スポンサーリンク

こむら返り対策にスクワット

LINEで送る
Pocket

最近、またこむら返りが頻繁に起きるようになった。下半身が冷えているのか、夜中に布団から足が出ていると起きやすいようだ。

先日内科の先生から、こむら返りに効果があるという芍薬甘草湯を処方されたので寝る前に服用している。少しはましになった気がする。

しかし、基本は薬に頼らず運動と食事で治すことだ。体重も減ってきているので、多分筋肉量が落ちているのだろう。これは年齢とともに致し方のないことかもしれない。

ロコモ対策として、スクワットを取り入れることにした。散歩も良いのだが、下半身の大きな筋肉を一度に鍛えるにはスクワットが良いそうだ。

慶應義塾大学病院スポーツ医学総合センターの長野雅史先生は、「メタボの人は、筋トレで筋肉を収縮させると、有酸素運動と同じぐらい好ましい効果が得られる」と話します。筋トレは血糖値や血圧を下げる効果のほかに、基礎代謝量の増加、骨粗しょう症や変形性関節症の予防などにも貢献するといわれています。

長野先生がお薦めする筋トレは、手軽にできるスクワットです。特別な道具を使わなくても、正しいフォームを意識して継続すれば、十分な効果があるといいます。「少ない筋トレで多くの健康効果を得るには、できるだけ一度に大きな筋肉を動かすのがいい。スクワットは体の中で最も大きい下肢の筋群が鍛えられます」。

トレーニング方法(PDF)ダウンロード

スクワットと片脚立ちを毎日続けることで、ロコモトレーニングになる。

Locotre

これから梅雨の季節、散歩に行かれないときにもスクワットなら室内でできる。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 「全ゲノム検査」に期待する「全ゲノム検査」に期待する 免疫チェックポイント阻害薬もCAR-T療法も、T細胞免疫の力を借りているわけですが、欠点としては腫瘍特異的ではないこと。つまりがん細胞にだけ攻撃をするのではないので、この点の研究 […]
  • 運動すればがんの成長を抑えることができる運動すればがんの成長を抑えることができる ランニングなどの運動により、ナチュラルキラー細胞が活発化し、がん細胞などの腫瘍の増殖を抑制できる可能性が、マウスによる実験で示されました。毎晩4km~7km走ったマウスの免疫系統 […]
  • 必見!「市民・科学者国際会議」資料必見!「市民・科学者国際会議」資料 昨日12日に東京・渋谷で開催された『市民・科学者国際会議:放射線による健康リスク~福島「国際専門家シンポジウム」を検証する~』の会議資料が市民放射線測定所のウェブにアップされてい […]
  • 地震 今までは、たまたまおとなしかっただけ地震 今までは、たまたまおとなしかっただけ 前の記事を書いてアップしようとしたところで、M7.3の地震。震度4におどろいて、電源が落ちる前にと、急いでアップした。幸い大きな津波もなかったが、3日くらいはより大きな地震を警戒 […]
  • ペプチドワクチン講習会 市民のためのがん治療の会ペプチドワクチン講習会 市民のためのがん治療の会 「市民のためのがん治療の会」のことは、このブログでもたびたび取り上げています。福島原発事故以来、北海道がんセンターの西尾院長の活躍もこのサイトでご存じのことかと思います。 この会 […]
  • 腰痛で歩けない!治りつつあるけど腰痛で歩けない!治りつつあるけど まるで80歳のよぼよぼ老人みたいです。 とにかく、下半身が痛くて歩けない。5分とダメです。 パンキャンのウィーキング当たりから、だんだんひどくなってきて こりゃ、やっぱ […]
  • 父の膵臓がんには間に合わなかったが・・・父の膵臓がんには間に合わなかったが・・・ 楽天の三木谷会長が、光免疫療法に対する熱い思いを語っています。 試験管や動物実験ではうまくいっても、人間に適用したら必ずしもうまくいかない […]
  • 糖尿病患者の75%が重症低血糖を知らない糖尿病患者の75%が重症低血糖を知らない 14日は、国際糖尿病連合とWHO(世界保健機関)が制定した世界糖尿病デーでした。 膵臓がん患者にも、インスリンやインスリンの分泌を促す薬を服用している患者は多いでし […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です