小樽の宿

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

最終更新日

今回の北海道旅行、宿は結構贅沢しました。飛行機代は娘持ち。JALのマイルが期限切れになりそうというので、それを使っての旅行です。で、宿は贅沢しようかと選んだのが、朝里川温泉にある、小樽旅亭「蔵群」。オーナーが「居心地の良い宿」をめざしたというだけあって、贅を尽くしているが、それが嫌みではない落ち着いた雰囲気を醸しています。

N/ 藏群は高級和風を目指したのでしょうか?
主/ あ、それはちょっと違います。
高級そうな素材を使い、どうだと言わんばかりの広い部屋ではかえって疲れる。人間には丁度いい空間というモノがあります。そこで過ごす心地いい時間、それを提供したかった。
でもそれはどの教科書にも載っていない。人それぞれ価値観は違うんだから答えがあるはずがない。でも日本には名旅館と言われる宿があり、中には数百年の歴史ある宿もある。そんな宿も含め泊まり歩いて確信したのは「贅沢は飽きる、心地よさは飽きない」ことでした。
その体験からしっかり刻んだのは心地よさの感覚です。こればかりは数字にも言葉にもできない。だからこそ藏群だけのお客様を引きつける価値が創れたと思います。

「世界最大級の旅行サイト「トリップアドバイザー ホテルアワード2015」において、トラベラーズチョイス ベスト小規模ホテル賞を受賞しました!」らしい。

蔵をイメージした外観は黒で統一されシンプルです。

Kuramure006

チェックインすると、喫茶室に案内されお抹茶が出てきました。

Kuramure001

有名な?彫刻家などの作品がさりげなく置かれています。

Kuramure002_2

Kuramure007

まだアジサイが咲いていた。北海道は今がアジサイの時期なんですかね。

部屋は川に面した和洋室。部屋にはテレビを置いてなくて、希望すれば出してくれます。こうでなくては。旅行に来てまでくだらないテレビを見る必要はない。のんびりと何もしない時間を過ごすのが一番の贅沢です。調度品もさりげなく良いものを使っています。テーブルも削り出したままの一枚板。いまどき一枚板のテーブルは貴重です。

部屋のアメニティはBULGARI。大浴場に置いてある香水もイタリア製のアッカカッパでした。BULGARIは3人分小分けにしてあって、持ち帰り自由。しかし「お父さんには値打ちが分からんから要らんでしょ」と、私の分は妻に取られた。

Kuramure004

Kuramure010

楽天のポイントが3万円ほどあったので、それを使って最高級の部屋を選びました。う~ん、それでも一人28,000円。
しかし、この宿の特徴が「ドリンクフリー」

食事のときのアルコールも部屋の冷蔵庫のビールなども、バーで飲むカクテルも、喫茶室でいただくコーヒーも、すべて宿泊費に含まれています。冷蔵庫の飲み物がなくなると、注文すれば運んでくれます。飲んべえには嬉しい宿です。

私はまず、竹鶴の12年、地元の焼酎で、男爵芋の焼酎「ピリカ伝説」、ミルクホエーの焼酎「ミルク酒」を。ミルク酒というから白いのかと思ったが、まったく普通の焼酎と変わりません。

料理も旨かった。酒も旨かった。数千冊を治めた図書室のような部屋もあった。古き良き時代のレコードをかけてのんびりできるオーディオルームまである。もちろんレコード針をそっと降ろしてターンテーブルを回すというタイプ。しびれます。

Img_0948

Kuramure015

Kuramure017

ホアグラを牛肉で包んであった。

Kuramure012

Kuramure013

Kuramure018

バーは、夜になるとほぼ満席、娘は2時間もいてカクテルを4杯飲んだ。「もとを取ってきたよ」と貧乏くさい自慢をする。

Kuramure005

温泉はもちろん源泉掛け流し。広々とした内湯と露天風呂。美味しい料理目当ての女性客が多いとのことで、男湯は数人にしかあわなかった。湯上がりにアッカカッパのフレグランスをつけてはみたけど・・・。私には値打ちが分かりません。

今回の北海道旅行で使った金は3人で11万円也。また来たい宿だけど、まぁ無理か。

翌日は早めに宿を出て、美瑛へ。まずは「青い池」をめざします。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 大雪・温泉・河津桜大雪・温泉・河津桜 土日にかけて伊豆への一泊温泉旅行。御殿場に近づくにつれて雪が激しく降り出してきました。東名を沼津で降りて、沼津港の魚市場にある「魚がし鮨 […]
  • 三島と修善寺で一泊旅行(2)三島と修善寺で一泊旅行(2) 修善寺に旅、二日目。朝風呂に入ってから宿の周辺を散策。桂川沿いの竹林の小道や川に架かる赤い橋が修善寺の見所。 43歳の夏目漱石は、修善寺の菊屋旅館に […]
  • 三島と修善寺で一泊旅行(1)三島と修善寺で一泊旅行(1) 8、9日と夫婦と娘三人で伊豆への一泊旅行でした。 ゆっくり出発したら東名が渋滞しているので、横浜経由で横浜町田ICまで。昼食の蕎麦や「砂場」をめざします。大きな渋滞もなくほ […]
  • ひたち海浜公園のネモフィラひたち海浜公園のネモフィラ 昨日は5時出発で、ひたち海浜公園のネモフィラを見に行ってきた。 2014年4月13日に一度来ている。→「ひたち海浜公園の水仙とネモフィラ」 時間的にゆっくりと撮れた3 […]
  • 京都紅葉の旅・まとめ(1)京都紅葉の旅・まとめ(1) 京都の紅葉の旅。20ヶ所の神社仏閣を回りました。 レンタサイクルだから、効率よく回れたが、地下鉄やバスではこうはできなかった。 予定していたが、永観堂禅林寺、赤山禅院、光 […]
  • 京都3日目は・・・京都3日目は・・・ 加茂川は北から南に流れている。京都は北の方が標高が高い。金閣寺と当時の五重塔の先端が同じ標高だという。 今日は金閣寺近くの宿からさらに北へ、迷いの窓と悟りの窓で有名は源光庵 […]
  • 若冲展と南禅寺へ若冲展と南禅寺へ 若冲の絵には生命のダイナミクスと多様性、輝いている命とやがて死んでいく命が細部にまで克明に描かれていている。雄鳥は発情し、虫に食われた笹も描かれている。 若冲を介して老子と生命 […]
  • 拾った命で9年目の京の旅拾った命で9年目の京の旅 京都は8年ぶりです。術後6ヶ月のころの2007年に嵐山と嵯峨野を6時間くらい歩き回ったのでした。宝厳院の紅葉ライトアップが素晴らしかったなぁ。もう京都には再び来ることはなかろうと […]
LINEで送る
Pocket

小樽の宿” に対して1件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    ゆかさま。
    下手な抗がん剤よりも、ゆったりと温泉に浸かって何も考えない時間を過ごすのが、よほど効果があります・・と、多くのがん専門医が言っています。

  2. ゆか より:

    こう言うのを本当の心贅沢と言うのでしょうね。
    羨ましい^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です