ブックストッパー どれが使い勝手がよいか

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

お茶を飲みながら読書をしたり、本の内容をブログに書き写すときなどに重宝するのが、ブックストッパーです。

キーボードに入力するときには、両手で本を押さえておくことができないので、文鎮などを利用しますが、ブックストッパーがあると便利です。

これまでもいくつかのブックストッパーを使ってきましたが、どれも一長一短です。

お薦めは、フリップクリップとBookBax-mini

フリップクリップ ブックホルダー ブルー 14151

フリップクリップ ブックホルダー ブルー 14151

1,650円(04/08 07:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

① ブックストッパー

これは右の白い部分が鉄製のおもりになっています。2009年に2個買って、本の左右を押さえて使っていましたが、黒い部分がプラスチックなので、劣化して折れてしまいました。ま、8年も使えれば文句を言うべきではないかもしれません。864円×2ですから、1700円くらいの出費になります。

② ページホルダー

こちらは文庫本などではよいが、ハードカバーの装丁がしっかりしている本では、開いたページが綴じてしまいます。おもりが軽すぎるのです。

③ フリップクリップ

いまいちばんのお気に入りです。軽い、強力な押さえでしっかりと安定しています。ページを繰るのがちょっとコツが要ります。

反対側から見るとこうなっています。


スポンサーリンク

ハードカバーでも、両手を離しても閉じたりはしません。

10年以上のロングセラーを誇るアメリカ製です。色も6色あってお気に入りを選ぶことができます。私は渋めのグレーを選択しました。

④ ブックスタンド (販売終了?)

こちらも長年使ってきたものですが、最近は出番が少ないです。使用するまでに準備工程があるので、煩わしくなりました。

押さえのプラスチックが、透明なんですが、読むのに邪魔になります。

⑤ BookGem

③のフリップクリップと似ています。書見台としても、スマホやタブレットにも使えます。3000円ほどと、少々高いのが難点です。押さえのバネも強力です。

⑥BookBax-mini

BookGemの小型版ですね。こちらもなかなか使い勝手がよいです。

本を挟むアームの機構はBookGemもBookBax-miniもバネ。BookGemは片手でアームを挟み引っぱるのに対して、BookBax-miniはレバーを押すしくみ。「押す」方が小さな力で済みますね。

これを開発したのはカリブ海・バハマ諸島生まれの読書大好きな女性、アマンダ・エヴァンスさん。ビーチやお風呂、トレーニングマシンを使いながら、あるいはランチを食べながら、楽に読書が楽しめるグッズが欲しい。いろいろ探したけれど、ピッタリの製品がみつからない・・・ってんで、自ら試作しちゃったそうです。

ブックジェム 書見台 コンパクト 14011

ブックジェム 書見台 コンパクト 14011

2,970円(04/08 07:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です