スポンサーリンク

代替療法について考える

LINEで送る
Pocket

_mg_2369
20日もブログを更新しないあいだに、外はもう春の装いをはじめたようです。早咲きの桜は、枝の先端に蕾を用意しています。先月は新潟の松代で積雪4mの雪景色を巡り、先の週末は沖縄で初夏の暖かさを体感してきました。

この世にどうしても残しておきたいWindows Mobileのプログラムがあり、膵臓がんだと分かったときから何とか完成しなければと思いつつ、延び延びになっていたのです。プログラミング_mg_2538は、私にとっては熱中できる趣味のような作業ですから、免疫力もアップしただろうし、日本HPのiPAQ112 も売れ行きが増えるに違いありません。それを何とか完成して、あといくつかの締め切りの迫った作業に没頭していました。「がん患者が考える生と死」も終わっていないし、「代替療法について考える」もまだ書きたいことがあるのですが、まぁ、ぼちぼちやっていきます。

『代替医療のトリック』についてもう一度考える

『代替医療のトリック』は確かに良い本です。ホメオパシー療法がまったく効果がないことが巧みに説明されているし、二重盲検法によって多くの命を奪ってきたかもしれない治療法が廃れ、効果のある治療法が普及してきたことは明らかです。しかし、がん患者としてはいまいち釈然としないのです。つまるところそれは、

  • 西洋医学には限界がある
  • 東洋医学は説明不足
  • 民間療法は信頼性に乏しい

でも、余命半年、そんなことは言ってられない!私には何ができるのですか?
と訊く患者に、「ホスピスが用意されています。あなたには死の受容必要です」と言われたって、それは納得できない、ということでしょう。

はっきりとしたエビデンスのある治療法は限られています。それに現在の医療のすべてにきちんとしたエビデンスがあるわけではなさそうです。心臓冠状動脈のバイパス手術もエビデンスがなくて行なわれています。実際はバイパス手術をした患者としなかった患者に生存期間に差はないと言われています。しかし、日本でもアメリカでも沢山行なわれています。一番わかりやすいのは風邪のときに投与される抗生物質。ウイルスが原因の風邪に、抗菌性の抗生物質が効くはずはないのに、それでもちょっとした風邪で町のクリニックに行くと、ほとんどの場合抗生物質を投与されます。日本呼吸器学会は風邪への安易な抗生物質処方を控えるべき旨のガイドラインを発表していしるし、日本小児呼吸器疾患学会と日本小児感染症学会がまとめた「小児呼吸器感染症診療ガイドライン2004」でも風邪には抗生物質は効かない、細菌性二次感染の予防目的の投与も必要ない、と書かれています。

このように、現在医療がエビデンスに基づいておこなわれていると考えるのは幻想なわけで、実体はそんなものではない。きちんとしたエビデンスが少ないのは、一つには日本では治験が行ないがたいとうこともあります。

「新しい薬を開発することで、将来の患者が助かるかもしれません。これは二重盲検法で行ないます。あなたには新しい効果があるかもしれないAという薬か、まったく効果がないが外見は同じBという薬のどちらが投与されるかは分かりません。主治医である私にも分からないのです。ただ、万が一B薬であったとき、症状が悪化したら治験を中止することはできます」

これは実際に私が体験したことです。糖尿病の治験に参加してくださいとの依頼を受けたときの説明です。もちろん「これまでの薬でお願いします」と断わりました。患者には治験に参加するメリットがないのです。がんのように、もう他には治療法がないというとき以外は、国民皆保険の日本では治験は難しいでしょう。

また、メラトニンのように効果のある可能性があっても、特許の取れない薬に製薬会社が莫大な金を投資して治験をすることは有り得ません。 ですから、エビデンスのある治療法は限られているのです。

抗がん剤ではがんは治らない。一部のがんを除いては治らないと言うべきかもしれませんが、すくなくとも再発したがんには抗がん剤は効かない。しかし、それでも抗がん剤をやるのは、一つには患者が「先生、何とかしてください」というからであり、医者も効かないと思っていても放置することは医師の倫理に反する。ごく希には効果がある(治るのではなく一時的な縮小)例もあることを知っているからなおさらであろう。それならば、同じように効かない、効くかもしれない代替医療を尽くしたって良いではないか? 副作用がないだけましだし、プラシーボ効果というご褒美がついてくるかもしれない、と考えることは無謀なことでしょうか。

患者のこころの問題を置き去りにしてエビデンスを掲げても、問題を難しくするだけのように思えます。がん患者は、自分も「治療に参加したい」のです。何かをやっているという安心感と、治療の主導権を持っているのは自分だということを確認したいのです。

ところが、標準治療あるいはエビデンスのある治療というのは、数ヶ月の延命効果しかないというエビデンスがあるだけです。患者は治りたいし、治らなくても数年の延命を期待しているのにもかかわらず、現代医医療ではその程度の効果しか望めない。提供できる医療のレベルと、患者の期待するレベルに大きな食い違いがあるのです。

代替医療を推進しようとする人たちの持ち出してくるデータは、眉につばを付けて良く吟味する必要があるが、それは通常の医療にも言えることであり、治験のデータが改ざんされていたという例はたくさんある。悪意はなくても自分の信じている治療法の結果に「思い込みのバイアス」がかかるのは当然だと言えます。それはたとえば統計データを棄却検定するという「正しい」方法で、望ましくないデータを削除するという方法でも可能だし、対照群にあまり成績の良くない治療データをもってくるということでも可能なのです。

気象予報士は、過去の天気について「高気圧が移動して、前線がここにできて・・・」というふうに「後知恵」で天気を説明することはできる。しかし、地球シミュレータと呼ばれるスーパーコンピュータを駆使しても、3日後の旅行に傘が必要かどうかを断定することは難しい。それは気象が複雑系であるからです。雲の生成についての有効な方程式は見いだせていないのです。同じように人間の身体も複雑系であり、あるがん患者のこれまでの経緯を説明することはできるでしょうが、3ヶ月後にがん細胞がどのように大きくなるか、あるいは小さくなるかを予測することは不可能です。

明日をどこまで計算できるか?――「予測する科学」の歴史と可能性 明日をどこまで計算できるか?――「予測する科学」の歴史と可能性
デイヴィッド・オレル 大田 直子

早川書房  2010-01-22
売り上げランキング : 41597

Amazonで詳しく見る by G-Tools

多くの要素が複雑に絡んでいる人間の身体で、抗がん剤の効果がどうなるかなんて、予測することは”原理的に”不可能なので、しかたなく統計的に説明せざるを得ないわけです。エビデンスと言っても所詮はその程度のものです。あなたの明日を計算して約束してくれるわけではない。

だとしたらどうすればよいのか?

富士山に傘雲のかかった写真を撮りたいとカメラマンが考えたとき、どうすればよいのか?傘雲の生じる気象条件を調査し、その気象条件になりそうな天気が予想されるときに、何度も何度も足を運ぶのです。こうして足を運んでいるうちに、運が良ければ1回で撮れるし、運が悪ければ100回行ってもだめかもしれない。つまり、複雑系で偶然に左右される現象を自分の良い方に引き寄せるにはこの方法しかない。複雑系においては起きる確率の小さい現状であっても、「たまたま」起きるということは珍しいことではないのです。

たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する
レナード・ムロディナウ 田中 三彦

ダイヤモンド社  2009-09-18
売り上げランキング : 4438

Amazonで詳しく見る by G-Tools

代替医療も同じではないかと思います。はっきりと効果があるとは言えないが、何か他とは違うような、あるいはホメオパシーのようにまったく効果があるはずのないものではない限り、プラシーボより少しでも効果があるものなら、偶然によって効果が現われることもあるはずです。いや、プラシーボ効果であったってかまわないのです。治ればどうして治ったかなんてどうでも良いのですから。ある論文では効果があるといい、別の論文では効果が否定されるようなものならたくさんあります。そうしたものも対象にすればよい。沢山挑戦すれば、もしかすると運良く「傘雲」に出会えるかもしれません。そのためには、傘雲の出るはずのない気象条件を知って、その日には出かけないことです。ムダなことはしない。同じように、その代替医療についての知識を集めて、ふるいにかける必要があります。「数打ちゃ当たることもある」ということなのですが、数打つためには、危険な副作用がないこと、高価でないこと効果があるという相当程度の証拠が必要です。富士山なら良いがヒマラヤには何度も行くことはできません。その意味でも高価なサプリメントは避けた方が賢明です。

科学と似非科学の境界は曖昧であり、医学と代替医療の境界も曖昧です。それらの間にはっきりとした線引きはできないのです。私は医学は科学ではないと思っているのですから、なおさらです。あえていえば「医学は芸術」です。だから名医といわれる医者が存在するのでしょう。

私が選んでいるサプリメントは、こうした考えに基づいていると言っても良いでしょう。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 秋なのに秋なのに 3連休なのに何かと忙しい。昨日は4時半に起きて、10日間もイタリアに遊びに行くという娘を羽田まで車で送っていった。マイルの制限で、関空から国際便に乗るのだという。娘のいない間、ヨ […]
  • 日常診療に即した膵癌ガイドラインに 日本膵臓学会のホームページに『膵癌診療ガイドライン2016(案)のパブリックコメント募集』が載っています。まぁ、患者の立場から専門的なコメントなど出せるはずもないのですが、「癌E […]
  • がんの転移は、精神的なストレスを除くと抑えられるがんの転移は、精神的なストレスを除くと抑えられる 手術の前後での心理的なストレスが免疫機能に悪影響を与え、免疫力を低下させて癌転移を促進させるとしています。したがって、癌摘出手術などの強いストレスが起こる際には、なるべく精神的に […]
  • 消火器の点検消火器の点検 6月9日に外出先に電話がかかってきて、「火災報知器が鳴っている」と言われ、急いで帰ったことがありました。 消防と警察が二度も出動して、騒ぎになったのですが、幸い誤報 […]
  • ライフサイエンス辞書をマウスオーバーでライフサイエンス辞書をマウスオーバーで ライフサイエンス辞書オンラインサービスに「ライフサイエンス辞書(LSD)が5年ぶりに更新された」と書かれています。ATOKの拡張辞書である「LSD Plus 2010 for […]
  • 今日の一冊(20)『代替医療の光と闇』 アメリカの医療費はバカ高い。アメリカでの自己破産の6割はがん患者だという。日本のような国民皆保険制度を作ろうとしたオバマは、「社会主義的だ」との共和党の反対で不十分な改革 […]
  • ペンローズの量子脳理論ペンローズの量子脳理論 今年のノーベル物理学賞は、ブラックホールの研究に貢献のあったロジャーペンローズ氏ら3人に与えられました。 日本のマスコミでは、事前に騒がれた中村祐輔先生をはじめとして、日本 […]
  • 仮住まいの身で龍を飼っていた仮住まいの身で龍を飼っていた 昨日の福島原発1号機のタービン建屋の地下に貯まった汚染水のデータは、経済産業省・原子力保安院のページにありました。『(別添)福島第一原子力発電所1号機タービン建屋地下の溜まり水の […]
LINEで送る
Pocket

代替療法について考える” に対して5件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    あわてママさん。
    末期の膵癌に有効な民間療法は一つもありません。枇杷の葉温灸はやったことがないので分かりませんが、プラシーボ効果はあるかもしれません。
    末期のがんが治癒するということはほとんど有り得ません。QOLを維持しながら如何に余命を伸ばすかということが目標になるでしょう。奇跡的な治癒例がなくはないのですが、ご主人にそれが起きるかどうかは、分かりません。

  2. あわてママ より:

    とても元気な主人が、今日、検査入院。末期だと宣告されました。まだ、実感がわきません。有効な民間療法を探しています。琵琶葉温熱療法にかけたいと思いますが・・・

  3. キノシタ より:

    らんこさん。心配かけました。でもしばらく更新が滞るとは予告はしてあったのですよ。免疫力が高まるブログを目指していますので、これからもよろしくお願いします。
    陶さん。すごい読書力ですね。お仕事をしながらですか?
    私と共通する療法も多いですが、枇杷の葉温灸はやってませんね。
    私としては「こころ」の有りようが一番のカギのような気がしています。量子力学的なエネルギー場としてのこころが、チューブリンまたはアクアポリンにより免疫系に働きかけることがプラシーボではないか、というようなこともいずれ書こうかなと考えているのですが、まだまだ自分のなかでも曖昧ですので・・・。

  4. らんこ より:

    大好きな方が卵巣がんになってから、、、、癌や代替治療の事を書いているブログを色々と検索。
    その中で、貴方様のブログが一番ほっとします。
    私も6年前に大きな病気をしてから、生き方を変えました。
    はじめは大変でしたが!
    友人も貴方様のブログを読んで、生き方を変えれたら!なーと思ってます。
    3週間近くブログが更新されなかったので、心配していました。
    色々とマイペースで人生を楽しんで下さい。
    私は、ストレス軽減・粗食・生かされている事に感謝の毎日です!!

  5. より:

    久しぶりの更新ですね。通読させていただいての感想は、何よりも文章がすばらしい。使われているいくつかのメタファー(隠喩)も秀逸です。
    これだけの書き手はなかなか見当たりません。
    さて、本題ですが
    ・西洋医学は実体としてのBodyを対象とするが、あるステージを越えると途端に非力となる
    ・東洋医学は人間のBodyとMind(ときにSpirit)を融合させた治療を目指すが、中国4000年の歴史の蓄積と言えども
     説得力や説明力不足は否めない
    ・民間療法は詐欺商法まがいもの、弱みに付け込んだものも多く、さらに患者の主観的・個人的印象に基づくため
     信頼性に乏しい
    全くその通りだと思います。
    触発されて私自身が心がけていることを参考までに書かせていただきます。
    ・自然の旬の食べ物を摂取する(野菜と魚介類、キノコ類など)
    ・他者との心の絆を深め(人間・動物・ときに神仏)、ストレスと上手に付き合う
    ・深く行う呼吸法と少し汗をかく程度の運動を毎日続ける
    ・病を治そうとする前向きな姿勢、肯定的な想念をもつ、と同時に、そこに拘泥しすぎに自分なりの死生観を確立する
    総じて言えば、自然治癒力・自己免疫力を高めることとどんな事態になっても心の耐性と平静をたもてるようにすると
    いうことでしょうか。
    ☆ストレスを減らす
    ☆副交感神経の刺激(入浴、音楽、趣味、団欒)
    ☆笑い
    ☆和食中心の旬の素材を使った粗食と運動
    ☆ビターチョコ、ビタミンD、EPAを多く含む魚
    ☆補助化学療法(1年間続けるつもりです)
    ★漢方(補中益気湯、十全大補湯)・・・2万円分ほど購入、今は飲んでいません。
    ★サプリメント(MDフラクション、テコマイペ、フコイダン)・・・知り合いから勧められ7万くらい投資しましたが2ヶ月ほどで止めました。
    ★ビワ葉温熱療法、(鍼灸)・・・2ヶ月ほど続けました。今はたまにやる程度です
    ★ホメオパシー・・・今は2カ月おきに貰ってきて、それも思い出しついでに舐めてます。プラシーボ効果すら疑わしいかも、です。
    ★気功・・・ビデオを買って1週間だけ続けて休眠中です(笑)
    ★(免疫療法)・・・一時関心をもちましたが、治療も参加もしてません
    最後に。『正法眼蔵」「有時」の巻、読みました。田沼靖一氏の著作、4冊読みました。あと、ドーキンスとシンの著書も何冊か。
    ご教示、ありがとうございます。ついでに方丈記、徒然草、歎異抄、古今和歌集も一気に読みました。
    中国の古典も折に触れ読んでますが、やはり、古典はいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です