MENU

がんとの闘いは情報戦です。情報の有無が、あなたの余命を左右することもあります。『膵臓がん患者と家族の集い』は役立つ情報の宝庫です。

【日 時】2019年8月31日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代・講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】

  • 講演:緩和ケア医 大津秀一先生「膵臓がんの緩和ケア~これだけはおさえておくこと~」(仮)
  • 患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

参加申込み 受付中です。
オフィシャルサイトはこちら


LINEで送る
Pocket

最新の記事

今の子どもの名前って、こんなんですか?

この写真、Facebookの投稿からリンク張ってるんですが、 こりゃ読めないよなぁ。 虎王で「ライオンキング」、花子が「ふらわあ」、犬郎で「たろう」って、誤字ではなかろうかと思うよね 与謝野晶子は愛嬌ですか。「佐藤 砂糖」はマジで漫才ネタになる。 「きらきらネーム」もここまで進化したのか? ネタ元は ...
続きを読む
/ ニュース

「ゆらぎ」を認めてこそ、個別化医療が成り立つ

複雑系(complex system)の「系」とは、自分たちが眺めている群全体を指しています。医療の分野でいえば、循環器系、神経系、免疫系などがあります。 そして、あまりにも多くの要因が影響を与えながら、系全体の行動に作用することで、一つ一つをとれば決定論的な説明ができるにも関わらず、系全体としては ...
続きを読む
/ 医療, 複雑系

大津秀一先生のブログから、膵臓がんに関する記事

大津秀一先生のブログから、膵臓がんに関するものをピックアップしてみました。 膵臓がん以外の癌腫を対象としたものも記事も含んでいます。 緩和ケアは、経験した患者がいないわけですから、なかなかイメージが湧かないですね。 予後の悪い膵臓がんですし、最期は急な坂を転げるように悪化する場合もあります。「最悪を ...
続きを読む

今日の一冊(117)「このがん治療でいいのか」

「がんをあきらめない人の情報ブログ」(「あきらめない! がんが自然に治る生き方」から改題)の佐藤典宏先生3冊目の著作です。 佐藤先生のブログは、膵臓がんと代替療法に関する情報が多いのが特徴です。しかも、それらがエビデンスに基づいて紹介されています。 それもそのはず、佐藤先生は肝胆膵の外科医であり、し ...
続きを読む

ナノナイフは膵臓がんへ免疫細胞を誘導する

免疫学ジャーナル誌(The Journal of Immunology)に膵臓がんのナノナイフの研究論文が載っています。あいにく、Abstractしか読むことができないのですが、概要だけでも興味深いです。 ナノナイフとは、正式には不可逆電気穿孔法(IRE,Irreversible electropo ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

盂蘭盆会―墓参り

7月15日の盂蘭盆会を前に、ぱらぱらと雨の落ちてくるなか、今日は浅草の菩提寺で墓参りです。 第17代 中村勘三郎の墓のある浄土真宗仏光寺派の寺です。 ここ、浅草竜泉は樋口一葉が暮らした町です。吉原にも近い。 帰りに上野の「うさぎや」でどら焼きを買いました。最近とみに人気が出てきたのでしょうか、今日は ...
続きを読む
/ 未分類

2019-08「膵臓がん患者と家族の集い」参加者コメント(1)

次回の『膵臓がん患者と家族の集い』は、8月31日(土)に開催します。 緩和ケア医 大津秀一先生による講演『膵臓がん患者と家族の集いの緩和ケア~これだけはおさえておくこと~』を予定しています。 今回は申込の出足が早いですよ~~。 また、今回の開催にも特別参加を予定しています。 腫瘍内科医:押川勝太郎医 ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

久しぶりの散歩写真

足のしびれや腰の痛みがなくなったのですが、梅雨の時期であまり散歩写真が撮れていません。 久しぶりにGR3を持って散歩写真です。 気持ちよさげに寝ています。 どこか遠くに行きたいなぁ。 ...
続きを読む
/ 写真道楽

匿名で聞けちゃう。がんの質問箱

最近Peingを使って、匿名でがんの質問を受け付けるサイトが増えていますね。 それぞれのがんに対する考え方の違いも分かって、おもしろいです。 押川勝太郎 がん治療医・押川 勝太郎・がん治療の虚実の質問箱です 最近回答した質問 → 「頭頸部癌のリキッドバイオプシーについてどう思われますか...」htt ...
続きを読む
/ がんは情報戦

がんと自律神経ー国立がん研究センター

国立がん研究センターのプレスリリースです。 がん組織内に自律神経が入り込む 本論文では、がん組織内に自律神経系が入り込むことで、その患者の予後を左右することを世界に先駆けて証明しました。特に乳がん組織内に交感神経が活発な場合は、その患者は予後不良であること、さらに実験的に交感神経を抑制または除去した ...
続きを読む
/ 心と体
Loading...

注目記事

抗がん剤の耐性を解除する記事の「まとめ」

抗がん剤の耐性を解除する治療法について、何回か記事を書いてきましたが、それぞれの関連性や、要点をまとめてみました。 抗がん剤に耐性が付くメカニズムの1つとして、がん細胞の表面にP-糖タンパク質が多数発言し、それがポンプの役割をして抗がん剤を排出してしまうことが知られています。 ただ、抗がん剤の耐性に ...
続きを読む

比較:免疫細胞療法クリニック

あちこちで免疫細胞療法が話題になっていますね。きっかけはITmediaビジネスのこの記事です。 ここでは記事の中身にはあまり触れませんが、ITmediaビジネスはソフトバンクの子会社です。代表取締役社長兼CEOは、孫正義社長の戦略秘書、社長室長を務めた大槻利樹氏。 確かに、「免疫療法」をうたって、科 ...
続きを読む

ステージ4からの眺め「膵臓がん完治への闘い」

このところ水虫治療薬で抗がん剤の効果を高めるという記事を続けていますが、その第3弾です。 今日の毎日新聞に掲載された、三輪晴美記者の久しぶりの連載記事です。三輪記者は、ご自身も乳がんのステージ4の患者です。 兵庫県川西市の副市長だった水田賢一さんが膵臓がんと診断されたのは2011年8月。手術はできる ...
続きを読む

トイレの落書きとは論争しない

ハマリョウ氏から当ブログや「膵臓がん患者と家族の集い」に関して、同じ内容の記事を、タイトルを変えただけで二度も紹介していただいています。ありがたいことです。 タイトルが『「すい臓がん患者と家族の会」参加者の皆さんへ』となっていますが、正しくは「膵臓がん患者と家族の集い」なんですがね。 他の組織の参加 ...
続きを読む
/ 未分類

『すい臓がんカフェ』を終了した理由

今回の『すい臓がんカフェ』の活動終了と、その趣旨を引き継いで新たに立ち上げた『膵臓がん患者と家族の集い』に関して、皆さんにはご心配とご懸念をかけたことをお詫びいたします。 『すい臓がんカフェ』を設立した目的は、膵臓がん患者が集まって情報交換をする場を設けて、患者どうしの横のつながりを広げることでした ...
続きを読む
/ 未分類

がん患者にお勧めのサプリメント

多くのがん患者が、医者には内緒でサプリメントを摂っていると言われます。しかし、中には健康に悪影響のあるサプリメントもあるので、注意が必要です。 多くのがん患者がサプリメントを摂っている しかし、手術のできないがんや転移したがんでは、抗がん剤は「延命効果」と「症状の緩和」が目的であり、がんが治ることは ...
続きを読む
LINEで送る
Pocket