スポンサーリンク

「Zoomで膵臓がんサロン」を開催します。

スマホがあれば簡単に参加できます。このような時期だからこそ、同じ病気の仲間とつながってみませんか?

【日 時】2022年8月13日(土) 15:00~17:00
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】無料
【定 員】10名
【内 容】気軽なおしゃべり会です。

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。スマホだけで簡単に参加することができます。
申し込み受付中です オフィシャルサイトから

温熱療法(ハイパーサーミア)の新しい動向

膵臓がん患者も抗がん剤と併用する温熱療法

膵臓がん患者でも、抗がん剤とハイパーサーミアを併用している方がたくさんいます。

しかしこのハイパーサーミア、健康保険の適用にはなっているのですが、エビデンスに乏しいと指摘されることが度々あります。

確かにハイパーサーミアだけでがんが治ることはありません。抗がん剤など他の治療法と併用して効果があるとも言われています。

温熱療法についての日本ハイパーサーミア学会の説明はこちらにあります。

ハイパーサーミアとは、狭い意味ではがんに対する温熱療法をさしていますが、最近開発されたラジオ波(RF波)やマイクロ波を使ったより高い温度(70℃~)での治療も含まれています。

日本ハイパーサーミア学会が第37回学術大会

日本ハイパーサーミア学会が第37回学術大会を9月12日から10月12日まで開催されます。新型コロナの影響で、オンラインでの開催です。

今回の大会のテーマには『標準療法を目指したハイパーサーミアの治療戦略』を挙げています。

大会会長の群馬大学数理データ科学教育研究センターの麻生孝之教授は次のように述べています 。

「ハイパーサーミア(温熱)療法は保険収載されていながらも、“エビデンスがないのではないか”との誤解があり、日本では馴染みの薄い治療法です。しかし、海外ではがんの標準療法に数えられる治療法です」

ドイツやフランスではがんの標準治療の一つとして行われています。

今大会の注目演題は、世界中の温熱療法の論文をメタ解析した特別公演が予定されています。演題は『エビデンスに基づくハイパーサーミア診療』。

他にもさまざまな演題が用意されているようです。

とくに手術、抗がん剤、放射線などとの併用療法による上乗せ効果を検証したもの、腹膜播種、膵臓がんなどの難治性がんの治療効果に関する演題が多いとされています。

また免疫チェックポイント阻害薬との併用による上乗せ効果などについても発表があるそうです。

2008年にはハイパーサーミアの治療ガイドラインが出ておりますが、もう相当古くなっています。それで新しいガイドラインを2年前から作成しており、今学会でそれをまとめることになっているということです。

ハイパーサーミア学会としては当学会を契機に、ハイパーサーミアを標準治療とするように目指しているということですね。

演題の内容も気になるので、しばらくはフォローしようと思います。

患者の請願により、千葉県がんセンターにハイパーサーミア機器を導入

ハイパーサーミアを投入する動きが新たに出ています。千葉県がんセンターでは患者さんの請願運動により導入されたそうです。

こちらにその請願行動キャンペーンの記録があります。

全会一致で千葉県議会において採択されたのですね。

ハイパーサーミア設置医療機関

全国では110台の機器があります。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

コメントを残す