LINEで送る
Pocket

ブログ内検索

注目の記事

膵臓がんで、リキッドバイオプシーが使えるようになる

中外製薬は3月23日、血液検体を用いて固形癌に対する包括的ゲノムプロファイリングを行う検査「FoundationOne Liquid CDx がんゲノムプロファイル」の承認を3月22日に厚生労働省から獲得したと発表した。リキッドバイオプシーを用いたがん遺伝子パネル検査が国内で初めて承認された。Fou ...
続きを読む
/ 先進医療

膵臓がんの細胞、発病前に転移も

日経新聞の記事を見て唖然としました。膵臓がん細胞が癌化する前から肝臓や肺に転移をしているという内容です。 原発巣の腫瘍を切除しても、抗がん剤で叩いても、膵臓がんが治りにくいのはこうした事情によるのでしょうか。 だとすると、膵臓がん患者に希望はあるのか、どうすれば治るのか? 名古屋大学 名古屋大学の江 ...
続きを読む

ゲノム医療のお役立ちサイト

膵臓癌でもゲノム医療やリキッドバイオプシーが話題になっています。今後も遺伝子変異に対応した分子標的薬はどんどん開発されると期待をしています。 そのようなゲノム医療の分野ですが、カタカナの専門用語も多くて分かりづらいと感じる方も多いのではないでしょうか。 信頼のおける、役に立つサイトを三つ紹介します。 ...
続きを読む
/ ゲノム医療

リキッド・バイオプシーを治験で受けるには?

先日12月12日の「『膵臓がん患者と家族の集い』 Web 交流会」では、リキッドバイオプシーの話題も盛り上がりました。 「民間のリキッド・バイオプシー検査は高額だよね」との発言がきっかけでした。 「使える抗がん剤がもうありません」と言われても、まだがんゲノム医療があります。遺伝子の変異があってそれに ...
続きを読む
/ 先進医療

どうすれば膵臓がんが治るのか? 佐藤典宏先生の講演動画

佐藤典宏先生の講演「膵臓がんの標準治療と代替医療ー外科医の立場から」 9月21日の『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会は盛況のうちに終わりました。3時間半にわたる交流会でしたが、ご講演の佐藤典宏先生、参加者の皆様、お疲れさまでした。 佐藤先生の講演の特徴は、膵臓がんでは標準治療と代替医療をうまく ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

オニバイドで膵癌の治療戦略が変わってくる

まもなく使えるオニバイド 昨日の「膵臓がんの集い Web 交流会」でも皆様と意見交換をしたのですが、オニバイドについてもたくさんの質問がありました。 オニバイドも保険に収載されて5月20日から使えるようになりました。しかし、保険収載はされたが、病院によって準備期間が必要で、すぐには使えないところも多 ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

膵癌診療ガイドライン 2019年版がPDFで

膵癌診療ガイドライン 2019年版がPDFで 日本膵臓学会のサイトで、『膵癌診療ガイドライン2019年版』がダウンロードできるようになりました。2019/10/29に改定された部分も抜粋で別に公表しています。 画像をクリックして、膵臓学会のサイトへ飛びます。 ガイドラインのPDFはこちらにもリンクし ...
続きを読む

比較:免疫細胞療法クリニック

あちこちで免疫細胞療法が話題になっていますね。きっかけはITmediaビジネスのこの記事です。 ここでは記事の中身にはあまり触れませんが、ITmediaビジネスはソフトバンクの子会社です。代表取締役社長兼CEOは、孫正義社長の戦略秘書、社長室長を務めた大槻利樹氏。 確かに、「免疫療法」をうたって、科 ...
続きを読む

最新の記事

父の膵臓がんには間に合わなかったが・・・

楽天の三木谷会長が、光免疫療法に対する熱い思いを語っています。 試験管や動物実験ではうまくいっても、人間に適用したら必ずしもうまくいかない。臨床試験の敷居は非常に高いと言われますが、起業家としてのカンでそれを乗り越えていったのですね。 楽天市場に出店しているワッフルケーキ店の社長のいとこが、小林久隆 ...
続きを読む
/ 光免疫療法

支離滅裂で、やめられない

科学的判断と決断力 がん治療においては、検査をし、治療方針を立て、その結果をまた検査で確認します。 結果が思わしくなければ治療方針を変えます。これ以上治療を続けると返って命を縮めると判断をすれば、治療を中止するでしょう。 なかには、なかなか治療を諦めきれない、死ぬ間際まで抗がん剤を投与するという例も ...
続きを読む
/ ニュース, 日々の出来事

人間万事塞翁が馬

「人間万事塞翁が馬」とは、幸せも不幸も単純には決められない、人生における幸不幸は予測しがたいということ。幸せが不幸に、不幸が幸せにいつ転じるかわからないのだから、安易に喜んだり悲しんだりするべきではないというたとえです。 大阪にいる弟がコロナに感染しました。3月のことです。しかし今大阪は医療が崩壊し ...
続きを読む
/ 日々の出来事

パンキャン:ゲノム医療を膵臓がん患者に届けるための要望書

膵臓がん患者が遺伝子検査をすることで、使える薬剤も徐々に増えてきました。しかも米国のデータでは、通常医療に比べて生存率もよくなっています。 現在2つの保険適用の遺伝子パネル検査を受けることができます。 ・OncoGuide NCC オンコパネルシステム(略称:NCC オンコパネル)・Foundati ...
続きを読む

KRAS/p53変異はCREB1に作用して膵臓がんの転移を促す

膵臓がんにはKRAS及び p53変異が高頻度に見られます。 これらの変異に対する薬剤があればと、多くの膵臓がん患者さんが期待しています。しかし現状ではKRASおよびp53遺伝子変異に有効な治療薬はありません。いちぶで研究開発中だとは伝えられているようですが。 今回 MD アンダーソンがんセンターの研 ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

サイモントン療法のシェア会

サイモントン療法は、がん治療において有効だとのエビデンスがある程度揃っています。イメージ療法とも言われていますが、瞑想の一種と考えてよろしいでしょう。 私自身も、サイモントン療法を含めた瞑想を、膵臓がんの術後すぐ始めて、いまでも続けております。そしてその確かな効果を実感しています。 このブログでも、 ...
続きを読む
/ サイモントン療法

おめでとう、膵臓がん「治癒」宣言

PanCafeに参加しているおーぐっちゃんさんから、嬉しいお知らせがありました。 少し遅くなりましたが、本当に嬉しいお知らせなのでここで紹介します。 膵臓がんの術後5年経ち、腫瘍マーカーも問題なく、主治医からは「治癒」の宣言とのことです。わーい。😃 パンカフェの皆様、お久しぶりでございます。この度、 ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

コロナ禍でなぜ医療崩壊が起きる?

いよいよ緊急事態宣言が発出されましたが、それまでのドタバタを見ていても唖然としますね。「緊急事態宣言」を出すと出すとと言いながら何日だったんでしょうか。 で、出てきたらわずか2週間あまり。発令前から終わりが決まっている緊急事態宣言なんて不思議な存在ですね。 夜8時以降は電灯や電飾を消せ? これにどう ...
続きを読む
/ 新型コロナウイルス

「がん情報サービス」の歩き方

押川先生と「がん情報サービス」の若尾センター長のコラボ動画です。 「がん情報サービス」の有効な使い方から隠し技まで。これ必見ですよね。がんを告知されて間もない方から、治療法臨床試験などを探している方まで。 「がん情報サービス」には、膨大な情報があり、日々追加されていますので、必要な情報にたどり着くに ...
続きを読む
/ がんは情報戦

4/18のWeb交流会は27名の参加でした。

27名の参加者で活発に意見交換をしました。 事前に寄せられた質問 第9回『膵臓がん患者と家族の集い Web 交流会』に参加された皆様、お疲れ様でした。12時45分に開場して、佐藤典宏先生への質問、公開セカンドオピニオンを約一時間半、その後患者同士の交流会を16時頃まで行いました。 約3時間の長丁場で ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

運動不足は新型コロナ重症化に

小池東京都知事がこんなことを言っています。「通勤を含め、(医療従事者などの)エッセンシャルワーカー以外の方は可能な限り東京へ来ないでいただきたい」と。 これを徹底的にやればつまり lockdown ではないですか。それにオリンピック選手やIOC の関係者もエッセンシャルワーカーとは言えないでしょうか ...
続きを読む
/ 新型コロナウイルス

光免疫療法の研究所が、関西医科大学に

所長に就任する小林久隆氏 大阪のコロナ陽性患者数は1000人を超えましたね。緊急事態宣言を前倒しで解除した知事さんのおかげです。東京は500人前後で、これは2週間前の大阪の姿です。つまり2週間後のゴールデンウィークの前には東京も1000人を超えるかもしれません。 北品川のクリニックの院長のブログには ...
続きを読む
/ 光免疫療法
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP
MENU