新型コロナウイルスは免疫系を破壊する。鍵は「T細胞」

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

免疫システムの劣化はがん細胞を増殖させる

新型コロナウイルスが、リンパ球の多くを占める T 細胞を破壊することによって、免疫システムのコントロールが効かなくなります。

そしてサイトカインストームにつながり、患者は死に至るのです。そうした様々なメカニズムが研究され次第に明らかになってきました。

がん患者にとっては非常に気になるニュースです。

なぜなら、仮に新型コロナウイルスに感染をしても死に至らなかったとして、免疫システムが破壊されてしまえば、もとから持っているがん細胞が勢いを増して増殖する恐れすらあります。

複数の研究機関の研究結果によれば、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者の血液内で白血球の一種であるリンパ球の劇的な減少が見られます。

T 細胞の中でも代表的なものがキラーT細胞とヘルパーT細胞です。

COVID-19患者では、ヘルパーT細胞、キラーT細胞、NK細胞が減少することが分かっています。またその中でもキラーT細胞の方が、より新型コロナウイルスに影響されやすいと考えられています。

さらに、新型コロナウイルスにより劇的に減った後の T 細胞では、その機能が疲弊しているようです。つまり免疫細胞としての能力は相当劣化して、がん細胞を攻撃する能力も劣化しているのでしょう。

コロナウイルスに罹らない工夫を

まだ初期の研究段階ですから確定的なことを言えませんが、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)によって免疫細胞、その中でもT細胞やナチュラルキラー細胞(NK細胞)が劇的に減っているのであれば、これまでがん細胞を押さえ込んでいた免疫システムは機能しなくなるでしょうから、がん患者にとっては大きな影響を受けます。

仮にこれで亡くなったとしても、死因はがんでありコロナではないということになり、統計には現れないでしょうね。

記事の最後には、次の一節があります。ビタミンDとコロナに関してブログでも紹介した内容です。

ちなみに欧州20カ国からの報告では、ビタミンDの欠乏がCOVID-19の症例数と死亡率に有意に関連していると発表されている。

多くの研究では、ビタミンDは自然免疫や適応免疫の応答に重要であり、その欠乏は自己免疫疾患やウイルス感染症の感受性を高めることがわかっている。ビタミンDを正常値に保つことも、新型コロナウイルス感染症によるサイトカインストームや重症化を防ぐひとつの指標になりそうだ。

 


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ビタミンDが不足しているとCOVID-19で重症化しやすいビタミンDが不足しているとCOVID-19で重症化しやすい   medRxivは、査読前の医学分野の論文を受付し、新しい知見の迅速な共有やフィードバックを受けるためのプラットフォームを無料で提供するサービスで、20 […]
  • サイトカインストームと新型コロナウイルスサイトカインストームと新型コロナウイルス 政府の新型コロナウイルス対策の基本方針が出ましたよね。それによると、患者が増加するペースを可能な感じで押さえるとしております。症状が見られる場合には仕事を休め、外出を自粛 […]
  • タバコの煙はコロナウイルスを肺に招き入れるタバコの煙はコロナウイルスを肺に招き入れる 山中伸弥教授らの専門家が「新型コロナウイルス […]
  • がん患者と新型コロナウイルスがん患者と新型コロナウイルス 新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。 がん患者としては、免疫機能が低下しているので心配になります。 佐藤典宏先生がブログで、中国の研究をもとに解説して […]
  • がん患者の新型コロナウイルス対策がん患者の新型コロナウイルス対策 危機的な状況ですね。感染者数が指数関数的に増えています。 昨日は1日で200人の新たな感染者が発生しました。倍々ゲームで増えていくに違いありません。 国立が […]
  • 早期の緩和ケアは必要か? 2006年にがん対策基本法が制定され、それにもとづき厚生労働省が策定したがん対策推進基本計画では、「治療の初期段階からの緩和ケアの実施」が重点的に取り組むべき課題として挙げられて […]
  • ホメオパシーを賞賛しなければよい本なんだが・・・ 連日の猛暑日だそうです。今日は昨日までよりは少しは過ごしやすい気がします。さすがにこの厚さではバックパックを背負って30分以上の散歩をする気にはなりません。膵臓がんで助かって熱中 […]
  • 医者がやりたくない手術医者がやりたくない手術 現代ビジネス「賢者の知恵」に興味深い記事が載っていた。 群馬大学医学部附属病院での腹腔鏡手術による死亡例や、千葉県がんセンターによる腹腔鏡手術による例のように、治すはずの治療によ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です