スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第11回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年10月10日(日) 13:00~15:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】無料
【定 員】30名
【内 容】患者さん同士の交流会のみの開催です。迷っていること、気になることなど、同じ病気の仲間と気軽におしゃべりしましょう。

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

甲状腺がんの超音波検査結果

甲状腺がんの疑いがあるといわれて、今日は超音波検査の結果を伺いにがん研に行ってきました。まだこの時点では、私の手術をしていただいた肝胆膵外科部長のS先生です。

検査目的:膵がん術後の経過観察によるCTで甲状腺に低濃度腫瘤を認めた。
所見:左葉下部に17×14×12mm大の嚢胞(のうほう)性結節を認める。内部エコーを認め、一部血流が観察される。CTで指摘されていた病変と思われる。左葉上部に点状高エコーを伴う6×5×4mm大の不整形低エコー結節を認める。内部および辺縁に血流信号が観察される。その他、両側葉に楕円形の結節が多発している。

頸部リンパ節に明らかな腫大を認めない。

診断:腺腫様甲状腺腫(左葉上部の微小結節については、乳頭癌も否定できない)

という結果でした。

甲状腺がんでは非常に有名な伊藤病院のサイトには、「腺種様甲状腺腫」について次のように書かれています。

甲状腺の腫瘍は、良性と悪性、さらに腫瘍とよく似た「過形成」という状態がありに分類されます。過形成は正常組織と同じように細胞が増殖したもので、良性です。

腺腫と似た変化を起こすもの(過形成): 腺腫様甲状腺腫
    典型的な腺腫様甲状腺腫では、左右の甲状腺に大小さまざまな大きさのしこりがいくつかできます。このしこりがたくさんできると、外見上はくび全体が大きくはれたように見えます。
    腺腫に比べると大きなものが多く、なかには鎖骨より下の胸の方まで入り込むもの(縦隔内甲状腺腫)もあります。
    この病気は本来良性ですが、時には一部にがんが含まれていることがあります。したがって、きちんと鑑別診断を受けることが大切です。また日本では少ないですが、長い間放置すると甲状腺機能が亢進することもあります。

S先生:まぁ、ほとんど心配ないですね。

私:ええ、ぜんぜん心配していません。仮に乳頭がんであったとしても10年生存率は98%ですから、すい臓がんに比べたら風邪をひいたようなものでしょう。

先生:たまに15年ほどして悪性になることもあるようです。私も以前は甲状腺がんの手術をしていましたが、最近は遠のいているので、よく分からないこともある。念のために頭頸科の先生を紹介しましょうか。その上で細胞診をするかどうか判断してもらえば良いでしょう。

私:15年後なんて、天寿を全うしていますよ。過剰診断の可能性も否定できないですよね。でも、見つかった以上最後までキッチリと確認しておきます。

先生:心配しすぎないように念押ししておこうと思ったけど、キノシタさんはよく勉強しているからその必要もなさそうですね。

ということで、来月にがん研で「院内セカンドオピニオン」となりました。膵癌とは違い、対応もスローです。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • サイモントン療法とは?(9)サイモントン療法とは?(9) 知っておいてください。 がん細胞というのは、いまだかつて正常細胞を攻撃したことが一度もないのです。 がん細胞というのは、ただ単に増殖していって、体に広がっていくだけのものなの […]
  • 白根山噴火-日本列島は火山の活動期白根山噴火-日本列島は火山の活動期 白根山(正確には本白根山)が噴火して、1名の自衛隊員の方が亡くなりました。 白根山は火山性微動が観測されて、何年か前にも立入禁止でしたが、元白根山については、そうした兆候はなく […]
  • 秩父・長瀞、桜山公園。温泉と紅葉撮影の旅:その1秩父・長瀞、桜山公園。温泉と紅葉撮影の旅:その1 土日に秩父・長瀞に行ってきました。がん患者には温泉はやっぱりいいですね。心が癒されます。加えてきれいな紅葉を見ることで「今年の紅葉も見ることができた」と、また来年の紅葉も見たいと […]
  • 定員増やしました。10/18 『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会とZoom入門セミナー定員増やしました。10/18 『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会とZoom入門セミナー <私事ですが、本日退院しました。大腸のポリープを17個切除してきました。> 開催までまだ日にちがありますが、残りの席が少なくなってきたので、定員を10人増やして30 […]
  • 「低用量抗がん剤治療」は『偽善の医療』か? 山崎豊子「白い巨塔」の二人の主人公は財前五郎と里見脩二。二人とも架空の人物であるがWikipediaに載っているのだから、この小説の人気が分かろうというもの。里見脩二には一回り以 […]
  • 一粒の種 一粒の種 中島正人 砂川恵理歌 よしもとアール・アンド・シー  2009-02-18売り上げランキング : 13193おすすめ平均  […]
  • 今日の一冊(38)『がんでも長生き 心のメソッド』今日の一冊(38)『がんでも長生き 心のメソッド』   精神神経免疫学(PNI)という分野があります。このブログでも何度か触れていますが、がんと心の関係を研究する分野です。二つの特徴があります。一つは、がんにな […]
  • 直腸がんの検査を受けました直腸がんの検査を受けました 10年前に手術をした直腸がんで、毎年術後の定期検査を受けていたのですが、2年前の検査は膵臓がんになり入院していたため受けることができませんでした。予後の悪い膵臓がんになった時点で […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です