がん性悪疫質にアナモレリンが効果

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

先週、神戸で開催された「第16回 日本臨床腫瘍学会学術集会」で、がん性悪疫質に関する発表がありました。

『消化器がんに伴うがん悪液質患者におけるONO-7643の有効性及び安全性を確認するための多施設非盲検非対照試験』

スイスのヘルシン社が開発し、日本では小野薬品工業が販売権を持っているグレリン受容体作動薬Anamorelin(アナモレリン)/ONO-7643は、非小細胞肺がんに対する第3相試験で、除脂肪体重と体重の増加、倦怠感の軽減および症状の改善が示されています。

今回は、これを日本の消化器がんの患者50人に対して行った対照試験で、杏林大学医学部付属病院の古瀬純司医師から報告されました。

  • がんによる食欲不振/悪液質症候群は、多くの進行期がん患者で発現する
  • 既存の有効な治療法は確立されていない
  • アナモレリンは、「空腹ホルモン」と言われているグレリンに類似した構造を示しており、タンパク合成の増進と筋肉量の増加が期待できる
  • 大腸がん40名、胃がん5名、膵臓がん5名の系50名が参加した
  • 49名のうち31名(63.3%)において除脂肪体重の減少が認められなかった
  • 膵臓がん100%(5/5名)で除脂肪体重の減少が認められなかった
  • グレード3の有害事象では2型糖尿病が3名認められている

非小細胞肺がんでの試験でも、5.3%の患者に高血糖の有害事象が生じています。消化器がんでも同様の結果が出ました。

がん性悪疫質に対する有効な治療法として期待できます。

がん患者の多くは”餓死”している

と、以前の記事で東口高志医師の書籍を紹介しましたが、

がん患者がアナモレリンを使えるようになるには時間がかかるでしょうね。

悪疫質に対する有効な治療法がない現状でも、ビタミンB1、コエンザイムQ10、L-カルニチン、BCAA(必須アミノ酸のうちバリン、ロイシン、イソロイシンを指す)、クエン酸や、著者らの開発した栄養剤GFOについても紹介されています。

 

20160716_16_27_49


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • セシウム137の体内放射能(2)セシウム137の体内放射能(2) 食品の新基準値 厚生労働省の「食品中の放射性物質に係る新たな基準値について」によれば、新基準値を決めるに当たり、もっとも厳しい年齢層である13~18歳男性の限度値:120B […]
  • 糖尿病治療薬が膵がんのリスクを高める がんナビに報道された記事によると、糖尿病の治療薬であるメトホルミンが、糖尿病患者の膵がんリスクを低下させることを示す、米テキサス大学M. […]
  • 南相馬の和牛から高濃度のセシウムを検出南相馬の和牛から高濃度のセシウムを検出 玄侑宗久さんの言ったことが本当になってきました。6月14日に「牛が殺処分されるなら、同じ内部被曝した福島県民は」で玄侑さんの「緊急提言」を紹介しました。「大袈裟に言えば、内部被曝 […]
  • 治療歴のある転移性膵癌を対象にリポソーム化イリノテカン注射剤が米国で承認治療歴のある転移性膵癌を対象にリポソーム化イリノテカン注射剤が米国で承認 期待が膨らむニュースなのでコピペ。わずか2ヶ月の延命ですが、GEMに耐性ができたときのセカンドラインとしてエビデンスが出てきた。 『治療歴のある転移性膵癌を対象にリポソーム化イリ […]
  • この方も声を上げているこの方も声を上げている 拡散してほしいと書かれているので、長尾和宏医師のブログです。
  • 膵管破裂一歩手前だった! 膵臓ガンの多くは膵管細胞ガンであり、がん細胞によって膵管が閉塞されて、場合によっては膵管が破裂という悲惨なこともあるらしい。膵臓は脂肪組織の中に浮いているような状態だが、 […]
  • 池上梅園の梅が見頃池上梅園の梅が見頃 池上梅園の梅が見頃なので行ってきました。 池上本門寺の隣、日本画家の伊東深水の自宅兼アトリエがあったところを、大田区の公園として整備されました。茶室もあって心落ち着 […]
  • がん検診とがん治療の遅れがん検診とがん治療の遅れ 自治体が行うがん検診の受診者は、昨年の5月と比較して8%だとか。相当な落ち込みですね。やはり皆さんコロナが怖いのでしょうね。 しかし受診が遅れると、がんが進行してから見つか […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です