ウルフキラー、これで決定

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

celloの記事が少なすぎますね。頑張らねば。がん関連のできごとが多くて、そのことを書くだけで精一杯。書くためには調査と検討が必要なのは言うまでもありませんから、一介の、家族の生活を抱えて仕事を続けているがん患者には結構な負担です。がんは、知れば知るほどわからないことが増えます。このブログの記事も鵜呑みにはせず、ご自分で検討するための参考程度にしてください。

最近、BSで堤剛さんが久々にNHK交響楽団と共演したドボルザークのチェロ協奏曲を聴きました。堤剛さんと言えば”ドボチェロ”と言うほど有名ですよね。私も一枚CDをもっています。この日の演奏には「最悪の演奏」とか、「ベートーベン」のようだとの辛い評価もありますが、それはさておき、テレビの画面を見ていると、チェロのG線、駒とテールピースのほぼ中間点に小さなウルフキラーが付けられていました。

私のチェロですが、1月12日に書いたピュア・ブリランテをウルフ・エルミネーター(こちらは made in Austriaです)に代えて試してみました。どうやらこちらの方がよい。G線とD線の両方に付けてみましたが、これは逆に音がこもったようになり断念。写真のようにG線の駒寄りに付けた状態が一番効果がありました。結局堤剛さんと位置は少し違いますが、ほぼ同じ大きさのウルフキラーを同じ弦に付けることになりました。「軽いウルフキラーがよい」というチェロの力学の仮説が正しいように思います。

P1010496

レッスンは今年からフンクのアダージョに入っています。チェロ4重奏曲で和音の素敵な曲ですが、第4パートの指使いがいちばん紛らわしい。こんな曲です。

3月20日にはヤマハのアンサンブル・ホリデーがあります。曲目は「魔女の宅急便」より「海の見える街」とモーツアルトの交響曲第41番「ジュピター」の第1楽章。バイオリンとチェロのポップス・アンサンブルですが、楽譜が届きました。バイオリンは大変そう。チェロはまだましですが、何カ所かにハ音記号(テノール記号)があります。高音部の攻略が課題になりそうです。更に今年は青色申告に挑戦しています。「やよいの青色申告」を使ってデータはほぼ入力したのですが、これからチェックと決算書の作成、確定申告の提出と毎年のことですが、多忙です。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • NHKスペシャル「日本のがん医療を問う」NHKスペシャル「日本のがん医療を問う」 土曜日のNHKスペシャルは「日本の元利用を問う」。がん基本法が制定されて5年、がん医療は少しは良くなったのか? がん登録が実施されていないので、施設をまたがって治療を受けるような […]
  • ロハス・メディカルの「患者・家族との意見交換会・傍聴記」ロハス・メディカルの「患者・家族との意見交換会・傍聴記」 ロハス・メディカルの「国立がん研究センター 患者・家族との意見交換会 傍聴記」がおもしろい。 「がん対策推進基本計画」の記載に基づき厚生労働、文部科学、経済産業の 3 […]
  • がん告知後 1週間内、自殺による死亡リスクが12.6倍 アピタルに坪野吉孝氏の『「がん」と診断、自殺や心血管疾患のリスク高まる』との記事が載っています。スウェーデンでの調査ですが、がんと診断されたグループは、「自殺により死亡するリスク […]
  • 中川恵一 × 近藤誠 (1)中川恵一 × 近藤誠 (1) 私が東京新聞に変えてのは3.11の前だが、NHKニュースや朝日などの全国紙の鑑定垂れ流しの記事を読むよりはずっと精神的に良い。首都圏に住んでいるのなら、新聞は東京新聞に変えること […]
  • やはりイレッサは「薬害」だやはりイレッサは「薬害」だ 雨上がる 来週のアンサンブルホリディー2011も迫ってきたので、ブログを書く暇を惜しんで練習しています。低音部が多く太い弦を押さえるために、左手の小指にはチ […]
  • ガンの患者学研究所 (2)ガンの患者学研究所 (2) 「転移はがん細胞が弱った証」という安保徹氏の論理は、ホメオパシーの「好転反応」と同じです。レメディを飲んでいて症状が悪化したとき、「それはよくなる前に一時的に悪化することがあり、 […]
  • 『がんと一緒に働こう』 CSRプロジェクト編纂の『がんと一緒に働こう!―必携CSRハンドブック 』が出版された。櫻井なおみさん他がんサバイバーの方が協力して編纂したもの。 がんになったとたんに命 […]
  • がん哲学がん哲学 「がん哲学」という聞き慣れない言葉を最近知った。順天堂大学医学部教授、 樋野興夫氏の造語だという。 先日放映されたNHKスペシャル『立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です