スポンサーリンク

スマートウォッチで血糖値測定

最近朝の空腹時の血糖値が高いんですよね。腰痛もあって運動不足でしょう。少し糖質を摂り過ぎなのかもしれません。

針を刺す時のあの何とも嫌な感じは、なかなか慣れないですね。私の場合は3日に一回ほどの測定なんですが、毎日食事前に測定している方は大変でしょう。

リブレなら、腕に貼って2週間連続測定ができますが、センサーが7000円ぐらいするのではなかったですかね。健康保険で使えるにはいくつか条件があって、私の場合は該当しません。

ウェラブル端末に血糖測定機能

ウェアラブル端末で、血圧や脈拍などが測定できるわけですから、これで血糖値の測定ができるはずです。

「血糖値測定 非侵襲」で検索すると、内外でたくさんの機関が研究開発を進めているようです。アップルウォッチにその機能が搭載されるという噂がずっと流れています。

そして、アップルのサプライヤーがそのセンサーを開発したと発表しています。

公開されたリストバンド型デバイスは、ハードウェアとアプリケーションファームウェアを統合しており、コア体温(体内深部温度)や血圧、身体の水分補給、アルコール、乳酸(ラクテート)、血糖値の傾向など、複数のモニタリングができると謳われています。

また本技術は今後数ヶ月のうちに社内でテストが行われてから、2022年前半には第1世代の製品が商業的に利用できるようになる見込みとのことです。

サムスン電子は、ラマン分光法という技術に基づいて、マサチューセッツ工科大学と非侵襲型血糖値測定の研究を行っています。

この技術が近く「GalaxyWatch」シリーズに搭載されるのではないかと、韓国の大手ITメディア「ETNews」が報じている。

イスラエルの医療ベンチャーGluco Vistaなど、多数の企業がウェアラブル型の非侵襲血糖値測定機を研究開発しています。

なかでも注目されるのが、日本のベンチャーである株式会社クォンタムオペレーションによる「世界初となる非侵襲連続測定可能な血糖センサー」だ。

どこが真っ先に出すか、激しい先陣争いが展開されているようです。

来年あたり購入できるようになるかもしれません。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 薬・抗体医薬 週末は音楽と読書三昧。チェリスト長谷川陽子の師であるフィンランドのアルト・ノラスのCD『チェロ・カンタービレ』を聴く。静謐なチェロの音色にオーケストラの華麗な響きが伴って、ときに […]
  • 膵臓がんの緩和ケア膵臓がんの緩和ケア 一般に膵臓がんの終末期の痛みは、コントロールが難しいのですが、膵臓がんブログでも最期はほとんど痛みがない方も結構いるので、あまり悲観的になる必要はありません。しかし、経験の浅い未 […]
  • 参院選の争点にならない緩和ケア病棟入院料参院選の争点にならない緩和ケア病棟入院料 問題の根っこには、安倍自公政権の社会福祉予算の削減にあるのです。 自民党と”福祉の”公明党政権は、「早期退院」の誘導を狙った診療報酬の改定、療養病床の削減、国公立病院の統廃 […]
  • 光線力学療法(PDT)が膵臓がんに適用できるようになるか?光線力学療法(PDT)が膵臓がんに適用できるようになるか? 2000年に入ってから、出力の非常に弱い光源(従来の1/1000)を用いた「メトロノミックPDT […]
  • 今日の一冊(146)『僕のコーチはがんの妻』今日の一冊(146)『僕のコーチはがんの妻』 ぎっくり腰のせいで間が5日空きましたが、だいぶ良くなってきました。大掃除も止めました。無理をしない正月を迎えようと思います。 前の記事『味覚喪失~ひとは脳で食べてい […]
  • 合掌 Purple_Hazeさん合掌 Purple_Hazeさん 今日から富良野。二泊します。紅葉は山の方は終わっています。里に下りてきています、広葉樹が少ないのであまりきれいではないです。 先ほどペンションの前で星空を撮影しましたが、さ […]
  • ある闘病記「かわもと文庫」 つねづね私は闘病記は読まないと言っている。がんの闘病記はその多くがハッピーエンドに終わらない。最もハッピーエンドで終わるようながんなら闘病記を書こうかという患者はいないに違いない […]
  • 難治性がん新薬 実用化 第1弾久留米大などでがんワクチンの治験難治性がん新薬 実用化 第1弾久留米大などでがんワクチンの治験 難治性がん新薬 実用化を後押し […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です