スポンサーリンク

近赤外線以外でも光免疫療法が可能

北海道大学の研究ですが、光免疫療法では、IR700に近赤外線を照射してがん細胞を破壊するのですが、この反応をシミュレーションしたところ、近赤外線以外でも光免疫療法ができる可能性があるとわかりました。

膵臓がんについては、術後の再発予防にしか使えないと思われている光免疫療法ですが、体内深部にある膵臓にも光免疫療法が適用できる可能性が出てきますね。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 免疫療法が、がんの一次治療となる時代免疫療法が、がんの一次治療となる時代 アテゾリズマブが転移性非小細胞肺がんの一次治療としてFDAが承認。 免疫療法が、がんの一次治療となる時代が到来する。 […]
  • ひとり茶 午前10時頃から、蒲田の上空には、これまでに経験したこともない15機ほどのヘリコプターが旋回していた。オームの高橋容疑者逮捕の取材ヘリだ。Twitterで二度もつぶやいたけど、泳 […]
  • 1cm未満の微小な膵臓がんを検出:放医研1cm未満の微小な膵臓がんを検出:放医研 発見時には手術ができないことが多い 膵臓がんは、見つかった時点ではすでに手術ができない状態になっていることが多い。膵臓が厚さ2cmほどの臓器なので、転移や浸潤がしやすい。 […]
  • 謹賀新年謹賀新年 渋温泉に行ったときの、地獄谷の猿の親子です。 膵臓がんが早期発見できる、画期的な検査手法が臨床の場で使えるようになることを願っています。 膵臓がんの手術後九回 […]
  • 動画で紹介『膵臓がん患者と家族の集い』動画で紹介『膵臓がん患者と家族の集い』 3月15日の「膵臓がん患者と家族の集い」の紹介動画をアップしました。 まだ動画作成に慣れていないためか、ところどころでミスもありますが、YouTube […]
  • 血液型と膵臓がんのリスク血液型と膵臓がんのリスク 血液型がO型の人に比べて、B型は72%も膵臓がんになるリスクが高いという報告がありました。 ダナファーバーがん研究所の研究者らは、膵臓がんの基礎的な生態に関し新 […]
  • 静岡がんセンター:副作用対策の冊子を公開静岡がんセンター:副作用対策の冊子を公開 静岡がんセンターで使用している、患者さんのためのがん薬物療法説明書をダウンロードできます。病気の種類・使用する薬の組み合わせ別に、患者さんに知っておいてほしい内容を1冊にまとめま […]
  • 今日の一冊(156) 夏川草介「臨床の砦」今日の一冊(156) 夏川草介「臨床の砦」 医師を主人公とするベストセラー「神様のカルテ」シリーズの夏川草介氏は現役の消化器内科医です。 長野県の感染症指定医療機関に勤め、コロナ患者の治療にあたってきた作者 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です