「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


7/7『膵臓がん患者と家族の集い』

【日 時】2024年7月7日(日) 14:00~16:00(開場:13:45)
【会 場】大田区産業プラザPiO 6階D会議室
【参加費】1,000円
【対 象】膵臓がん患者とその家族、ご遺族
【定 員】60名
【内 容】
   第1部 「臨床現場における膵臓がん治療~患者・家族に知っておいて欲しいこと~」
    東京都立荏原病院 外科 藤田 泉先生
   第2部 患者・家族の交流会
申込締切は7月4日(木)19:00です。

詳しくはオフィシャルサイトで

アヘンチンキの販売中止:困った!

詳細はまだ不明ですが、

武田薬品工業は14日、「アヘンチンキ」など、あへん系麻薬製剤4成分5品目について、諸般の事情により販売を中止すると発表した。 販売を中止するとしたのは、▽アヘンチンキ▽アヘン散▽ドーフル散(アヘン・…

日刊薬業

私の主治医からの情報ですが、2年ぐらいはまだ在庫がありそうです。その後は別の麻薬製剤があるので心配しなくてもいいよとは言われましたが、はてさてどうなることやら。

膵臓がんの手術で広範な神経郭清を行っていた昔の患者さんでは、私のように神経性の下痢に悩まされている方も多いと思います。

この下痢、アヘンチンキでないと抑えることが難しいです。

私にとっては外出時の命綱、神様仏様なのですが、16年間以上ずっと服用してきて最近は量も減らすことはできたのですが完全になくすことはできません。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

アヘンチンキの販売中止:困った!” に対して2件のコメントがあります。

  1. さにまる より:

    私は大腸ガンで大腸全摘し下痢がひどい為、毎日アヘンチンキが手放せなく、とても頼りにしているお薬です。
    製造されなくなると主治医から聞き、アヘンチンキが無い生活なんて考えられないので、信じられない気持ちでいっぱいです。
    現在はアヘンチンキも使いつつ、アヘンチンキよりも下痢止めの効果が低いですがモルヒネとコデインリンを併用し、徐々にアヘンチンキを無くしていく事になりましたが…正直不安でいっぱいです。
    “仕方ない”で済ませてしまえばそれだけなのですが、こんな大事な薬が無くなるのは本当につらいですよね。

    1. キノシタ より:

      さにまるさん
      私の主治医からはまだアヘンチンキに代わる薬の提案はありませんが、同じモルヒネ系になるのでしょうかね。
      私の場合もう16年にもなり徐々にアヘンチンキの量は減ってはきているのですが、全くなくすることは難しいです。
      メーカーとしても売れない薬を作り続けるのが難しいのかもしれませんね。
      食べた途端にトイレに駆け込まなくてはいけない患者の気持ちを分かってほしいのですが無理ですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です