新型コロナウイルスが広がっており、参加者の安全を考慮して開催は中止とします。

【日 時】2020年3月15日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【対 象 者】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】

  • 講演:佐藤典宏先生「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
  • 患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

LINEで送る
Pocket

注目の記事

免疫学の大家が教える「新型コロナにかからないための五カ条」

志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなりました。 びっくりしましたね。 報道によれば、酒とタバコは切らさなかったと言われていますね。しかし、入院の1ヶ月前には止めていたとも。 喫煙はコロナウイルスによる重症化率を14倍に高めます。 「新型コロナにかからないための五カ条」 こちらの記事を紹 ...
続きを読む
/ 新型コロナウイルス

オニバイドの効果と作用機序

膵臓がんで初めてのDDS製剤 リポソームイリノテカン(オニバイド)が膵臓がんに対して承認されましたね。久しぶりの膵臓がんに対する新薬の承認です。また DDS(ドラッグ・デリバリー・システム)を利用した薬としては膵臓がんでは初めてです。 製造販売元の日本セルヴィエとヤクルトが2019年10月にプロモー ...
続きを読む

今日の一冊(133)『免疫力を強くする』

がん患者なら「免疫力」を高めることに関心があることでしょう。多くの方がサプリメントや食事療法を取り入れています。 免疫学の第一人者、宮坂昌之さんが科学的に正しい「免疫力」の鍛え方を書いています。 昨日18日に発売されたばかりの本ですが、早速Kindleで購入して一気に読みました。 ここではがん患者が ...
続きを読む

膵臓がんのサバイバー:静脈血栓塞栓症になるリスクが10倍

成人のがんサバイバーで、心血管疾患のリスクが増加しているというこの記事。 静脈血栓塞栓症は「エコノミークラス症候群」とも言われています。 多くの場合、血栓の全部または一部が、血流に乗って下大静脈・右心房・右心室を経由し、肺へ流れつき、肺動脈が詰まると肺塞栓症となる。肺動脈が詰まるとその先の肺胞には血 ...
続きを読む

膵臓がんが切除可能かどうか。放射線科医で大きな違い

膵臓がんは手術ができるかどうかで、生存期間に大きな差が出ます。患者としては、手術できることに大きな期待を抱きます。 初期検査時の膵臓がんの局所切除可能性の正確な評価は、先行手術、術前補助療法、または緩和療法に際して、最も適切な管理戦略を決定するために重要です。 しかし、CT画像で切除可能かどうかを判 ...
続きを読む

セカンドオピニオン拒否され、適切な治療受けられずー膵臓がん患者が提訴

先日8月30日に、膵臓がん患者さんが、独立行政法人国立病院機構 静岡医療センターと元の主治医(O医師)を東京地方裁判所に損害賠償の提訴し、その記者会見が厚生労働省記者会で開かれました。 膵臓の腫瘍が見つかりIPMNの疑いがあったにもかかわらず、その事実を知らせなかった。腫瘍マーカーも基準値を超えてい ...
続きを読む

最新の記事

緊急事態宣言:長~い休みに新しいことをやってみる

昨夜駅のタクシー乗り場には長い行列ができていました。 タクシー待ちのお客の行列ではなく、客待ちのタクシーの行列です。 駅の構内をはみ出して、1000 m 先の大きな通りにまで、車が数珠繋ぎになっていました。こんな光景は今まで見たことがありません。タクシーの運転手さんも、これでは生活していけないのじゃ ...
続きを読む
/ 日々の出来事

この方も声を上げている

拡散してほしいと書かれているので、長尾和宏医師のブログです。 ...
続きを読む
/ 新型コロナウイルス

アメリカにも見放された!

アメリカ大使館が、日本にいる米国人に対して帰国準備を急ぐようにとホームページで呼びかけています。 この中でアメリカ大使館は、「日本政府が広範囲に検査を行わないと判断しているため、どれだけ感染が広まっているか正確に把握することが難しい」としています。 敵の規模もわからないのだから、的確な方針が出せるは ...
続きを読む
/ 新型コロナウイルス

同調圧力のなか、どうやって生き延びるか

なんかこう気分が暗いね。 やる気モードにならないっていうのかなぁ。 密閉された屋内でなく、外を歩くのにマスクなど要らんだろうと思うのだが、なんか変な視線を感じるね。同調圧力というのかなぁ。みんなと同じことをしていないと不審な目で見られる。 新型コロナウイルスの影響がどこまで行くのか。いずれは収まるだ ...
続きを読む
/ 新型コロナウイルス

免疫学の大家が教える「新型コロナにかからないための五カ条」

志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなりました。 びっくりしましたね。 報道によれば、酒とタバコは切らさなかったと言われていますね。しかし、入院の1ヶ月前には止めていたとも。 喫煙はコロナウイルスによる重症化率を14倍に高めます。 「新型コロナにかからないための五カ条」 こちらの記事を紹 ...
続きを読む
/ 新型コロナウイルス

マイクロ飛沫でウイルス拡散?

これ、NHKスペシャルの動画ですが、マイクロ飛沫が感染に大きな原因だとすると、満員の通勤電車がクラスターを発生していないのは、大きな声でしゃべる人がいないからでしょうか。 1人がくしゃみをすれば20分以上、実際にはもっと長時間マイクロ飛沫が漂い続ける。窓を開けて換気するのが一番か。 しかし、大阪のお ...
続きを読む
/ 新型コロナウイルス

がん患者の新型コロナウイルス対策

危機的な状況ですね。感染者数が指数関数的に増えています。 昨日は1日で200人の新たな感染者が発生しました。倍々ゲームで増えていくに違いありません。 国立がん研究センター中央病院において、看護師2名が感染したと報じられています。 このようにして医療崩壊になるのでしょうか。医療崩壊によって新型ウィルス ...
続きを読む
/ 新型コロナウイルス

がんを克服するためのツール「マインドマップ」

がんに打つ勝つため、これからの大不況に備えるため、人生の岐路には、的確は判断が必要ですよ。 そのためのツールとして「マインドマップ」をお勧めします。 ...
続きを読む

がん微小環境改善剤:秋にも膵臓がんで臨床試験開始

日本ケミファとベンチャー企業のDelta-Fly Pharma(本社:徳島県徳島市)は3月24日、DFP社が特許を持つがん微小環境改善剤「DFP-17729」に関するライセンス契約の締結に合意したと発表した。 今秋までに、既存の抗がん剤との併用で、すい臓がん患者を対象に臨床試験を実施する考え。 ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

緊急事態宣言+首都封鎖に備えたほうが良いよ。

東京オリンピックの一年延期が決まった。 新型コロナウイルスの感染者数をおさえておく必要はなくなった。 これから週末にかけて、特に東京で感染者数が急増するだろう。 そして、やりたくてたまらなかった安倍総理の緊急事態宣言。つづいて首都封鎖だ。 現実味を帯びてきた。 ん??、妄想でしょうってか。 政府は本 ...
続きを読む
/ 新型コロナウイルス

リムパーザが希少疾病用医薬品として承認される

YouTubeでも発信しています。 希少疾病用医薬品の承認を取得 アストラゼネカ社のプレスリリースによれば、 とのことです。 これによって日本での承認へ一歩を進めることになります。 米国では昨年2019年12月にすでに承認されており、欧州でも認証の手続きが進んでいると言われています。 希少疾病用医薬 ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

今後の『膵臓がん患者と家族の集い』の開催について

『膵臓がん患者と家族の集い』は3月の佐藤典宏先生の講演も中止になり、みなさんからいつ開催できるかとご心配の声をいただいております。 3つの条件が揃うと、新型コロナウイルスに集団感染するリスクが高くなると言われていますが、まさに患者会はその条件がそろっています。 さらに、参加者の多くは抗がん剤治療によ ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

 

 

LINEで送る
Pocket

MENU