がん性悪疫質にアナモレリンが効果


Pocket
LINEで送る

先週、神戸で開催された「第16回 日本臨床腫瘍学会学術集会」で、がん性悪疫質に関する発表がありました。

『消化器がんに伴うがん悪液質患者におけるONO-7643の有効性及び安全性を確認するための多施設非盲検非対照試験』

スイスのヘルシン社が開発し、日本では小野薬品工業が販売権を持っているグレリン受容体作動薬Anamorelin(アナモレリン)/ONO-7643は、非小細胞肺がんに対する第3相試験で、除脂肪体重と体重の増加、倦怠感の軽減および症状の改善が示されています。

今回は、これを日本の消化器がんの患者50人に対して行った対照試験で、杏林大学医学部付属病院の古瀬純司医師から報告されました。

  • がんによる食欲不振/悪液質症候群は、多くの進行期がん患者で発現する
  • 既存の有効な治療法は確立されていない
  • アナモレリンは、「空腹ホルモン」と言われているグレリンに類似した構造を示しており、タンパク合成の増進と筋肉量の増加が期待できる
  • 大腸がん40名、胃がん5名、膵臓がん5名の系50名が参加した
  • 49名のうち31名(63.3%)において除脂肪体重の減少が認められなかった
  • 膵臓がん100%(5/5名)で除脂肪体重の減少が認められなかった
  • グレード3の有害事象では2型糖尿病が3名認められている

非小細胞肺がんでの試験でも、5.3%の患者に高血糖の有害事象が生じています。消化器がんでも同様の結果が出ました。

がん性悪疫質に対する有効な治療法として期待できます。

がん患者の多くは”餓死”している

と、以前の記事で東口高志医師の書籍を紹介しましたが、

がん患者がアナモレリンを使えるようになるには時間がかかるでしょうね。

悪疫質に対する有効な治療法がない現状でも、ビタミンB1、コエンザイムQ10、L-カルニチン、BCAA(必須アミノ酸のうちバリン、ロイシン、イソロイシンを指す)、クエン酸や、著者らの開発した栄養剤GFOについても紹介されています。

20160716_16_27_49

がんと闘う、たくさんの仲間がいます。応援お願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • NHKスペシャル『働き盛りのがん』 12月29日(土)21:00から、NHK総合テレビでのNHKスペシャル『働き盛りのがん』(仮題)に、樋口強さんがスタジオトークで参加されるようです。内容はドラマ仕立てのようですが […]
  • 緩和ケア「想定外のことばかり」緩和ケア「想定外のことばかり」 今年も沢山ご訪問くださり、ありがとうございました。来年は膵臓がんに、免疫チェックポイント阻害薬「キイトルーダ」が使えるようになり、光免疫療法の治験が始まる、そのような初夢 […]
  • ゲノム・シークエンス―世界の趨勢に遅れているゲノム・シークエンス―世界の趨勢に遅れている 先の記事「プレシジョン・メディシンのまとめ」の続きです。 前回の記事を書いたあと、遺伝子解析に関して調べてみたが、どうにも納得できない点がいくつかある。 全ゲノム […]
  • 笑いでがんを治す笑いでがんを治す 産経にこんな記事が載っていました。 大阪府立成人病センター(移転、改称して「大阪国際がんセンター」となる)が吉本興業などの協力を得て、月2回程度、漫才や落語 […]
  • エビデンスだけでがん治療ができるのか?(9)エビデンスだけでがん治療ができるのか?(9) 著名な腫瘍内科医が「エビデンス(科学的な根拠)のない治療を患者に行うことは倫理に反する。ニュルンベルク綱領やヘルシンキ宣言に反する人体実験だ」などと述べています。確かに巷の一部の […]
  • 今日の一冊(60)『抗がん剤治療の正体』 抗がん剤治療の正体 (ベスト新書) posted with ヨメレバ 梅澤 充 ベストセラーズ […]