スポンサーリンク

新型コロナワクチンはデメリットのほうが大きい

LINEで送る
Pocket

第58回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会などの合同部会の資料が発表されています。

「副反応疑い報告の状況について」

今回の審議会(5月2日時点、75日間)までに、死亡として報告された事例は28件。(100万人接種あたり10.0件、100万回接種あたり7.3件)であった。
(4月18日時点、61日間)までに、死亡として報告された事例は10件。(100万人接種あたり8.3件、100万回接種あたり5.2件)
4月18日時点と比較すると、100万人、100万回あたりの死亡者数が増えています。

28例のうち、脳出血が6例、心臓・大血管疾患が7例でした。

副反応による死者は欧米と変わらないが・・・

副反応による死者は欧米とさして変わらないが、人口100万人あたりの新型コロナ死者数が、欧米の10分の1~50分の1の日本では、ワクチンのデメリットの方がメリットを上回っているのではないか。

  • 報告された症状等は出血性脳卒中7件、心肺停止6件、心不全4件等であった。
  • 専門家による評価は、28件中28件いずれもワクチンと症状名との因果関係が評価できないもの、と
    された。

とされているが、

新型コロナウイルス感染症の合併症には脳血栓と脳出血があります。
ウイルスの表面にある『スパイクタンパク』により血管内に侵入しますが、そのスパイクタンパクが血管内皮を障害して血栓や出血を生じると考えられています。

また、ワクチンが作用すると、体内に同様のスパイクタンパクが産生されます。このスパイクタンパクが、新型コロナウイルスと同様に、血管内皮に何らかの障害を生じて、出血や心血管患を起こしている可能性があると言われています。
つまり、「因果関係が評価できない」のではなく、「ワクチンとの関連を完全に否定することは困難である」と考えるべきでしょう。

新型コロナワクチンで、人体に生成されるのは、「IgG抗体」です。粘膜面を防御する「IgA抗体」は産生されません。従って、感染防御はできません。感染したあと発症を防いだり、重症化を防ぐ可能性はあります。

新型コロナワクチンのリスク

政府もマスコミもがこぞってワクチン接種に期待を表明しています。国民の大多数がワクチンを接種すればあたかもコロナを克服できるかのように言っていますが、この新型コロナワクチンに対するリスクを報道することはほとんどありません。

「蜘蛛おばさん」と言われている、北海道在住の松田まゆみさんのサイトに、新型コロナワクチンに対するリスクが詳細にまとめられています。

ワクチンに賛成であれ反対であれ、こうしたリスクがあるということを知っておくことは大切ではないでしょうか。

要点をを抜き出してみました。

  • ワクチン接種が陽性者や変異株を増やしている
    ワクチンの接種を始めた国はほぼどこでも(一部のゼロコロナ国は除く)ワクチン接種と同時に陽性者数が増加している。また陽性者増加と同時に特定の変異株が増加している。しかもBCG接種が義務付けられている国ほど、陽性者が急増している。
  • ワクチン接種で多くの副反応が生じており死者も多い
  • mRNAワクチンは中長期のリスクが不明でADEの可能性も
    このワクチンでは抗体依存性免疫増強(ADE)の可能性が指摘されている。抗体依存性免疫増強とは、ワクチンでつくられた抗体のために、ワクチンの対象となったウイルスに感染したときに症状が重篤化するというもの。
    新型コロナワクチンはウイルスの遺伝子情報が明らかにされてから1年も経たないうちに世界中の人たちに接種し始めた。たとえワクチンで一旦感染が落ち着いたとしても、ADEが起きるかどうかは次の感染の波がこないと分からない。
  • ワクチン接種で免疫力の低下が懸念
  • 新型コロナでは抗体はほとんど役に立たずT細胞免疫で撃退している可能性
    査読前のプレプリントだが、新型コロナでは抗体よりT細胞免疫が重要であるという論文が公表されている。ワクチンで作った抗体は重症化防止にほとんど役に立たない可能性がある。
  • 特定のコロナウイルスの抗体を持つと、他のコロナウイルスで重症化しやすい
    ワクチンで新型コロナの抗体ができると、従来コロナ風邪で重症化しやすくなる可能性がある。

本来ならワクチンのリスクをきちんと指摘しなければならない医師や科学者、政治家などの多くがワクチン推進に走っている。一部の人はワクチンに疑義を呈している人を「反ワクチン」とレッテル貼りし、否定・攻撃している。

薬を処方するにあたって副作用の説明があるが、ワクチンを推進する以上リスクの説明をするのが責任というものだ。それがほとんどなされず効果ばかりが喧伝される現状は恐ろしいとしか言いようがない。

鬼蜘蛛の網の片隅から

イタリア:ワクチンで患者が増え、重症化

また糖尿病治療に糖質制限食をと提案している江部康二先生のサイトには、イタリアでの様子が紹介されています。

☆ボルツァーノのパラドックス

ボルツァーノはイタリア北部の町です。
サルヴッチ医師、
「感染頻度の高い場所で、ワクチン接種キャンペーンが、かなりまじめに行われた結果、コロナ患者数が、重症化したものも含めて、なぜか増える」
という現象を端的に示したのがボルツァーノだが、これはイタリア全国でも言えることだと述べています。

ワクチンを接種したほうが、かえってコロナ患者数が増えるし、重症化しやすいというパラドックスは、日本でも生じうるので、非常に懸念されます。

【原因として考えられる仮説は3つあり
1.再感染 2.変異株 3.抗体依存性感染増強(ADE)
だと述べています。
特に3の仮説を考慮した上で、ワクチンが悪いというのではなく、事前に抗体検査もせず、抗体があろうがなかろうが、簡単に誰にでもワクチン接種をするのが良くない、と考えているようです。】

抗体依存性感染増強(ADE)

すでに過去に新型コロナに自然感染して治って抗体を持っている人に新型コロナワクチンを接種すると、
抗体依存性感染増強(ADE)といった現象を引き起こすということでしょう。

新型コロナワクチンで第3相臨床試験まで終わったものは一つもありません。こうした実態に医療従事者からは疑問や懸念が表明されても当然のはずですが、実際にがんの治療薬では第3相試験をクリアしなければまともに論議の対象にもなりませんよね。

ところが新型コロナワクチンに関しては、いけいけどんどんです。世界的規模で人体実験が行われています。欧米のように死者数が多い国では無理からぬところもありますが、1/50という死者数の日本において、本当に必要なのかどうか。ベネフィットがリスクを上回っているのか疑問です。

色々議論もあります。アフリカ型や、特にインド型の変異株は2.6倍の感染力だとも言われていますから、ワクチンに期待するのも無理からぬところもあります。

私としてはまだしばらくは様子見です。ワクチン接種は、順番が来ても当面延期をするつもりです。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 粒子線治療の新兵器粒子線治療の新兵器 膵臓がんの方でも重粒子線、陽子線治療を考えたり、期待している患者は多いです。 しかし、腫瘍が消化管に近かい場合は適用が難しいと断られることがあります。 粒子線はそのエ […]
  • 予防原則-過去の過ちから学ぶこと フロンがオゾン層を破壊して皮膚がんが増えると、使用を制限するためのモントリオール議定書が結ばれようとしたとき、日本政府は「科学的に証明されていない」として批准をせず(のちに批准) […]
  • 心と癌と量子力学の関係(4) 私たちの常識では、「離れた場所にある別々の物体は、別のものである」と考えます。カラスと鳩が右と左の空に浮かんでいれば、別の鳥です。カラスが鳩を襲うためには、空を横切って鳩に近づか […]
  • 今日の一枚 <自由が丘>今日の一枚 <自由が丘> このところ週末に晴れることが少なくて、今日は絶好のカメラ散歩日和。MerrillとGR3を持って自由が丘に行ってみました。 RICOH GR3 18.3mm F 2.8 […]
  • 遺伝子解析は全ゲノム検査へ遺伝子解析は全ゲノム検査へ 日経の記事を見ると、遺伝子検査でイギリスは一番進んでいる。 日本の遺伝子パネル検査はせいぜい数百の遺伝子解析だが、イギリスは 国民医療制度(NHS)の下で […]
  • 福島菊次郎「ニッポンの嘘」福島菊次郎「ニッポンの嘘」 今日は正月三が日の最後。キネカ大森に映画を見に行った。「ニッポンの嘘=報道写真家 […]
  • クロ現+ オプジーボで医療崩壊?クロ現+ オプジーボで医療崩壊? 今日はお盆の墓参り。菩提寺に着いたら雷に大粒の雨で急いで墓参りを済ませて、先行が消えないように養生をして退散。 昨夜のクローズアップ現代+はオプジーボで国民皆保険制度だけで […]
  • あたりまえだが、チェルノブイリを超えているあたりまえだが、チェルノブイリを超えている 漁業の再開は? 日曜日のNHK総合テレビで「漁場を返せ~原発事故に苦しむ福島県相馬市~」を放送していた。津波で100隻近くの漁船が流され、壊滅状態となった福島県相馬市の松川浦漁港 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です