スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

膵臓がんの腹腔鏡手術を勧められたら・・・

医療法人 光生会のサイトから

腹腔鏡手術を勧められたら

腹腔鏡手術で何人もの患者が術後に死亡した群馬大学病院と千葉県がんセンターの事件は、まだ記憶に新しいところです。

膵臓がんの手術の多くは開腹で行われていますが、一部には腹腔鏡手術も採用されてきています。これは、2016年4月からは肝切除術全般と膵頭十二指腸切除術にも保険適用となったためです。

主治医から膵臓の腹腔鏡手術を勧められてとき、どのように考え判断すれば良いでしょうか。

膵臓の手術は開腹手術でも難易度が高いもので、腹腔鏡手術が進歩した現在でも、腹腔鏡を用いた膵臓手術は限られた施設でしか行われていないのが現状です。東京医科歯科大学や慶應義塾大学付属病院などが積極的に取り組んでいるようです。

利点と欠点

腹腔鏡手術には次のような利点があります。

  1. 傷が小さく、痛みが軽い
  2. 手術後早くから歩くことができるので回復が早い
  3. 手術後おならが早く出て、食事も早く開始することができる。
  4. 早く退院でき早く通常の仕事に戻れる。
  5. 美容的に優れており若い女性に適している。

一方で、手を腹腔に挿入できないため糸で縫合したり、出血部を結紮したりする事が困難で、手技的に難しく、次のような欠点があります。

  1. 人間の指などのような触覚がない。
  2. 見える方向が一方向で、視野が限られている。
  3. 一般的には立体的な3次元映像が得られない。
  4. 腹腔に挿入できる手術器械に制限がある。これらの結果、微小な腫瘍を取り残す危険性がある。
  5. 摘出物の回収が困難な場合がある。

腹腔鏡手術は先進医療でも何でもないのです。お腹を大きく開ける開腹手術と同じことを、お腹を小さく切って、なんとかやっているのに過ぎません。腹腔鏡でないとできないわけではないのです。

特に、肝胆膵がんは開腹手術でも難易度が高い手術が多いのです。手術は安全性と根治性を満たして始めて良い手術と言えますが、腹腔鏡ではどちらも難しくなります。

肝胆膵の学会内では「 どうしてこんな難しい手術に保険が通ったんだ」という声も出ているそうです。

しかし、例えば会社の経営者で自分が1ヶ月も入院したら会社が立ちゆかないとか、高齢で開腹手術には耐えられそうもないような場合は、リスクを承知で腹腔鏡手術を選択することもあり得るでしょう。

腹腔鏡手術は開腹手術に比べて保険点数が高く設定されています。つまり、患者の支払う費用は割高になります。高額療養費制度があるとはいえ、月をまたいだ場合はその恩恵が小さくなることもあります。

診療報酬が高額に設定されているので、無理にやりたがる病院が出てくる恐れもないとは言えません。病院の経営のために、開腹手術よりも腹腔鏡手術を勧めているのではないのか、この点も考慮しておくべきだろうと思います。

群馬大学病院と千葉県がんセンターの腹腔鏡手術による死亡例では、これらの施設が報告した論文には、死亡例は一つも記載されていませんでした。こうした隠蔽体質が残っているのですから、隠された死亡例がまだあるに違いありません。

医師20人に聞きました

「週刊現代」が現役の外科医20人にアンケートをした結果があります。それによると、6割の医師が、「やってはいけない」「なるべくやめたほうがいい」と回答しています。「開腹手術よりは安全」と答えた3人のうち2人は産婦人科の医師でした。

「手術中に転移が発見された場合には、開腹手術に移行することも多い。ならば最初から開腹でいい」

「たしかに、高い技術を持った医師がやれば、普通の手術より負担は少ない。しかし、本当にうまい医師というのは実は少ないのです。『絶対に安心』と言えるほど、十分な技術を持った医師が育っていないと思います。」

などと、否定的な意見が多い。

膵臓がんの手術で腹腔鏡手術を勧められたら、こうした点も考慮した上で、迷ったらセカンドオピニオンを受けると良いでしょう。

ただし注意することは、膵臓がんはいわゆる「足が速い」。セカンドオピニオンや再検査などで数ヵ月間が空くと、いざ手術をしようとしたときには、腫瘍が大きくなって「手術不可」となることがあります。それも考えに入れておいてください。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • どうしてあの人だけが膵臓がんから生還できたのかどうしてあの人だけが膵臓がんから生還できたのか 週刊現代の2021年11/13.20合併号の「医療スペシャル」として膵臓がんが取り上げられています。 記事には、3人の膵臓がんサバイバーが登場します。 膵臓 […]
  • 「温熱動注化学療法」で、転移した膵臓がん患者が2年半延命「温熱動注化学療法」で、転移した膵臓がん患者が2年半延命 ブログの更新も随分と時間が空きました。正直今週はめちゃ忙しい。七十歳過ぎの老人がフルタイムで平日まるまる働かされています。 こんな腰痛持ちの老人を必要と思ってくれる人がい […]
  • メラトニンと膵臓がんメラトニンと膵臓がん 私は膵臓癌の手術が終わった直後からずっとメラトニンを服用しています。多分10年以上になるはずです。 もちろん膵臓癌の再発防止が主目的ですが、国際線のパイロットやCAはジェ […]
  • 膵臓がん早期発見へ、診断内容をAIソフト化膵臓がん早期発見へ、診断内容をAIソフト化 こちらのクラウドファンディング、応援しています。目標まで、あと僅かです。 発見と治療がしづらい膵臓がんを取り巻く現状を、画像診断に関わる立場から変えていくために、 […]
  • 膵癌の『腹膜播種診療ガイドライン』膵癌の『腹膜播種診療ガイドライン』 膵癌で腹膜播種あるいは腹水があれば余命は厳しいです。『膵癌診療ガイドライン2019』では、腹膜播種や腹水がある場合のエビデンスのある治療法については詳しくは述べられて […]
  • 膵癌術後補助化学療法に、mFOLFIRINOXの有効性が証明された膵癌術後補助化学療法に、mFOLFIRINOXの有効性が証明された 膵臓がんを完全に治すには、手術によってがんを残すことなく切除することが重要です。しかし現実には、他のがんに比べて、手術後の再発率が高いことが、膵臓がんの大きな課題です。 […]
  • ガイドラインと解説にオラパリブが追加されましたガイドラインと解説にオラパリブが追加されました 日本膵臓学会のサイトに、『膵癌診療ガイドライン 2019』及び『 日本膵臓学会のサイトに、『膵癌診療ガイドライン 2019』及び『膵癌診療ガイドライン2019 […]
  • 線虫で膵臓がん早期発見のニュース線虫で膵臓がん早期発見のニュース 超音波検査の前に「午後の紅茶ミルクティー」を飲むと、すい臓がんが見つけやすくなるってニュースがあったけど、今度はこれ。 早期の発見が難しいとされる膵臓(すいぞう)がんにつ […]
膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す