スポンサーリンク

喫煙は COVID-19を重症化させる

LINEで送る
Pocket

5月31日は「世界禁煙デー」でした。6月6日までが禁煙週間となっております。

今年の禁煙デーは格別です。

この世界禁煙デーに先駆けて、WHOから「禁煙が必要な100以上の理由」とのが発表がありました。

その1番目は、「喫煙はCOVID-19を重症化させる」というものでした。

喫煙と新型コロナの感染率、重症化率の関係は、マスコミでは声高に言われることはありません。しかし実臨床、医療の現場で実際にコロナ患者を診てきた医者は、タバコと重症化は大きな因果関係があると感じていると言います。

 世界禁煙デーや禁煙週間は毎年実施されているが、今年は例年に比べて重みが異なる。それは、目下、全世界共通の重大な問題となっている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染リスクや重症化リスクが、喫煙者では高いことが分かってきたからである。

 日本禁煙学会によると、喫煙によって、(1)マスクを外して狭い喫煙室に入り、きたない手でタバコを吸うと、感染リスクが高まる、(2)喫煙者ではCOVID-19重症化・死亡リスクが2倍である、(3)喫煙は、がん、心臓病、脳卒中、慢性閉塞性肺疾患、糖尿病の原因であり、これらの疾患はいずれもCOVID-19重症化のリスク因子であるーと警鐘を鳴らしている。

日本禁煙学会/タバコをやめて「新型コロナに負けない日本」を作ろう!

タバコを吸いながら、「ワクチンの予約が取れねぇ」などとぼやいている老人がいたけど、タバコ止めるのが先だろ。

それともワクチンを接種したら、心配なしに吸えるってことなのかな。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です