スポンサーリンク

35年目の別れ

LINEで送る
Pocket

35年間つきあった相手と別れました。妻と同じくらい長い付き合いでした。と、脅かすような書き出しですが、タンノイのスピーカを処分したのです。

タンノイのスピーカー Berkeley。買った当時は私もまだ20代の青年でした。私のクラシック音楽生活を、いつもどっしりと支えてくれた存在でした。当時、これもクラシック好きの同級生にピアノ協奏曲を聴かせたら、「こんな生のピアノらしい音のするステレオは聴いたことがない」と呆れていたものです。

買った当時は、昭和46年のスミソニアン協定で一ドル308円に切り下げられてあと、昭和53年の1ドル200円を切るまでの間ですから、250円くらいの相場だったのでしょう。なにしろ2台のスピーカーで50万円という価格でした。当時私のような青二才の月給は10万円に満たなかったはずです。もちろん私なんぞに買える金額ではない。事情があって弟が所有していたものを譲ってもらったという次第でした。

P1010161
良くも悪くも人生を共に歩んできたスピーカーです。愛着があります。さすがにエッジが破れて低音がぼこぼこと言い出し、ここ10年くらいは音出しをしたことがありませんでした。それでも捨てるに忍びなくいつかは修理をして、と考えていました。さすがは大英帝国。日本製とは違います。今でも修理ができるのです。2台のエッジ交換費用は4~5万円くらいだと電話で確認しました。しかし部屋も狭いし、このスピーカーの性能を十分に出し切ろうとしたら300ワットのアンプが必要です。(アンプはまだ現役で動作しているが)それと、処分しないとこれ以上本を購入しても置くスペースがないというジレンマに陥ったことです。

Yahooのオークションにジャンク品扱いで出品したら、40人くらいの方が入札に参加してくれました。おかげで結構な価格で落札されました。まだまだこのスピーカーの人気は衰えていないのですね。びっくりしました。

日本とヨーロッパの文化の違いを考えさせられます。中野孝次が「古都再訪」というエッセイで書いていることですが、第二次大戦の空襲で街全体が大きな被害を受けたドイツの都市、ニュルンベルクやドレスデン、中世の面影を残した田舎町のローテンブルクでさえも、古都保存条例にしたがって破壊される"前と同じ町並み"を再現させたのです。その再現方法は徹底していて、焼け残った建物と新しく再現した建物の区別がつかないほどであったと書いています。日本人なら新しい都市計画を作り、広い道路を通して全部四角いビルに建て替えてしまうところでしょう。実際に京都の町の破壊されようをみると、唖然とします。歴史のある京都の町だからということでアメリカ軍でさえ空襲の対象から外したにもかかわらず、戦後になって日本人自らの手で破壊しているのを見ることになろうとは。あの京都駅の街にそぐわない異様も不気味です。

古くても良いものはよい。長く使って壊れたら修理して孫子の代まで使う。スピーカーだけではなく、人生とは、生活するとはどういうことなのかという根本的な問題ですよね。大量生産・大量消費が日本の高度経済成長を支えたのでしょうが、その結果がこんな日本にしてしまった。100円ショップの品物で部屋をいっぱいにして満足している日本人。いや、労働者でさえ使い捨ての派遣労働。本当に、何が大事で、何が大事でないのか。「ブレニンは、人生でもっとも重要なものは、計算ずくでできるものではないことを。真に価値のあるものは、量で測ったり、取引できないことを教えてくれる。」根底から考え方を転換しないかぎり、日本の再生は有り得ません。坂本竜馬が見たら「こんな国にするつもりじゃ、なかったがやきに」と言うんだろうね。きっと。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 樹木希林の”全身がん”宣言樹木希林の”全身がん”宣言 樹木希林さんの「全身がん宣言」が週刊誌の話題になっていますね。3月8日に行われた『第36回 […]
  • 牛蒡子(ごぼうし)は膵臓がんに効果がある?牛蒡子(ごぼうし)は膵臓がんに効果がある? 2013年に、国立がん研究センターのプレスリリースに『化学療法不応の膵がんに対するGBS-01医師主導治験の患者登録を開始』がありました。 牛蒡子(ゴボウの種)から […]
  • 粒子線治療の新兵器粒子線治療の新兵器 膵臓がんの方でも重粒子線、陽子線治療を考えたり、期待している患者は多いです。 しかし、腫瘍が消化管に近かい場合は適用が難しいと断られることがあります。 粒子線はそのエ […]
  • 精神腫瘍学 保坂隆先生の講演精神腫瘍学 保坂隆先生の講演 この精神腫瘍学というのは、がんと心の関係、がんが患者や家族の精神にどのような影響を及ぼすのかということを研究する学問であると同時に、心の在り様ががんにどのような影響を与えるのかと […]
  • 免疫チェックポイント阻害薬で、逆にがん増殖速度がアップ免疫チェックポイント阻害薬で、逆にがん増殖速度がアップ 免疫チェックポイント阻害薬で治療を受けた消化器系の患者で、腫瘍の著しい増殖(超進行:Hyperprogression)が認められたそうです。 免疫チェックポイント阻害薬の使 […]
  • 医療と人工知能(AI)医療と人工知能(AI) 将棋やチェスの世界で人工知能が勝ち続けて「王者」になって話題です。医療の分野でもIBMのワトソンのように、医師を補助する人工知能が注目されてきましたが、さらに、医者に代わ […]
  • 雙脚 等閑に伸ばす雙脚 等閑に伸ばす 台風4号の影響で朝から雨だ。若洲海浜公園と対岸の中央防波堤埋立処分場にある3基の風力発電の風車も勢いよく回っている。 今日は腰痛は少し楽になったようで、気分がよい。少し細くなっ […]
  • MONSTAR-SCREEN 参加施設のページが更新MONSTAR-SCREEN 参加施設のページが更新 4月1日付で、国立がん研究センター東病院の、遺伝子パネル検査、リキッドバイオプシー検査のできる病院の情報(MONSTAR-SCREEN […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です