スポンサーリンク

新型コロナワクチン、当面は打たない

LINEで送る
Pocket

新型コロナに感染した弟も、一昨日3週間ぶりに退院しました。政府の方針では、重症患者用の病院は3週間経てば退院しなくてはいけないらしいです。退院する際にもPCR 検査はありませんでした。肺のレントゲン写真だとかそういったもので症状が改善していれば、体内にはコロナウイルスは存在しないと判断をしているようですね。

ただ、まだ歩行も困難で独り暮らしの身ですから、自宅での生活はまだ無理なので、リハビリ病院に転院ということになりました。

さて、世間ではファイザー社のワクチンが驚くほど少ない量しか入ってこないとか、今は医療従事者を優先してワクチンを打っていますが、高齢者に対してはいつから始まるのか見通しが明らかではありません。6月末までにはとの報道もあるようですが、果たして国民全員にワクチンが行き渡るのはいつになるんでしょうか。

ワクチンを打たない理由

私としては、順番が回ってきても当面ワクチンは打たないつもりです。

その理由はいくつかあります。

  • mRNAワクチンというのは、これまで人類が体内に入れたことのないものです。遺伝子組み換え食品に対して安全性を不安視する国民が、mRNAワクチンを筋肉に注射するのが平気だという感覚が、私には理解できません。
  • アナフィラキー・ショックも当初は頻度が少ないと言われていましたたが、日本人では多いのかもしれない
  • 新型コロナワクチンを接種しても、できるのはIgG抗体だけであり、粘膜面を防御するIgA抗体はできない。従って感染予防は理論的に不可能である。
  • 潜伏期間が、5~6日とか長い場合は感染しても、発症予防はできる可能性はある。しかし、潜伏期間がインフルエンザなみに2~3日とか短ければ、感染したら、IgG抗体は間に合わず、発症予防も困難である。
  • 新型コロナワクチンを接種しても感染するので、ワクチン接種した人が他人に感染させる可能性は普通にある。従って、ワクチン接種で流行を止めることは不可能である
  • 発症抑制率は、初回接種から約2~3か月間で 82 ~ 90%、2回目接種から1~2週間以降 1.5 ~2か月間で 95%程度。重症化の防止率も90%以上と言われているが、死亡への影響は不明である
  • 国民の半数近くが少なくとも1回のワクチン接種を受けたイスラエルですが、確かに感染者数は減ってきています。しかし死亡者数が減ってきているのかどうか。ワクチン未接種の隣国パレスチナや南アフリカと比べて減ってきているとは言い難い傾向があります。
  • ノルウェーでは、接種した高齢者 1300 人に1人が死亡し、ワクチンとの関連が指摘されています。
  • 因果関係は明確ではないにしろ、オーストラリアでも日本でも、ワクチン接種後の死亡例が報告されています。
  • 80歳以上の高齢者におけるコロナによる死者を一人減らすためには、1700人にワクチンを接種する必要があります。しかしノルウェーの例を用いれば、1700人のうち1.3人がワクチンによる副反応で死亡するのですから、リスクの方が上回ることになります。
  • それ以下の若い人ではなおさら、ワクチンによるベネフィットよりもワクチンによる死亡リスクの方が上回ると予想されます。
  • 本塁打王 ハンク・アーロンさんの死亡(接種2週間後に睡眠中突然死) もワクチンと無関係かどうか疑問です。(フルトン郡監察医事務所の担当者はワクチン接種は無関係な自然死と発表しているが)。
  • 自己免疫疾患や神経系の障害など、長期のワクチンによる害については、まったく未知数です。

■ 結論

  • 高齢者でも、ワクチン接種による害の方が、利益を上回る可能性がある
  • 仮に、短期的な副反応は無視したにしても、長期的な害については未知数である
  • 有効性は高いかもしれないが、現時点では安全性は担保されていない
  • 数ヶ月内に置き換わると思われる変異株に対するリスクや有効性も未知数である
  • 半年ほど経てばもっとしっかりしたデータが出てくるであろうから、それからワクチンの接種の可否を考えればよい

私の目には、地球規模での壮大な人体実験が進行しているように見える。

「お手上げです」なんて言う政府があっただろうか。

かあさん

こんな専門は要らないから辞任しなさい!


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • がん治療は高血糖値を招きやすいがん治療は高血糖値を招きやすい 抗がん剤治療によって血糖値が急上昇することがあるとは聞いていたが、日経メディカルの『癌は糖尿病の“新たな合併症”』は、詳しく解説している。 要点を記すと、 […]
  • 運動不足だから散歩写真運動不足だから散歩写真 コロナ禍以来、血糖値も高めを維持しています。なんとかしなきゃということで、ここ数日はカメラを持ち出して散歩写真です。 蒲田は高級食パンの<新>激戦区だそうです。それらの店を […]
  • AIで膵臓がんを分子レベルで見分けるAIで膵臓がんを分子レベルで見分ける ビッグデータ、AI・・・医療の分野も人工知能や機械学習が応用され、個別化医療がますます広がる様相になってきました。 機械学習の「教師なし学習」を使って、膵臓がんを分子レベル […]
  • 参院選の争点にならない緩和ケア病棟入院料参院選の争点にならない緩和ケア病棟入院料 問題の根っこには、安倍自公政権の社会福祉予算の削減にあるのです。 自民党と”福祉の”公明党政権は、「早期退院」の誘導を狙った診療報酬の改定、療養病床の削減、国公立病院の統廃 […]
  • 長生きするのは善なのか?長生きするのは善なのか? 高倉健さんに続いて菅原文太さんが亡くなった。高倉健さんは83歳、菅原文太さんは81歳であった。そして、悪性リンパ腫と転移性肝がんという、二人ともがんでお亡くなりになった。妻の菅原 […]
  • がんと食事(2)がんと食事(2) DP2 Merrill F2.8 1/200 […]
  • のりぽきーとさん、闘病記をクラウドファンディングで出版のりぽきーとさん、闘病記をクラウドファンディングで出版 お母さまの膵臓がん闘病記を4コマ漫画で書かれているのりぽきーとさんが、闘病記を出版するためにクラウドファンディングで資金を募集しています。 100万円の目標 […]
  • 『抗がん剤は効く!』 梅澤先生の新著『使い方次第で抗がん剤は効く!』を読みました。近藤誠氏の「抗がん剤は効かない」について、標準量では聞かないというのなら、それは同意できる。しかし、患者に合わせた少用 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です