ブログ内検索

注目記事

早期からの緩和ケアを受けられる病院リスト

「早期からの緩和ケア」の現実 私が「緩和ケア」という言葉を知り関心を持ったのは、2007年に膵臓がんを告知され、手術のための入院をひかえていたころのことでした。 「がん緩和ケア最前線」坂井かをり著 告知されたばかりの”膵臓がん初心者”でも、膵臓がんの予後が極端に悪い(当時は特に)ことは理解していたの ...
続きを読む
/ 緩和ケア, 膵臓がん

膵臓がんの重粒子線治療

4月から局所進行膵癌の粒子線治療が保険適用に 1月8日付の記事でも紹介しましたが、この4月から膵臓癌に対する粒子線治療(陽子線治療と重粒子線治療)が保険適用となります。 これまでは先進医療として粒子線治療を受けることもできましたが、患者の自己負担金が300万円ほど必要でした。そのために治療を諦めざる ...
続きを読む

佐藤典宏先生の講演動画:限定公開

先日の『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会における佐藤典宏先生の講演動画を限定公開いたします。 先日の Web 交流会も、患者と家族の皆さんの熱い思いがひしひしと伝わってくるような集いでした。初めての方が半分以上で、最初はしゃべっていただけるだろうかと心配もしましたが、皆さん積極的にどんどん発言 ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

『膵がん診療ガイドライン2019の解説』がPDFでダウンロード可能に

日本膵臓学会のサイトに新しく『膵癌診療ガイドライン2019の解説』がPDFファイルでアップされています。 がん治療においては、患者さんもある程度の基礎的な知識や情報を身につけることが絶対に必要です。なぜならば主治医は多忙であり癌についての基礎的な知識まで短い診察時間に教えている暇はないからです。 「 ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

どうすれば膵臓がんが治るのか? 佐藤典宏先生の講演動画

佐藤典宏先生の講演「膵臓がんの標準治療と代替医療ー外科医の立場から」 9月21日の『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会は盛況のうちに終わりました。3時間半にわたる交流会でしたが、ご講演の佐藤典宏先生、参加者の皆様、お疲れさまでした。 佐藤先生の講演の特徴は、膵臓がんでは標準治療と代替医療をうまく ...
続きを読む

比較:免疫細胞療法クリニック

あちこちで免疫細胞療法が話題になっていますね。きっかけはITmediaビジネスのこの記事です。 ここでは記事の中身にはあまり触れませんが、ITmediaビジネスはソフトバンクの子会社です。代表取締役社長兼CEOは、孫正義社長の戦略秘書、社長室長を務めた大槻利樹氏。 確かに、「免疫療法」をうたって、科 ...
続きを読む

最新の記事

ご報告:6/26『膵臓がん患者と家族の集い』

32名の参加で保坂隆先生のご講演を聞き、患者交流会も盛り上がって予定の時刻を30分ほど超過しました。 ステージ4の膵臓がんでも希望が持てるのか? 実際に主治医から緩和ケアを勧められている方もいて、膵臓がん患者にとっては切実な問題です。 保坂隆先生の『ステージ4をぶっとばせ』の著作にあるように、膵臓が ...
続きを読む

FreeStyleリブレを使って分かったこと

4月の診療報酬改定によって、連続血糖測定器(Freestyleリブレ)が、ほとんどの糖尿病患者で保険適用で使えるようになりました。 私のように、持効型インスリンを1日に一回注射するだけの患者は、健康保険でFreestyleリブレを使うことはできませんでした。忸怩たる思いで眺めていたのですが、保険適用 ...
続きを読む

がんになったら運動しよう:新ASCOガイドライン

米国臨床腫瘍学会(ASCO)が、『がん治療中の運動、食事療法、および体重管理に関するガイドライン』を発行しました。 がん患者のための食事と運動のガイドラインとしては、米国対がん協会が出したものがあります。 米国対がん協会のガイドラインの結論部分を示します。 健康的な体重へ減量し、その体重を維持しまし ...
続きを読む
/ 運動, 食事, 食事と運動

アブラキサンの限定出荷を解除:大鵬薬品工業

6月20日付で、大鵬薬品工業のサイトに記載されています。 アブラキサンの出荷制限がなくなり、従来どおりの供給体制に戻ります。 患者としては、これで一安心ですね。 これまでの製造所以外でも調達できるように、追加申請で薬事承認もめざすそうです。 このたび、アブラキサンの製造を行っている 提携先(Bris ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

外来抗がん剤治療ができなくなる

今年4月の「診療報酬改定」は、膵臓がんに対して粒子線治療が健康保険で可能となるなど、患者にとってありがたい改定もありました。 しかし、抗がん剤治療を入院ではなく、外来で行うように推進しておいて、これはいけません。 24時間、専任の医師、看護師、薬剤師が配置されないと外来化学療法はできない 厚労省は、 ...
続きを読む
/ がん一般

運動は、膵臓がん腫瘍を縮小させる

がんと運動については、すでに十分すぎるほどの効果に対するEvidenceがあります。 がん関係の研究誌では信頼できる出版物のひとつであるCancer Cell 誌に、運動による膵臓がん腫瘍への研究論文が掲載されました。 マウス実験のレベルですが、 ここでは、有酸素運動が全身および腫瘍内免疫を調節する ...
続きを読む

膵臓がんから15年を生きて(3)

前回は癌研有明病院への初診予約を取ったところまででした。 伊藤医院での造影CT結果を糖尿病クリニックの先生に見せて相談し、癌研有明病院の初診を申し込みました。 幸い2日後の予約が取れました。担当は肝胆膵外科の部長である齋浦明夫先生。「若き神の手」と言われるような先生だとは、まったく知りませんでした。 ...
続きを読む

多摩川台公園のアジサイ

4年前も同じ日に行っています。多摩川台公園のアジサイ園。 都内の4大アジサイスポットのひとつとされています。 しかし、今年はまだ少し時期が早かったようです。北鎌倉の明月院ブルーと言われるように、アジサイはブルーが印象的なのですが、多摩川台公園のアジサイはまだブルーが薄めでした。 ヤマアジサイはきれい ...
続きを読む
/ 写真道楽

『膵臓がん患者と家族の集い』今後の予定

6月26日(日) 保坂隆先生の講演と患者同士の交流会 保坂 隆先生の著作(がん関係の一部) 7月16日 (土)膵臓がんサロン 15時~17時 定員10名 膵臓がんサロンは、少人数でじっくりと語り合いたいとの趣旨で企画しました。 8月27日(土)『膵臓がん患者と家族の集い』リアル開催 2月にリアルとリ ...
続きを読む

膵臓がんから15年を生きて(2)

多摩川台公園あじさい園 膵臓がんってことは、死刑宣告? 血糖値が急激に上昇し、喉が異様に乾く、足がつるなど糖尿病の初期症状が現れたので、超音波検査を受けることにしたのが、6月7日。 そして、先に記事にも書いたとおり、超音波検査で主膵管が拡張しているのが判明したのでした。それが6月11日です。 この時 ...
続きを読む

分野別の記事

サプリメント

補完代替医療

瞑想・マインド

膵臓がん

科学・哲学

MENU