルフィリノック

投稿記事一覧へ

今日のお薦め記事

ブログ内のがんに関する記事で、お薦めのものを表示しています。

シュレベールの箴言(8)
炎症は、治癒のための新しい組織の形成を支えていると見せかけて、がんの成長を促す役回りをしていることもある。 生物の体が損傷すると、自動的に組織を修復するようにできている。修復の中心となるメカニズムが”炎症作用”である。
今日の一冊(24) 澤田瞳子『若冲』
若冲 posted with ヨメレバ 澤田 瞳子 文藝春秋 2015-04-22    Amazon Kindle 楽天ブックス 7net honto      &nb
モーツァルトと脳内物質ドーパミン
音楽療法という分野があり、特にモーツァルトの音楽には糖尿病が治った、血圧を下げる、がん細胞の増殖を抑える、などの効果があるという説があります。多くの書籍でも紹介され、音楽療法用のCDもたくさん販売されています。 今年の3
親鸞は桂枝雀だ
『低線量被曝のモラル』という本が2月に出版されている。東京大学での討論にいくつかの論文を付け加えたものだ。もちろん福島原発事故による低線量被曝をどのように考えるのかという論考を集めたもの。この中で中川恵一氏は島薗進、影浦
エレガントな宇宙と宇宙を織りなすもの
丸善書店を散策。福岡伸一の『動的平衡』が目に留まったので、ぱらぱらと見てみたが、『もう牛を食べても安心か』や『生物と無生物のあいだ』で述べられているシェーンハイマーの動的平衡とそれに関する彼の理論以上のものが無く、同じよ
放医研の『虎の巻』
9月10日のBS朝日-「鳥越俊太郎 医療の現場」では~放射能を正しく知る!~とのテーマで放射線医学総合研究所の明石真言理事が出演して「正しく怖がることが大切」と言っていた。もちろん、「正しく怖がる」ことに依存があるはずが