スポンサーリンク

がん患者は抗体量が半分以下

新型コロナウイルスに感染すると体内に抗体ができるのですが、俺ががん患者の場合健康な人の半分ほどだという研究結果が発表されています。

国立がん研究センターのまとめた結果です。

これが感染のリスクや重症化のリスクを高めるのかどうかははっきりしませんが、チームは「がん患者もワクチンを積極的に接種してください」と呼びかけています。

抗がん剤治療を受けているがん患者さんでは抗体量が少なかった。しかし免疫チェックポイント阻害薬を使っていた患者は抗体量が多かった。

免疫というのは、まだ人類はその一部しか解明できていないのだと思います。mRNAを体内に入れて免疫システムに影響を与えようというのが新型コロナワクチンですけども、わずか10ヶ月で開発されました。

これを科学の進歩の成果と見るのか、それとも緊急事態だから見切り発車をした結果なのか。

「正しい情報を得て賢く判断しましょう」などと言われますが、新型コロナウイルスについてはもう1年以上になりますが、専門家の見解も様々ですし、何が正しい情報な後世にならなければわからないのではないでしょうか。

もちろんいろんな情報は探索していますが、結局最後は自分の直感で判断するしかないのかな、などと思うこの頃です。

なぜ直感のほうが上手くいくのか? - 「無意識の知性」が決めている

なぜ直感のほうが上手くいくのか? – 「無意識の知性」が決めている

ゲルト ギーゲレンツァー
6,480円(06/27 14:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

直感は意外と正しいんですよね。多くの人がそうした経験をしてるんではないでしょうか。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す