スポンサーリンク

オミクロン株ってどうなる?

数年ぶりに都心も雪化粧です。明日の朝は路面が凍結するかもしれませんね。自転車での出勤は危ないかな。

マスコミではほとんど報じられませんが南アフリカのオミクロン株はすでにピックアウトしています。ぱっと広まって、ガクンと急激に落ちているんですね。

前回のピークを超えた感染者数でしたけども、死者数は前回のピークよりもはるかに少なくなっています。臭覚異常も味覚異常もなし。肺炎のリスクもほとんど無視できる。

こうしたことから、中村祐輔先生など、オミクロン株は全く別の病気と疾病と考えた方が良さそうとの意見があります。

濃厚接触者を全員ホテルに隔離あるいは2週間の自宅待機などと言ってましたけども、岸田総理はそれを撤回しました。

これは賢明な処置だったと思いますよ。症状もないのに延々と隔離し続けるなんてことは馬鹿げています。初期のうちならいいですよ。水際対策で見つけた感染者を隔離する、それは感染症対策の鉄則です。

しかし PCR 検査をしないで抗体検査だけだと、水際作戦では漏れるのは当たり前。そんな非科学的なことをやってて、蔓延するのはあたりまえ。蔓延してから「蔓延等防止措置」って、いつものことながら経験から学んでいない。笑い草です。

検査もなしの米軍が日米地位協定を盾にどんどん入ってきています。沖縄も岩国も米軍基地は感染のエピセンターでしょう。

一方で、こんな意見もあります。

現場を見ない自称「専門家」に治する苦言です。

さて、どちらが正しいのか。

いずれにしろ我々としては、

手洗いやマスクを。マスクも不織布以上の N95マスクなどを着用する。

栄養のあるものを摂り、ストレスを溜めない、十分な睡眠をとる。できる限り体を動かして体力を維持する。

このような基本的な対策を続けていくしかないでしょう。

オミクロン株を怖がっても駄目だし、軽んじてもいけないが、何があろうとも、自分は感染をしないように。

また感染をしても重症化しないように。

重症化しても死なないように

そのような対策をしていきます。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 床屋で便意床屋で便意 正月も近いので、昨日は2ヶ月ぶりに床屋に行きました。 頭の半分以上は髪の毛がないのに、床屋代ってサービスしてくれないのですかね。もっとも、床屋の親父に言わせれば、 […]
  • ニンジンジュースと免疫ニンジンジュースと免疫 リンパ球バンクの藤井さんが興味深い記事をアップしています。 「小林真央さんも飲まれるというニンジンジュース」 リンパ球バンク(株)のANK自己リンパ球 […]
  • 『膵臓がん患者と家族の集い』アンケートの結果『膵臓がん患者と家族の集い』アンケートの結果 コロナ禍でも「膵臓がんの集い」をどのようにして開催し、運営していったら良いのか、皆さんにお願いしたアンケートですが、19名の方からご意見をいただくことができました。 具体的 […]
  • 緩和ケアと抗がん剤の止めどき緩和ケアと抗がん剤の止めどき 抗がん剤はいつまで続ければ良いのでしょうか。抗がん剤の「止めどき」の判断は難しいですね。「今のが効かなくなったら、次の抗がん剤。その次の・・・」と、なんとかもう少し延命したいと考 […]
  • 膵臓がんと栄養膵臓がんと栄養 昨夜は同好の相棒と二人で横浜の夜景を撮りに行ってきた。今日8月5日はみなとみらいの花火大会があるので、混雑で撮影どころではないだろうと考えて1日に前にした。花火はまた別の […]
  • 科学的な視点が足りない科学的な視点が足りない 今朝の東京新聞の一面トップは中村祐輔先生の記事でした。 がん研有明病院では、新型コロナへの対応でがんの手術ができない病院の患者を受け入れ、週末にも手術する体制を組んでいる。 […]
  • やっと退院やっと退院 2度目の手術・入院からやっと退院しました。 「脊柱管狭窄症の手術なんて、膵臓がんに比べたらかすり傷」と考えていたのですが、傷口から黄色ブドウ球菌に感染し、39度の熱に、炎症 […]
  • がん患者は、被ばくを避けてCT検査を控えるべきか?がん患者は、被ばくを避けてCT検査を控えるべきか? 最近何人かの方から、腫瘍マーカーが上がってきたので心配で、CT検査を受けたいけど、CT検査をすればがんのリスクが増えのでは・・・という質問を受けました。 このブログ […]

コメントを残す