スポンサーリンク

〇〇療法で治ったをどう考えるべきか

LINEで送る
Pocket

最近、ムラキテルミさんの名前をあまり聞かなくなりましたね。デトックスや小食、煮あずきでがんが治るという本を出していました。

彼女のがんが治ったのは本当だとしても、その方法を実行して治った患者が続かなかったのでしょう。

統計的なことになりますが、「少数の法則」と言われるのがあります。

10万人の中に10億円持った人が一人参加するよりも、100人の中に一人参加する方が、平均値をぐっと上げることになります。この手法は、高額な免疫療法クリニックの広告に使われています。腫瘍が消えたとか、奏功率が80%などと、少数の例を用いて、その治療法が優れていることを示そうとします。

こういう場合は、「分母」を考えることですね。全体で何人の中での例なのかということです。

百万人のがん患者がいれば、奇跡的に治癒する患者が100人ほどいると言われます。たまたまその患者が「煮あずき」を食べていれば、これががんに効くとなるわけです。標準治療を併用していることは無視されます。

利用可能性ヒューリスティック」というのは、すぐに手に入る情報を重視して、それだけで判断することです。書店に行ったら済陽高穂や近藤誠氏の著作がたくさんあった。それを買ってきて、その情報だけで判断する、等というのが典型的な例でしょう。

さらに本の内容に、具体的な患者の描写があれば、つじつまの合ったストーリーに基づいて判断してしまうことになります。つじつまの合ったストーリーが必ずしも起こりやすい(確率が高い)訳ではないのに、勘違いしてしまいます。これを「代表制ヒューリスティック」と言います。

人間の判断するときには、これら以外にも、いろいろなバイアス(偏り)があることを知っておくことで、よりよい判断ができるようになります。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(120)『オリジン』我々はどこから来たのか?今日の一冊(120)『オリジン』我々はどこから来たのか? 昨日は、大田区平和都市宣言記念事業「花火の祭典」が多摩川の河川敷で行われるはずでしたが 台風の影響による激しい雨が予想されたので中止となりました。花火を撮影するべく […]
  • 原爆の日に原爆の日に クミコ 『INORI~祈り~』 […]
  • がん患者のための食事ーガイドラインがん患者のための食事ーガイドライン 前の投稿『ゲルソン療法ってがんに効くの?』で、ゲルソン療法の危険性について書きましたが、ではがん患者はどのような食事をすれば良いのでしょうか。 初期の治療が一段落すると、が […]
  • こりゃだめだ! e-クリニック 「e-クリニック」は阪神・淡路大震災のボランティアを経験した岡本裕医師たちが、「現代医療に欠落している部分を補うため」に「個人個人の抵抗力や治癒力にも配慮した治療法も合わせて行う […]
  • 緑茶の抗がん作用 緑茶の抗がん作用については何度も書いていますが、アピタルに大野智さんの連載で「お茶で卵巣癌予防?」がアップされました。お茶を飲んでいる人と飲んでいない人とを対象とした「症例・対象 […]
  • 末期がんでも治るのか?末期がんでも治るのか? がん治療の現場で活躍している二人の医師の記事をもとに、「末期がん、転移したがんでも治るのか?」を考えてみた。 はじめに勝俣範之医師の日経メディカルに掲載された『「抗がん剤は […]
  • 『死ぬのが怖い』は錯覚ですよ。『死ぬのが怖い』は錯覚ですよ。 死が怖いのは、動物としての本能ですから、誰にでもあたりまえに怖いです。ロシアン・ルーレットで拳銃を頭に突きつけられて、引き金を引け、といわれたら、脂汗がたらたらと流れます […]
  • がん研での定期検査がん研での定期検査 血液検査は10時に、その後11時からダイナミックCT。今日はいつもと違って肺の方まで検査したようだ。腫瘍マーカは、CEA=4.1、CA19-9=23.7 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です