LINEで送る
Pocket

ブログ内検索

注目の記事

ゲノム医療のお役立ちサイト

膵臓癌でもゲノム医療やリキッドバイオプシーが話題になっています。今後も遺伝子変異に対応した分子標的薬はどんどん開発されると期待をしています。 そのようなゲノム医療の分野ですが、カタカナの専門用語も多くて分かりづらいと感じる方も多いのではないでしょうか。 信頼のおける、役に立つサイトを三つ紹介します。 ...
続きを読む
/ ゲノム医療

リムパーザ(オラパリブ)が膵癌にも拡大適用される

FOLFIRINOX治療後の維持療法として 第3相試験(POLO試験)の結果を受けて承認申請をしていたリムパーザ(一般名:オラパリブ)が、膵癌に適用拡大されることが承認されました。 アストラゼネカ社のプレスリリース 2020年12月25日付で、「相同組換え修復欠損を有する卵巣癌におけるベバシズマブ( ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

リキッド・バイオプシーを治験で受けるには?

先日12月12日の「『膵臓がん患者と家族の集い』 Web 交流会」では、リキッドバイオプシーの話題も盛り上がりました。 「民間のリキッド・バイオプシー検査は高額だよね」との発言がきっかけでした。 「使える抗がん剤がもうありません」と言われても、まだがんゲノム医療があります。遺伝子の変異があってそれに ...
続きを読む
/ 先進医療

どうすれば膵臓がんが治るのか? 佐藤典宏先生の講演動画

佐藤典宏先生の講演「膵臓がんの標準治療と代替医療ー外科医の立場から」 9月21日の『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会は盛況のうちに終わりました。3時間半にわたる交流会でしたが、ご講演の佐藤典宏先生、参加者の皆様、お疲れさまでした。 佐藤先生の講演の特徴は、膵臓がんでは標準治療と代替医療をうまく ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

オニバイドで膵癌の治療戦略が変わってくる

まもなく使えるオニバイド 昨日の「膵臓がんの集い Web 交流会」でも皆様と意見交換をしたのですが、オニバイドについてもたくさんの質問がありました。 オニバイドも保険に収載されて5月20日から使えるようになりました。しかし、保険収載はされたが、病院によって準備期間が必要で、すぐには使えないところも多 ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

免疫学の大家が教える「新型コロナにかからないための五カ条」

志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなりました。 びっくりしましたね。 報道によれば、酒とタバコは切らさなかったと言われていますね。しかし、入院の1ヶ月前には止めていたとも。 喫煙はコロナウイルスによる重症化率を14倍に高めます。 「新型コロナにかからないための五カ条」 こちらの記事を紹 ...
続きを読む
/ 新型コロナウイルス

膵癌診療ガイドライン 2019年版がPDFで

膵癌診療ガイドライン 2019年版がPDFで 日本膵臓学会のサイトで、『膵癌診療ガイドライン2019年版』がダウンロードできるようになりました。2019/10/29に改定された部分も抜粋で別に公表しています。 画像をクリックして、膵臓学会のサイトへ飛びます。 ガイドラインのPDFはこちらにもリンクし ...
続きを読む

比較:免疫細胞療法クリニック

あちこちで免疫細胞療法が話題になっていますね。きっかけはITmediaビジネスのこの記事です。 ここでは記事の中身にはあまり触れませんが、ITmediaビジネスはソフトバンクの子会社です。代表取締役社長兼CEOは、孫正義社長の戦略秘書、社長室長を務めた大槻利樹氏。 確かに、「免疫療法」をうたって、科 ...
続きを読む

最新の記事

COVID-19感染した弟のその後

ご心配をおかけしましたが、新型コロナウイルスに感染した弟ですけども、症状が改善し ICU からコロナ患者専用の一般病棟に移ったと主治医から連絡がありました。 人工呼吸器も外れて自発的呼吸ができるようになったようですが、まだ酸素マスクはしています。 ECMOを使うまでに至らずにほっとしています。 ただ ...
続きを読む
/ 新型コロナウイルス

緑茶のカテキンは腫瘍抑制因子p53の機能を助ける

カテキンの抗ウイルス・抗がん作用 ポリフェノールの一種であるカテキン、特にエピガロカテキンガレート(EGCG)は、緑茶に多く含まれています。 カテキンには多くの種類がありますが、中でもエピガロカテキンガレート(EGCG)はビタミンEの20倍、ビタミンCの80倍の抗酸化作用があります。 インフルエンザ ...
続きを読む
/ 補完代替医療

「がん免疫治療薬」が効く人、効かない人を予測

ヨミドクターの記事ですけども、この内容の国立がん研究センターの発表は昨年の9月ですよね。既に承知の方も多いとは思いますが、読売新聞に掲載されたということで改めて紹介しておきます。 「オプジーボ」をはじめとしたがん免疫治療薬が効きやすい患者を事前に予測する研究が進んでいます。国立がん研究センター(東京 ...
続きを読む
/ 免疫・ワクチン療法

ゲノム医療のお役立ちサイト

膵臓癌でもゲノム医療やリキッドバイオプシーが話題になっています。今後も遺伝子変異に対応した分子標的薬はどんどん開発されると期待をしています。 そのようなゲノム医療の分野ですが、カタカナの専門用語も多くて分かりづらいと感じる方も多いのではないでしょうか。 信頼のおける、役に立つサイトを三つ紹介します。 ...
続きを読む
/ ゲノム医療

弟がコロナ陽性の連絡

昨日は保健所、病院、警察からの電話でバタバタでした。2歳歳下のの弟が独りで暮しているのですが、交通事故を起こして病院に搬送されたとの連絡が、警察からありました。 高熱があり意識が朦朧としていたのでPCR検査をすると、コロナウイルスに感染して陽性。レントゲン写真では肺が真っ白で重症とのこと。運ばれたの ...
続きを読む
/ 新型コロナウイルス

ソフトウエアのバグで致死量の被ばく

ソフトウェアにバグはつきもの 新型コロナウイルスの接触アプリCOCOAが、ソフトウェアのバグによって機能していなかったことが明らかになりました。修正が完了するのが2月中旬だと言われています。 政府御用達のソフトウェア会社が開発し、2次下請け、3次下請けに丸投げするようなアプリなんかは信用できませんか ...
続きを読む
/ 放射線

急性の高血圧症?

生まれてこの方、血圧が高いと言われたことが一度もありません。70ー130 mmHg程度で、いつも正常な状態が続いてきました。七十歳過ぎた老人にしては良好だったのですが、昨日病院で突然血圧が高いと言われました。3回測定したのですがいずれも170mmHgを超えています。 先生も、私の血圧のこれまでの状態 ...
続きを読む
/ 未分類

糖尿病患者:死因の1位はがん

糖尿病のクリニックに行くと、先生からは高血糖が続くと血管がもろくなって心血管障害が起こりやすくなるなどと言われます。 膵臓がんを治療している患者さんにも、血糖値管理を注意深くやっている方が多いことと思います。 糖尿病は膵臓がんのリスク要因だと言われますが、それだけではありません。逆の関係もありそうで ...
続きを読む
/ 血糖値管理・糖質制限

アヘンチンキが効かなくなった?

なんだか最近アヘンチンキが効かなくなってきたような気がします。 気のせいかと思うのですが、朝食の豆乳を飲む前にアヘンチンキ10ml を服用するのですが、2時間後には下痢がやってきます。 以前に比べて、溶液の濃度が薄いような、そんな気もするのですが・・・。 処方箋にはアヘンチンキ10%、1回0.5ml ...
続きを読む
/ 医療

地震 マグニチュード7.3だって

13日の地震、私の所は震度3ということですが、それにしては揺れが大きかった気もします。 布団に入って寝入ったところでした。「長いなあ」と感じながら、いま本棚の本が落ちてきたら下敷きになって、当たりどころが悪ければやばいなと思いながらも、布団を被ってじっとしていました。 3.11の余震。地球の歴史、地 ...
続きを読む
/ 地震・原発

モーツァルトはがんに効くか?

モーツァルトの話題が続きます。 腫瘍内科医の勝俣先生も言ってますが、欧米で盛んな音楽療法には一定の効果がありそうです。 がん患者さんへの音楽療法のコクランレビュー。23のランダム化比較試験があり、がん患者さんの不安や、痛み、疲労、うつ症状、QOLを改善する。音楽療法にまでRCT要らないようにも思うけ ...
続きを読む
/ 心と体, 音楽

モーツァルト ピアノ協奏曲第20番

内田光子のピアノ、ジェフリー・テイトがイギリス室内管弦楽団を指揮したモーツァルト ピアノ協奏曲第20番ニ短調K.466。 これまでと違うピアノの響きに、一瞬「あれっ」と思いました。 アシュケナージがピアノ演奏と指揮をするCDを持っているのですが、アシュケナージの演奏が平板で色あせて感じるほどです。モ ...
続きを読む
/ 音楽
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP
MENU