スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第11回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年10月10日(日) 13:00~15:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】無料
【定 員】30名
【内 容】患者さん同士の交流会のみの開催です。迷っていること、気になることなど、同じ病気の仲間と気軽におしゃべりしましょう。

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

加島祥造さんのように生きるのは難しい

「この爺さん、そんじょそこらの爺じゃない」で始まる加島祥造さんのETV特集を、NHKアーカイブで観ました。

「死は怖くないですか?」「なんでそんなこと聞くのよ。心配するなんか、くだらないことだよ」

Imageyositakapc007
これまで何回か加島さんの番組を観てきたが、今回の番組では「老子」も「タオ」もひと言も登場しなかった。

著作でもあまり触れることのなかった加島さんの挫折の人生、国立大学の教官として、また翻訳家として成功しながらも、本来の自分とは違うという葛藤の末に、職も家族も放り投げてしまう。そんな一見わがままとも見られる行動の裏に何があったのか。

世間的には無責任と非難されるような彼の人生だ。高校生の息子さんと奥さんを見捨てて、自分の心の命じるままに生きた人だ。そのために奥さんはひどい精神的状況になったという。その奥さんを支えたのは高校生の息子さんだった。

胃を三分の一も切ったというのだから、うつ病に近かったのかもしれない。加島さんとしてはこれ以外の方法は見つけられなかったのだろうが、私にはできそうもないなぁ。姜尚中さんとの対談も伊那谷の風景に溶け込んでいた。彼も息子さんを自殺でなくしているという。

Imageyositakapc006

姜尚中さんは、加島さんとの対談をきっかけに、東大を退職する。そして「これまでと違う人生を歩んでみたい」。「生きることは、幸せを見つけることではない」とぽつりと言う。

しかし、加島さんの生き方、何か違うなぁ。社会のしがらみを断ち切り、隠遁生活をするのが老子のタオなのか。違うような気がする。巧くは言えないが、原発のことも世の中のできごとにも目をふさいでいるだけで良いのだろうか。老子は決してそのようには言っていないのではないだろうか。人は決して独りでは生きられないのだから。

私も70歳、これまでとは違う生きた方をしてみようとは思うが、加島さんのような「だた、自分のために」という生き方は無理だね。できない。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 加島祥造のタオ-老子 がんになったらこれまでの欲がつまらなくなった加島祥造のタオ-老子 がんになったらこれまでの欲がつまらなくなった 本棚を大掃除して、この50年間に貯めこんだ蔵書をたくさん捨てた。老年になって物質欲にこだわるのは見苦しいと考えたからだ。まず蔵書を整理しようとしたのはそのためだ。 残ったの […]
  • 小さき花小さき花 京都東山にある建仁寺は、臨済宗建仁寺派の総本山ですが、俵屋宗達の国宝「風神雷神図」があるお寺(現在は京都国立博物館に寄託)といった方が分かりやすいかもしれません。若き道元も入宋す […]
  • 中野孝次『ガン日記』を読んで思ったこと 引っ越し後の部屋の整理に忙しくてブログの更新はしばらく間が開きました。パソコン・インターネットの環境も元通りになったので、ぼちぼち書き続けます。 中野孝次の『ガン日記』は食道 […]
  • 道元の「生死」観:『正法眼蔵』がおもしろい道元の「生死」観:『正法眼蔵』がおもしろい 道元の『正法眼蔵』は難解だ。石井恭二や増谷文雄の訳を読んでもなんだか分かったようで、よく分からない。諸法の仏法なる時節、すなわち迷悟あり修行あり、生あり死あり、諸仏あり衆生あり。 […]
  • 周回遅れの日本のゲノム医療周回遅れの日本のゲノム医療 タイトルは中村祐輔先生の口癖ですが、上昌広(医療ガバナンス研究所理事長)氏も同じことを丁寧に説明しています。 ゲノム研究を推し進める原動力は、個別化医療の推進だ。個 […]
  • 元号の強制は止めて欲しい元号の強制は止めて欲しい 西城秀樹も星由里子も亡くなった。私などは、どちらかというと西城秀樹の絶叫型のステージよりも若大将に出てきた星由里子の方に親近感が持てる。昭和の影がだんだんと薄くなっていく […]
  • 『命を救う!スゴ腕ドクター5』観ましたよ『命を救う!スゴ腕ドクター5』観ましたよ 手術ができるのは、膵臓がんが発見された患者の3割、そして術後の抗がん剤として上坂医師らが試験で証明したTS-1を投与して、5年生存率が24.4%から44.1%に上昇します。 […]
  • がん哲学がん哲学 「がん哲学」という聞き慣れない言葉を最近知った。順天堂大学医学部教授、 樋野興夫氏の造語だという。 先日放映されたNHKスペシャル『立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です