スポンサーリンク

アマゾンのマインドフルネス設備に批判集中

LINEで送る
Pocket

私もがん治療の代替療法の一つとしてマインドフルネス瞑想やサイモントン療法を取り入れています。

人はよく過去の出来事を思い出して後悔をしてみたり、将来に不安や心配を感じたりするものです。しかし過去や未来ばかりに目を向けていると心をコントロールできなくなります。あなたが変えることができるのは「今」この瞬間だけです。

心を「今」に向ける方法としてマインドフルネスが注目されているのです。

がん患者さんの場合、どうして自分ががんになったんだろう。仕事で無理をしすぎた?、ストレスが溜まっていた?。そういったことばかり考えます。

また自分のがんは治るのだろうか。1年後に生きていられるのだろうか。自分が死んだ後は家族はどうなるんだろうかなど、様々な将来への不安が次から次に頭に浮かんできます。

そのように飛び跳ねるような思考を落ち着かせるのにマインドフルネスや瞑想、座禅やサイモントン療法が役に立ちます。心を「今この瞬間」に向けさせるのです。

欧米でも、従業員のメンタル対策として取り入れる例が増えてきており、その中でも GoogleやAmazon、Facebook が有名です。

マインドフルネスストレス低減法

マインドフルネスストレス低減法

ジョン・カバットジン, Jon Kabat‐Zinn
2,300円(06/16 07:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

Amazon が従業員用のマインドフルネス設備「Amazen」を設置したとして批判が集中しているとNewsWeekが報じています。

これはダメですね。安い賃金で従業員を長時間働かせる。それのストレス対策従業員の不満への対策としてマインドフルネスを落ち込んでくる。

これは本末転倒ですよ。マインドフルネスは人が幸せになるためのツールであって、企業が利益を上げるためのツールではありません。個人個人がストレスなく幸せになれば、結果として企業の業績が上がるというのが本来の考え方なのです。

アマゾン従業員用のマインドフルネス設備「AmaZen」 photo:amazon

インターネット通販大手の米アマゾンは5月27日、従業員が就業中の疲れを癒すための電話ボックス大の「禅ブース」を導入したと公式ツイッターで発表した。これを見たツイッター・ユーザーからは、「ディストピアだ」「簡易便所の方がまだ使える」「棺桶みたい」「嘆きのブース」など批判が殺到。この投稿は現在、削除されている。

NewsWeek https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/06/post-96451_1.php

「搾取され、監視されまくっているアマゾン労働者にとっては、簡易トイレの方がもっと使えたんじゃないかと思う」とツイートした。

ジャーナリストのタリア・ラビンさんは、「移動式の絶望クローゼットより、生活できる給料と労働環境の方がマシ」とツイートした。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 口内炎対策に「エピシル」口内炎対策に「エピシル」 2017年6月に医療機器製造販売承認を厚生労働省から受けた「エピシル口腔用液(SP-03)」(製品名は「エピシル」)が、今年の5月から市販されて保険適用になっているようです。 […]
  • 糖質制限食は劇的に効く糖質制限食は劇的に効く 今日は病院で血糖値だけ測定してもらった。正月を前にして、この間の糖質制限食がどれだけ効果があったのかを確かめるためです。 食後2時間の血糖値で、170mg/dl […]
  • 今日の一冊(137)『私の仕事は、生きることです』今日の一冊(137)『私の仕事は、生きることです』 2015年6月に膵頭十二指腸切除術を行い、リンパ節転移があったのでステージⅣaと言われたフジシゲ・三太郎さんの闘病記です。 人間ドックでCA19-9が基準値 […]
  • SPEEDIの情報を公開せよ!SPEEDIの情報を公開せよ! SPEEDIは本来、現在のような事態になったときに迅速に放射能の拡散をシミュレーションして公開するために開発したはずです。しかし、政府は必死で秘匿しようとしています。私はまだデー […]
  • 『助け合いたい』~老後破綻の親、過労死ラインの子~『助け合いたい』~老後破綻の親、過労死ラインの子~ 貧困や生活保護のコミックを多く出しているさいきまこ氏の作品です。 「あなたは家族を捨てられますか?」と衝撃的な帯がついています。 年老いた親が病気になったとき、子ども […]
  • ビタミンDの話題ビタミンDの話題 という毎日新聞の記事がありました。 研究チームは2016年5月から1年間、同大の学生など20代の女性延べ101人について、日焼け止めの使用頻度や食生活など習慣など […]
  • 大往生なんか、せんでもええやん! 治らないがん患者に、いずれ訪れる末期になったらどうするかという選択。「もう治療法がありません」と言われ、胃瘻(いろう)をつけて放り出されることになる。5月17日の「クローズア […]
  • 膵臓がんも真菌? そんなわけないだろ膵臓がんも真菌? そんなわけないだろ 朝日新聞の広告がSNSなどで批判されています。それとの関連で、「真菌」についての話題を3つ挙げます。 朝日新聞は広告を謝罪 広告のこの本は、イタリア人の元医師 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です