スポンサーリンク

〇〇療法で治ったをどう考えるべきか

LINEで送る
Pocket

最近、ムラキテルミさんの名前をあまり聞かなくなりましたね。デトックスや小食、煮あずきでがんが治るという本を出していました。

彼女のがんが治ったのは本当だとしても、その方法を実行して治った患者が続かなかったのでしょう。

統計的なことになりますが、「少数の法則」と言われるのがあります。

10万人の中に10億円持った人が一人参加するよりも、100人の中に一人参加する方が、平均値をぐっと上げることになります。この手法は、高額な免疫療法クリニックの広告に使われています。腫瘍が消えたとか、奏功率が80%などと、少数の例を用いて、その治療法が優れていることを示そうとします。

こういう場合は、「分母」を考えることですね。全体で何人の中での例なのかということです。

百万人のがん患者がいれば、奇跡的に治癒する患者が100人ほどいると言われます。たまたまその患者が「煮あずき」を食べていれば、これががんに効くとなるわけです。標準治療を併用していることは無視されます。

利用可能性ヒューリスティック」というのは、すぐに手に入る情報を重視して、それだけで判断することです。書店に行ったら済陽高穂や近藤誠氏の著作がたくさんあった。それを買ってきて、その情報だけで判断する、等というのが典型的な例でしょう。

さらに本の内容に、具体的な患者の描写があれば、つじつまの合ったストーリーに基づいて判断してしまうことになります。つじつまの合ったストーリーが必ずしも起こりやすい(確率が高い)訳ではないのに、勘違いしてしまいます。これを「代表制ヒューリスティック」と言います。

人間の判断するときには、これら以外にも、いろいろなバイアス(偏り)があることを知っておくことで、よりよい判断ができるようになります。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 腫瘍マーカーの結果にびっくりしたー転移していないかも腫瘍マーカーの結果にびっくりしたー転移していないかも 今日は元のかかりつけのT先生のところにアマリールを処方してもらいに行った。借りていたCT画像のフィルムを返却するためでもある。 「フィルムは患者さんのものだから、お持ちくだ […]
  • 「がん免疫治療薬」が効く人、効かない人を予測「がん免疫治療薬」が効く人、効かない人を予測 ヨミドクターの記事ですけども、この内容の国立がん研究センターの発表は昨年の9月ですよね。既に承知の方も多いとは思いますが、読売新聞に掲載されたということで改めて紹介して […]
  • 丸山ワクチンは今・・・ 効くのか効かないのか丸山ワクチンは今・・・ 効くのか効かないのか 丸山ワクチンって? 「丸山ワクチン」については、最近のがん患者ではご存じない方も多いようですが、一時はブームになりました。 丸山ワクチンは、日本医科大学皮膚科教授だった丸 […]
  • ノーベル賞 戸塚洋二さんのことノーベル賞 戸塚洋二さんのこと 八千穂高原自然園の紅葉 二人の日本人にノーベル賞が授与されました。生理学・医学賞の大村智・北里大特別栄誉教授、物理学賞に東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長が […]
  • がん患者は先ず運動不足解消をがん患者は先ず運動不足解消を 梅雨で湿度が高く、歩くと汗びっしょりになります。最近はバックパックに必ず下着の替えを入れています。会社に着くとタオルで汗を拭き取って新しいシャツに着替えると気分もすっきりとします […]
  • がん患者支援 チャリティー セミナー&コンサートがん患者支援 チャリティー セミナー&コンサート 特定非営利活動法人 東京地域チーム医療推進協議会 (略称:TeamNET)の主催で、「がん患者支援チャリティーセミナー&コンサート」が開催されます。 申し込みは今日からです […]
  • がん患者は、食品の放射能汚染をどこまでなら許容できるか?がん患者は、食品の放射能汚染をどこまでなら許容できるか? 明日から一泊で信州・渋温泉へ旅行です。紅葉はちょうど見ごろですが、あいにくの雨の予想です。29日のチェロ発表会に向けて練習にも熱を入れているので、ブログの更新が滞っています。 […]
  • がんで死ぬのも悪くはないがんで死ぬのも悪くはない 死生観を持つ この記事、すい臓がんが見つかって手術を待っている時期のものです。ずっと考えは変わりませんでした。悟りとまではいかなくても、自分なりの死生観を持って […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です