NK細胞の大きな可能性

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

少し前の記事ですが、「NK細胞の大きな可能性」がNetIBニュースに載っていました。

最近勝俣医師がTwitterでしきりに、リンパ球バンクのANK免疫細胞療法を批判しているのですが、

新聞社も減紙で経営が大変なんだね。との私の感想。ま、その広告とそれへの批判の当否は措いといて。

免疫細胞療法の中でもリンパ球バンクのものは一番費用が高いです。NK細胞の培養に手間と時間をかけているかららしいのですが、今回の記事によれば韓国の企業が数万倍の細胞を培養でき、しかも費用は格段に安くてすむ方法を発見したということのようです。

今まで免疫治療があっても、臨床データが不足し、標準治療としての地位は確保していなかった。しかし、免疫チェックポイント阻害剤が登場することによって再び免疫治療の可能性に全世界が注目している。

今まで免疫治療は活性が弱くなった免疫細胞を体外に取り出して活性を高めた後、体内に戻す治療が一般的であった。それもどちらかというと、攻撃力が高いといわれたT細胞が中心であった。ところが、がんに対する攻撃にはNK細胞が主役で、NK細胞が一番効果的であるという研究があって話題になっている。その会社は韓国のコスダックに上場している(株)ATGENである。

NK細胞は数億年の人類歴史の中で進化した細胞で、他の指示がなくても、自分で正常細胞とがん細胞を区別して攻撃できる細胞である。ただ、今までは、NK細胞だけを分離して培養する技術がとても難しく、殺傷能力もそれほど大きくなかったので、それほど注目をうけなかった。しかし、同社では、細胞培養に有利なえさを見つけ、細胞を数千倍から数万倍に培養することに成功した。それだけでなく、今までより10倍ほど殺傷能力を高めることにも成功した。増殖を増やすために、培地として高価なものを使う場合が多い中で、同社では、廉価な栄養素をみつけ、価格メリットも実現している。

同社の朴相佑(バク・サンウ)社長は、日本と韓国、米国で臨床試験を同時に進め、免疫治療剤を開発したいと言う抱負を明らかにした。同社で開発したNK細胞の場合には今まであまり効果のなかった固形がんにも効果があるし、免疫抑制作用を解除できる特徴も持っているという。

免疫チェックポイント阻害剤が大きな話題になったが、いざ適用してみたら適用対象が20%前後に過ぎない、副作用があるなどの問題も指摘されている。直接的で、一番仕組みの簡単なNK細胞だけに、その弱点を克服できたとしたら最も効果的な治療剤になる可能性は高い。同社では、がんの発症と密接な関係があるといわれているNK細胞の活性値を計るキットも開発して、全世界に発売している。

本当ならがん患者にとっては期待したい話しですが、さていつ頃実用化できるのだろうか。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 福島第一3号炉はプルサーマル燃料だ福島第一3号炉はプルサーマル燃料だ 今日爆発した3号炉は、プルサーマル燃料(MOX)を入れています。プルトニウムは猛毒。通常のウラン燃料ならともかく、プルトニウムが飛散すると大変なことになる。(17時現在、格納容器 […]
  • 7年目の検査 完全治癒宣言7年目の検査 完全治癒宣言 昨日は1年ぶりのがんの定期検査でした。 腫瘍マーカー、造影CT検査の結果は「異常なし」。いくつか正常範囲から外れた項目もありますが、極わずかであり問題なし。 先生 […]
  • 今日の一冊(24) 澤田瞳子『若冲』今日の一冊(24) 澤田瞳子『若冲』 伊藤若冲は、江戸時代中期の京にて活躍した絵師。若冲と腹違いの妹お志乃、それに義弟の弁蔵を中心に物語は展開する。弁蔵の姉お三輪は、若冲に嫁いだ2年後に自害するのだが、それを […]
  • ガンの患者学研究所 (3)ガンの患者学研究所 (3) 川竹氏は「人間はなぜ治るのか」の番組に大幅な追加取材をして、2年後に『幸せはガンがくれた』を出版しました。しかし、この本にはK病院関係者はすっぽりと抜け落ちています。それについて […]
  • パープルストライド 2017 (ガイドラインでは膵臓がんは治らない話)パープルストライド 2017 (ガイドラインでは膵臓がんは治らない話) 日比谷公園も幾らかは紅葉していました。まもなく本格的な紅葉が始まります。 トランプの来日で厳戒の警備体制で、どこもたくさんの警官がいます。晴天で少し風があるが暖かい […]
  • 道元の「生死」観:『正法眼蔵』がおもしろい 道元の『正法眼蔵』は難解だ。石井恭二や増谷文雄の訳を読んでもなんだか分かったようで、よく分からない。諸法の仏法なる時節、すなわち迷悟あり修行あり、生あり死あり、諸仏あり衆生あり。 […]
  • 鎌倉のアジサイ鎌倉のアジサイ 今日6月11日は、私の「がん記念日」。2007年の今日が、膵がんの疑いが生じた日であり、このブログを開設した日でもあります。あれから8年かぁ、あっという間だった気もするし、長かっ […]
  • 膵臓がん:知らないと損なこと膵臓がん:知らないと損なこと 9月21日の『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会での佐藤典宏先生の講演に は、大きな反響をいただいています。 YouTubeにアップしてありますが、新しい情報もた […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です