スポンサーリンク

免疫療法が、がんの一次治療となる時代

がん治療の新たな潮流となった免疫チェックポイント阻害薬。急速に開かれていく新市場をめぐり、開発競争が繰り広げられています。

海外癌医療情報リファレンスに次のような記事が載っています。

転移性非小細胞肺がんの一次治療として免疫チェックポイント阻害薬

転移性非小細胞肺がん患者に対する一時治療薬として、アテゾリズマブ(販売名:テセントリク、Genentech Inc.社)が承認された。

FDAが、転移性非小細胞肺がんに対して、免疫チェックポイント阻害薬の一種を承認したとのニュースですが、ポイントはここですよね。

PD-L1高発現(腫瘍細胞[TC]におけるPD-L1発現率が50%以上[TC≥50%]、または腫瘍浸潤免疫細胞[IC]におけるPD-L1発現率が10%以上[IC≥10%])で、EGFRまたはALK遺伝子変異を有さない、転移性非小細胞肺がん(NSCLC)の成人患者を対象に、一次治療薬としてアテゾリズマブ(販売名:テセントリク、Genentech Inc.社)を承認した。

一次治療薬として、つまり、これまでの化学療法よりも優先して免疫療法を使って良いですよとなったわけです。

これは、画期的なことですよ。

化学療法後の免疫療法は矛盾している

本庶佑さんが、ノーベル医学生理学賞を受賞された研究、免疫チェックポイント阻害薬はオプジーボでした。

最初からオプジーボを使えるわけではなくて、従来の抗がん剤に効果がなくなった患者さんに投与できるのでした。あるいは従来の抗がん剤と併用することでしか認められてこなかったのです。

しかし、従来の抗がん剤いわゆる細胞毒と言われる抗がん剤は、がん細胞と同時に免疫細胞も叩くのです。

そして免疫力が低下し、患者がボロボロになった段階で、やっと免疫チェックポイント阻害薬を使うことができるのです。

免疫力をメタメタに叩いた挙句、その後になって人体の免疫機能を活用し、発揮させる薬、免疫チェックポイント阻害薬を使うのはどう考えたって矛盾していますよね。

アテゾリズマブは既に日本でも肺がんに対して承認されていますが、従来の抗がん剤との併用、あるいは、抗がん剤が無効になった患者にしか認められていません。

今後は、こうした流れが変わるということです。

下のグラフのように、全生存期間に明らかな差があります。

IMpower11試験は、アテゾリズマブ群とプラチナ製剤ベース化学療法群とを1:1に分けた試験です。これまでの試験の多くと異なり、免疫チェックポイント阻害薬単独での使用群を対象とした点でも画期的です。

さらに、最も多かった有害事象が、疲労/無力症だったというから、重篤な副作用がほとんどありません。

がん治療の流れが変わる

FDAの承認を受けて、日本でも同じ流れが進むと思います。

膵臓がんでも同じような試験が続いてほしいものです。

これからは、免疫療法が一次(ファーストライン)治療となる時代です。

しかし、前世紀から巷のクリニックで続けられている、自由診療の”免疫細胞療法”。

これとはまったく別物ですから、混同してはいけません。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ブログで感想を書かれた方ブログで感想を書かれた方 1/18の『膵臓がん患者と家族の集い』に参加された方がブログで感想を書かれているので、ご紹介します。 ココクン アッキーさん ひぃさん。 […]
  • エビデンスだけでがん治療ができるのか?(4)エビデンスだけでがん治療ができるのか?(4) マーク・トウェインは「世の中には3種類の嘘がある: […]
  • 膵臓がんの腹腔鏡手術を勧められたら・・・膵臓がんの腹腔鏡手術を勧められたら・・・ 腹腔鏡手術を勧められたら 腹腔鏡手術で何人もの患者が術後に死亡した群馬大学病院と千葉県がんセンターの事件は、まだ記憶に新しいところです。 膵臓がんの手術の多くは開腹で […]
  • 世界初、がん患者のせん妄ガイドライン世界初、がん患者のせん妄ガイドライン 世界初のがん患者を対象としたせん妄ガイドライン 日本サイコオンコロジー学会が編集出版した「がん患者における せん妄ガイドライン […]
  • あたりまえだが、チェルノブイリを超えているあたりまえだが、チェルノブイリを超えている 漁業の再開は? 日曜日のNHK総合テレビで「漁場を返せ~原発事故に苦しむ福島県相馬市~」を放送していた。津波で100隻近くの漁船が流され、壊滅状態となった福島県相馬市の松川浦漁港 […]
  • 大阪大学におけるがんのケトン食療法大阪大学におけるがんのケトン食療法 『外科と代謝・栄養』誌の10月号に「~がんに対する糖質制限食治療の可能性~大阪大学におけるがんケトン食療法5年間の取り組みについて」との記事がありました。 阪大における […]
  • 食品の新規制値食品の新規制値 4月1日から食品の新規制値が施行されました。一部の食品を除いて100Bq/kgとなります。正確には、放射性セシウム(Cs-134+Cs-137)による食品からの被ばくに対する年間 […]
  • 東京でのオリンピックは無謀だ東京でのオリンピックは無謀だ オリンピックにはまったく興味がない。私の周囲でオリンピックが話題になっている様子もない。騒いでいるのは政府とマスコミだけではなかろうか。NHKの朝のニュースでは鈴木女性アナが浮か […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です