転移かな?

Pocket
LINEで送る


スポンサーリンク

先日会社の健康診断がありました。バリウムを飲んで胃と食道の検査もしたのですが、その結果が返ってきて、「食道下部 食道隆起性病変疑い」との所見が付いてきました。

最悪の場合のすい臓癌の転移を疑っているようで、心配です。何はともあれ精密検査を受診しなければならないです。そういえば最近食後に胃がもたれる気がしていました。手術の後遺症であろうと考えていたのですが、そうでないかもしれません。すい臓癌の場合は肝臓への転移が一番確率が高く、約50%の転移率です。リンパ節転移、血行性転移、腹膜(ふくまく)転移が続きますが、食道転移というのは調べた限りではあまり例がないようなので、あまり心配はしていないのですが・・・。

癌の転移については我々庶民は誤解をしているのだという記事があります。(患者さんの誤解)

乳がんの肺転移⇒肺がんではない、胃がんの肝臓転移⇒肝臓がんではない、ということです。

つまり癌組織が転移した場合、元の癌細胞の特徴を持っているので、肝臓転移したものは肝臓がんではなく、元の癌だし、治療も元の癌としての治療を行うのだということです。すい癌が肝臓に転移した場合は、癌組織が仮に小さくても、初期の肝臓がんではないということです。『先生、私の転移したがんはまだ小さいから大丈夫ですよね』ということはあり得なくて、小さい転移が見つかったということは、検査では見つからないがん細胞が全身に分布しているというわけです。

私のすい臓癌の場合、まずは肝臓への転移に気を掛けていますし、27日はそのためのCT検査も予定しています。

2000年には直腸癌を切除しているのですが、仮に今回のすい臓癌が直腸癌からの転移だったとしたら、これはラッキーだと考えることができますね。なぜなら直腸癌はもっとも治りやすい癌であり、すい臓癌は「足が速い」と言われるようにもっとも厄介な癌です。ただ、膵臓摘出後の組織検査の結果ももらっていますが、それには「すい癌の病変」と明確に書かれていたので、直腸がんの転移の可能性はゼロだろうと思います。残念ですが。

スポンサーリンク

このブログのお薦め記事

  • 定期検診定期検診 今日は3ヶ月ぶりの癌研での定期検診でした。CT検査はなしで、血液検査と主治医の診察だけ。 血液検査の結果は、ヘモグロビンA1Cの値が6.0で、正常値4.3~5.8を少し上回ってい […]
  • 退院後初の外来で再発の可能性を問う退院後初の外来で再発の可能性を問う 今日は退院後初めての外来受診でした。駅の階段の上り下りが結構堪えました。まだまだ体力が8割くらいしか回復していない感じです。 「先生、私は実はまだ手術後のご説明を聞いていな […]
  • 7年目の検査 完全治癒宣言7年目の検査 完全治癒宣言 昨日は1年ぶりのがんの定期検査でした。 腫瘍マーカー、造影CT検査の結果は「異常なし」。いくつか正常範囲から外れた項目もありますが、極わずかであり問題なし。 先生からは「 […]
  • 【必聴】死を前にして人は何を思うのだろう?【必聴】死を前にして人は何を思うのだろう? 転移したがんの多くは標準治療では治らない。抗がん剤治療も、生活の質(QOL)の維持と延命効果を期待して投与される。しかし、中には例外的に治癒あるいはがんとの共存が長く続く患者がい […]
  • 膵臓がんが消えた? ARISUさん膵臓がんが消えた? ARISUさん 1月8日の記事でちょこっと紹介したARISUさんの手術。無事に終わって一般病棟に帰ってきたようですね。お疲れさまでした。 ARISUの連絡帳『痛いが止まらな~い』 し […]
  • 転移ではなかった転移ではなかった サードオピニオンで四次元ピンポイントの放射線治療をする予定だったが、植松先生の提案でもう一度CTを撮ることになった。 昨年のすい臓がんを見つけたときにお世話になった山王の伊 […]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA