〇〇療法で治ったをどう考えるべきか

スポンサーリンク
【日 時】2019年10月13日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:佐藤典宏先生「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」(仮)
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込み受付中です。
LINEで送る
Pocket

最近、ムラキテルミさんの名前をあまり聞かなくなりましたね。デトックスや小食、煮あずきでがんが治るという本を出していました。

彼女のがんが治ったのは本当だとしても、その方法を実行して治った患者が続かなかったのでしょう。

統計的なことになりますが、「少数の法則」と言われるのがあります。

10万人の中に10億円持った人が一人参加するよりも、100人の中に一人参加する方が、平均値をぐっと上げることになります。この手法は、高額な免疫療法クリニックの広告に使われています。腫瘍が消えたとか、奏功率が80%などと、少数の例を用いて、その治療法が優れていることを示そうとします。

こういう場合は、「分母」を考えることですね。全体で何人の中での例なのかということです。

百万人のがん患者がいれば、奇跡的に治癒する患者が100人ほどいると言われます。たまたまその患者が「煮あずき」を食べていれば、これががんに効くとなるわけです。標準治療を併用していることは無視されます。

利用可能性ヒューリスティック」というのは、すぐに手に入る情報を重視して、それだけで判断することです。書店に行ったら済陽高穂や近藤誠氏の著作がたくさんあった。それを買ってきて、その情報だけで判断する、等というのが典型的な例でしょう。

さらに本の内容に、具体的な患者の描写があれば、つじつまの合ったストーリーに基づいて判断してしまうことになります。つじつまの合ったストーリーが必ずしも起こりやすい(確率が高い)訳ではないのに、勘違いしてしまいます。これを「代表制ヒューリスティック」と言います。

人間の判断するときには、これら以外にも、いろいろなバイアス(偏り)があることを知っておくことで、よりよい判断ができるようになります。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 役立つがん情報の管理法役立つがん情報の管理法 がんとの闘いは情報戦 突然がんといわれたら、まさか自分や家族ががんになるとは・・・。何の準備もしていないので、取りあえずインターネットで探すのではないでしょうか。 ど […]
  • 今日の一冊(117)「このがん治療でいいのか」今日の一冊(117)「このがん治療でいいのか」 がんを克服するために一番重要なこと。それはがんについてエビデンス(科学的根拠)のある正確な情報を集め、よく吟味し、ベストの治療法を選択・実践することです。 がんは情報戦なの […]
  • 恐竜のしっぽになる恐竜のしっぽになる 東京の梅雨もまもなく明けそうです。今日は愛車の洗車とガラスコーティングに5時間かけました。ついでにヘッドライトカバーの黄ばみもきれいに除去しました。 ガラスコーティングはほ […]
  • 匿名で聞けちゃう。がんの質問箱匿名で聞けちゃう。がんの質問箱 最近Peingを使って、匿名でがんの質問を受け付けるサイトが増えていますね。 それぞれのがんに対する考え方の違いも分かって、おもしろいです。 押川勝太郎 が […]
  • 今日の一冊(106)「1分でも長生きする健康術」大津秀一今日の一冊(106)「1分でも長生きする健康術」大津秀一 健康のために大切なのは情報です。より正確に言えば「情報の吟味力」です。特にがん治療においては正しい情報を持っているかどうかは、患者の余命を大きく左右することがあります。がん患者は […]
  • 「がん治験情報サービス」が始まります。「がん治験情報サービス」が始まります。 がんサポートを運営する株式会社QLifeでは、がんの治験情報を提供する「がん治験情報サービス」を開始しました。 がん種やステージに合わせて最新の治験情報をご案内 近年 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。