複々線化、完成です。

スポンサーリンク
【日 時】2019年8月31日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:緩和ケア医 大津秀一先生「膵臓がんの緩和ケア~これだけはおさえておくこと~」(仮)
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込み受付中です。
LINEで送る
Pocket

今日は整形外科で脊柱管狭窄症の術後のチェックです。

「お変わりはありませんか」という先生に、

「おかげさまで間欠跛行は全くなくなりました。長い距離を歩いても足のしびれも感じません。しかし立ち上がる時に、腰に痛みがあります。」

と言ったら、「そうだね筋肉を2度も切ってますから、多分その部分からきた痛みでしょう。2~3ヶ月経てば治りますよ。」と言われました。

「傷口は随分綺麗になりましたよ。」

まだしばらくはシャワーだけで湯船に入るのは当分先になります。

これから汗をかく季節鬱陶しいですが仕方ありません。


スポンサーリンク

娘に頼んで背中の傷口の写真を撮ってもらいましたが、隣り合ってメスで切った二本の線が見えます。

お腹の方には、直腸がんと膵臓がんの時の傷もあって2本の線が見えます。

裏表で、複々線化が完成しました。\(^o^)/

紫陽花が見頃を迎えていますね。

膵臓がんの告知をされたのが6月11日。紫陽花の花を見ると、いつも当時のことを思い出さずにはいられません。単に運が良かっただけですが、

あれから13年、よくぞここまで来たものだと、複々線化した傷口を思い描きながら、感無量です。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 製薬企業と大学病院、学会のダメな関係製薬企業と大学病院、学会のダメな関係 今朝の東京新聞朝刊です。 <税を追う>製薬71社が寄付288億円 大学病院や学会へ ワセダクロニクルが医師個人に渡った資金をデーターベース化していますが、こち […]
  • 「がん治験情報サービス」が始まります。「がん治験情報サービス」が始まります。 がんサポートを運営する株式会社QLifeでは、がんの治験情報を提供する「がん治験情報サービス」を開始しました。 がん種やステージに合わせて最新の治験情報をご案内 近年 […]
  • 統計的有意差のない治療法は「人体実験」か?統計的有意差のない治療法は「人体実験」か? 良いも悪いもない。ただただ、そんな行為を、昔から医療と呼んでいるだけのことです。 患者の立場を理解した賢い医者は、そうしたリスクも覚悟の上でチャレンジするのです。 […]
  • 医療には唯一の正しい答えがあるのだろうか? 医療において、患者の意志決定はどのようにされているのか、治療において唯一の正しい答えはあるのだろうか。 治療をすべきかどうか、いくつもの治療法があり、それぞれにリスクとベネ […]
  • 論文代筆は保険財政からの詐欺論文代筆は保険財政からの詐欺 日報を書き換えたり、ないと言っていたものがあとで出てきたりと、この国の政府と官僚は壊れてしまっていますが、製薬業界でも論文を都合良く書き換えることが茶飯事のようです。 […]
  • 使えない、がんゲノム検査使えない、がんゲノム検査 中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)が29日、「がん遺伝子パネル検査」を保険適用すると決め、6月1日から適用される見通しです。 マスコミでもバラ色の政策のよう […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です