正月は温泉気分

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

元日から石和温泉の和穣苑で温泉気分でした。「一の宿?楽部」の宿でして、このところ続けてここに加盟している宿にお世話になっています。30部屋以下のこじんまりした宿ばかりだというのが気に入っています。

信玄の菩提寺、恵林寺にて初詣で。でも私は神社仏閣_mg_2186
で手を合わせたことも、賽銭を上げたこともない不信心者です。神や仏にすがる気持ちがこれっぽちもないのですね。人間の知恵を超えた何かの存在を信じることができない。人間の知恵の及ばない何かがあることは認めますが、それはまだ我々の知識がまだこの世界をほとんど知っていないというだけのことであり、それをもって超越的な存在を想定する必要はないと思っているからです。「まだまだ知らないことがたくさんある」ただそう思っていれば良いというだけのこと。がんが自然治癒することがあり、その機構を説明することはできませんが、だからといって「永遠なる存在」や「神・仏」を持ってくる必要はないのです。信じる人がいることまで否定はしませんし、勝手に信じている分には私の干渉する範囲ではありませんが。親鸞の『善人尚もて往生をとぐ いわんや悪人をや』ではないですが、悪人の私がこうして生きのびているのも、浄土真宗の教えるところかも?自信はありませんが。そういえば我が家は浄土真宗の檀家だった。一応は。五木寛之の『親鸞』が本屋に並んでました。そのうちに読んでみよう。
P1000931
宿の料理は正月らしい飾り付けの組み合わせ。腕の良い料理長をお持ちのようで、心のこもった料理をおいしくいただきました。外出しないで連泊でゆっくりするつもりでしたが、妻が「忍野八海」に行ったことがないというので、予定変更。カメラを担いで忍野巡りと相成りました。

P1000943
このヒョウタンをかたどった氷の器、どうやってつくるのかと聞いてみましたら、「ふうせんに水を入れてヒョウタンの形にして凍らせ、風船を割る」のだと。なるほどうまいことを考えるものだと感心しました。

年初の挨拶をたくさんいただいたのですが、「_mg_2221元気ですか?」という挨拶になぜか「まだ生きていますか?」という含みを感じてしまいます。

の従兄弟というのが、旦那がある企業で膵臓がんの抗がん剤を開発しています。すでに臨床試験も始まっているのですが、ですから膵臓がんの知識が我が愛妻よりも多くあるわけです。電話がかかってくると、私のことを心配して「○○さん、元気ですか?」と聞くそうです。「まだ再発しないでの?」という意味ですよね、これは。「「何をぐずぐずしているの!」という気は、相手にはないのでしょうが、そう聞こえるのはがん患者のひがみだけではなさそうです。暮れに借金の催促をされている気持ちになります。開発中の抗がん剤がビックルするほど効果があるものなら、「_mg_2273治験に参加してみたら」とでもなるのでしょうが、その申し出がないところを見ると、私の余命中の開発は間に合わないのかもしれんなぁ。

「2年半も再発しないというのは、もしかすると膵臓がんではなかった
のと違う。誤診かも」という、親切な(?)挨拶もありました。だとしたら、膵臓を切り取った私の立つ瀬がない。「誤診と違う、絶対に」と思わないことには、切り取った膵臓に申し訳がない。再発しないのは私の努力の結果ではなく、「たまたま」でしょうから、誤診という可能性もないことはない。『たまたま 日常に潜む「偶然」を科学する』を読んでいるところですが、これがおもしろい。いずれがんとの関係を考察して紹介してみます。

今日の話題は、あっちに行ったりこっちに行ったり、まさに「Drunkard’s Walk 千鳥足」でした。

今年も、

  拾った命だから、のんびり生きる

まだ、サバイバーとは言えませんが、目標は「完全治癒


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(114)「がんを抱えて、自分らしく生きたい」今日の一冊(114)「がんを抱えて、自分らしく生きたい」 「自分も自分の治療チームの一員として参加したい」。この言葉をブログでも何度か使ってきました。西先生も、この本の中で同じことを言われているので嬉しくなりました。 また「医療の民主 […]
  • 膵臓がんとビタミンD膵臓がんとビタミンD 昨年のMedエッジに『「暴れる膵臓がん」ビタミンDの刺激で治める』という記事がありました。 元になった論文は、2014年9月25日号の有力科学誌セル誌に掲載された「ビタミン […]
  • 今日の一冊(79)『がん光免疫療法の登場』今日の一冊(79)『がん光免疫療法の登場』 がん光免疫療法の解説本が出ました。がん光免疫療法は、こちらの記事「光免疫療法(近赤外線免疫療法)の動画」でも触れていまが、今後のがん治療に大きな期待の持てる技術です。 毎日 […]
  • サイモントン療法とは?(7)サイモントン療法とは?(7) 自分の人生が思い通りにならないと感じたり、人生は喜びよりも苦しみの方が多いと感じたりするとき、脳はノルアドレナリンやコルチゾールなどのストレスホルモンを放出する。 これ […]
  • 膵臓がんの診断はハイボリュームセンターで膵臓がんの診断はハイボリュームセンターで 相当以前に見た「ドクターG」の感想です。この程度の診断で自慢をするなんて、なんだかなぁ?膵臓がんの発見は、こうして遅れていくんですね。 吐き気がある60歳代の女性。病名の診 […]
  • 定期検査 3年をクリア!再発転移なし 今日は癌研での定期検査でした。 […]
  • 福島の子どもたちの甲状腺がん福島の子どもたちの甲状腺がん 福島の子どもたちの甲状腺検査結果が公表され、話題になっています。毎日新聞2月13日付の紙面では、震災時18歳以下の子どもの甲状腺検査で、新たに2人が甲状腺がんと診断され、昨年9月 […]
  • 今日の一冊(88)『なぜ関空に世界中からがん患者が集まるのか?』今日の一冊(88)『なぜ関空に世界中からがん患者が集まるのか?』 日本に動脈塞栓術を広めようとしている、IGTクリニック院長の堀信一先生の著作です。動脈塞栓術は「血管内治療(カテーテル治療)」とも言われますが、非常に細いマイクルカテーテ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です