医師で僧侶で末期膵臓がんの田中さん

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

3月の誕生日を迎えることは難しいと言われていた、医師で僧侶で末期膵臓がんの田中雅博さん。まだ死にそうにないから、「少し伸びたいのちの使い方」を語っています。

  • 「抗がん剤が効かなくなったら、延命治療は終わりです」
  • なぜ「いのちの苦しみ」が生まれるかというと、「自分に対するこだわり、があるからだ」とお釈迦様は言っています。
  • 自分の人生がどんなものであったとしても、そこに価値を見出して「自分の人生の物語」を完成させる。そして、そこにいのちょり大切なものを見つけることができれば、いのちの苦しみ」は緩和できるのです。
  • いのちの苦しみは病院では聞いてくれないので、月に1回の患者と家族の会を設けて、私は聞き役に徹している。みなさん、そうした人を探しているのです。

Photo

旧『すい臓がんカフェ』(現在は『膵臓がん患者と家族の集い』)がそういう場になれれば良いなと思っています。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • がん免疫療法、これは喜劇か怪談かがん免疫療法、これは喜劇か怪談か 免疫細胞療法 週刊現代が、がん免疫療法の批判記事を第1弾、第2弾と出して話題になっていますね。 第1弾では、免疫細胞療法の最大手、瀬田クリニックグループがやり玉に挙が […]
  • 参加しませんか。PanCafeへの登録は簡単です参加しませんか。PanCafeへの登録は簡単です PanCafeへの参加は簡単です PanCafeは、膵臓がん(pancreatic […]
  • 今日の一冊(95)『がんになっても心配ありません』今日の一冊(95)『がんになっても心配ありません』 がん研有明病院の先生方が執筆している本です。がん研有明という病院の特徴を紹介しながら、最新のがん治療、がんと付き合うための知識を紹介しています。 この手の本は教科書 […]
  • 吾が生既に蹉蛇たり吾が生既に蹉蛇たり 癌研有明へ。 夏休みのせいか、お台場付近は交通渋滞のため、臨海トンネル・中央防波堤外側埋立地・第二航路海底トンネルと、あまり知られていない抜け道ルートで病院へ。 […]
  • 桜の甲州路、写真の旅(1)桜の甲州路、写真の旅(1) 桜の時期が来ると、さて今年の桜はどこに行こうかと思い巡らすのだが、実際には、休みの取れる日に見頃になっているところを探すことになる。今年は長野あたりかと考えていたのだが、開花が予 […]
  • 今日の一冊(134)『お茶の科学』今日の一冊(134)『お茶の科学』 お茶には強力な抗酸化作用があることが知られています。抗酸化作用によってがん細胞を死滅させることができます。 このブログでは何度も […]
  • 今日の一冊(127)『緩和ケア医が、がんになって』今日の一冊(127)『緩和ケア医が、がんになって』 緩和ケア医の大橋洋平さんは、ある日大量の下血で胃の上部にジストが見つかります。gist(消化管間質腫瘍)は10万人に1人という希少がんです。 ジストの中でも […]
  • 食事とがんのリスクはまったく関係がない(AACR)食事とがんのリスクはまったく関係がない(AACR) 【追記あり】 前回の記事にも食事療法のことを書いたばかりですが、全米癌研究学会(American Association for Cancer […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です