大腸のポリープ切除 入院予定

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

先日の大腸内視鏡検査の結果説明を受けてきました。検査する時点でポリープが18個、一番大きいものは7mmという風に聞かされていたのですが、改めて診察室で説明を受けました。

  • 悪性のものは、多分ない。 
  • 18個は見えたものだけ。小さいものを入れれば、それ以上あるかもしれない。
  • 1回で全て切除することは難しいので、2か月ぐらい間を空けてやろうか
  • となると10月の初旬に第1回目をやって2ヶ月後は12月ですけども、2回目は年明けにしましょう。

と言うので、「年末は医療従事者も休みたいですからね」と返したら、

  • そうではなくて、ポリープを切除した後2週間はお酒が飲めません。正月にお酒が飲めないのはいやでしょうから

と、なんとも飲兵衛の心理をついた説明でした。

で、10月の初旬に二泊三日の入院で切除することになりました。場合によっては日帰りになるかもしれないし、3泊になるかもしれないというなんともあやふやな説明でした。

まやってみなきゃわからんということでしょう。

アヒルさんマークの生命保険の契約内容を調べたところ、大腸のポリープ切除でも手術給付金が出ます。さらに1日1万円の入院給付金は、5日以内はすべて5日分出るとのこと。しかし60日以内に2度目をやると2度目の部分の給付金は出ないらしい。

となるとやはり2回目は正月明けの方がお得なようです。

大腸ポリープガイドラインを引き合いに出して、良性の小さなポリープまで本当に切除した方がいいのか、エビデンスはあるのかと質問をしてみようと思いましたが止めました。どう考えても、直腸がんの経験者が、18個のポリープを放置しておいて良いとは思えません。せっかく内視鏡を入れるのだから、取れるものは取っておこう。

ガイドラインは遵守しなければならないものではなく、患者の条件に合わせて参考にすれば良い。がんのガイドラインも同じ。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 正月は温泉気分 元日から石和温泉の和穣苑で温泉気分でした。「一の宿?楽部」の宿でして、このところ続けてここに加盟している宿にお世話になっています。30部屋以下のこじんまりした宿ばかりだというのが […]
  • 代替医療をどのように選ぶ?代替医療をどのように選ぶ? 紫陽花も色づいてきた。紫陽花には雨がよく似合う。生き生きとしている。 雨の週末です。レインコートを着て屋上の排水溝を掃除しました。風で運ばれてきた埃が、詰まるほどの泥となっ […]
  • 今日の一冊(2)『ヴァイオリニストの音楽案内100』 クラシックのCDを批評、紹介した書籍は数多くあり、私も宇野功芳、福島章恭、中野雄の『クラシックCDの名盤』シリーズや、礒山雅の『バロック音楽名曲鑑賞事典 […]
  • 「戦後」は今日で終わり、これからは「戦前」だ。「戦後」は今日で終わり、これからは「戦前」だ。 「がん患者には心の平安がもっとも重要」と言いながら、私の心はまったく平安ではない。最悪の状態だ。原因は、特定秘密保護法案が今日にも強行採決されそうだというからだ。気狂いに刃物とは […]
  • 定期検査 術後4年目 再発・転移なし定期検査 術後4年目 再発・転移なし 今日はがん研での定期検査でした。これで満4年目になります。造影CTと血液検査。主治医の先生がヨーロッパに出張のため代診の若い先生でした。 結果はご覧の通り、血液検査での腫瘍マーカ […]
  • 高齢者や虚弱な患者には、低用量抗がん剤でも同じ効果高齢者や虚弱な患者には、低用量抗がん剤でも同じ効果 がん治療の一部の領域では、“少量がより好ましい”ということが一般的に言われ始めており、患者の生活の質の向上に成果をあげています。 抗がん剤治療は基準量でなけ […]
  • 彼岸花の命は短い-道元の死生観彼岸花の命は短い-道元の死生観 2007年に膵臓がんの手術後、快気祝いにと伊豆の修善寺に一泊で旅行しました。奮発して老舗の新井旅館に泊まったのですが、近くの散策路で一輪の彼岸花が大木の幹に咲いているのを見つけた […]
  • 小林麻央さんの訃報に接して考える小林麻央さんの訃報に接して考える 小林麻央さんの訃報には、多くの方が感想を述べています。彼女のブログの内容には私も感動させられることが多々ありました。ご冥福をお祈りいたします。 しかし、ニュースに接していて […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です