スポンサーリンク

「心の平穏」を得るためには・・・『チコがん日記』お薦めです

このブログでは、がん患者さんには「心の平安」がとっても大切ですと、ずっと書いてきました。

しかし正直言ってなかなか理解してもらえない。どうすれば心の平安が得られるのか、サイモントン療法や座禅、マインドフルネス瞑想を取り上げてきましたが、瞑想それ自体が誤解されることの多い言葉です。

「膵臓がんの集い」Web交流会にも何度も参加してくださったチコさんは、『チコがん日記 膵がんからの「学び」と「生きる知恵」』のブログで、膵臓がんになった体験から、

がん患者にとって、心の平穏なんてあるのでしょうか?

あります。

私自身がんと診断された当初、病や死への恐怖に身をすくめながら過ごしました。

しかし、

受け入れ、流れに身をまかせ、あるがままに生きる

を意識することで、「人はどんな状況にいても、心の平穏を手に入れられる」ことに気付くことができました。

『チコがん日記』より

と語るチコさん。

なぜ心の平穏が必要なのか、具体的にはどうすればよいのか。食事や運動、睡眠についても、がん患者にとってヒントがたくさん詰まったブログ記事です。

多くの膵臓がん患者さんに、ぜひ読んで拡散していただきたい。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 瞑想は免疫系を活性化する瞑想は免疫系を活性化する 8日間の集中的な瞑想が免疫系の強力な活性化を引き起こすことを発見した、という米国フロリダ大学からの研究報告です。 […]
  • がんとマインドフルネス瞑想(4)食べる瞑想がんとマインドフルネス瞑想(4)食べる瞑想 レーズンだってよくみればさまざまな色・形を持っている 瞑想と言われると、目を閉じて横になり、鼻の先端から入る空気を意識して呼吸に意識を集中する。そうしたイメージを思い浮か […]
  • がんとマインドフルネス瞑想(3)がんとマインドフルネス瞑想(3) がん患者は、もっと心の平安に関心を なぜなら、それががんとの戦いにおいて、あなたができる一番大きな効果を与えることのできる項目だからです。 がん患者は常 […]
  • 心の平安:これがいちばん大切です心の平安:これがいちばん大切です がん患者なら誰しもが、自分だけにでも奇跡が起きてほしいと願うものです。 しかし残念ながら奇跡はめったに起きないから奇跡なんです。ちまたにはこれで癌が治ったというような高価 […]
  • がんとマインドフルネス瞑想(2)がんとマインドフルネス瞑想(2) 前回はマインドフルネス瞑想が、がんに対しても効果があるというエビデンスが増えてきたことを書きました。 私の場合はどうだったかと言うと、膵臓がんの告知をされたのが15年前で […]
  • がんとマインドフルネス瞑想(1)がんとマインドフルネス瞑想(1) がん患者へのマインドフルネスに基づく介入の研究が進んでその有用性が確認されつつあります。 マインドフルネスはがんに効果があるということです。 オフィスガール […]
  • 道元の「生死」観とマインドフルネス マインドフルネスの原理 マインドフルネスは、禅を中心に、広大な仏教体系の中でその基本的原理を忘れることなく医療に応用されたものと言えます。 マインドフルネスの考案者 […]
  • こんな時期だからこそ、がん患者も瞑想をこんな時期だからこそ、がん患者も瞑想を コロナ禍の影響もあって、世の中の全体が混沌としています。 何かたくさんのことが、次から次へと頭に浮かんできて、あーでもない。こーでもないと、考え続けている自分がい […]

「心の平穏」を得るためには・・・『チコがん日記』お薦めです” に対して3件のコメントがあります。

  1. ちこ より:

    木下さん、私のブログのご紹介ありがとうございます!

    チコがん日記へのコメントも、いま拝見させていただきました。(^^)

    患者会やブログで、たくさんの人たちに勇気や希望を与えてくださる木下さんからのお言葉、

    とてもとても有り難く、嬉しく思います。

    1. キノシタ より:

      チコさん。
      こちらこそよろしくお願いいたします。
      あなたの経験やすい臓がんへの考え方を、機会がありましたら膵臓がんの集いで発表していただけたらと考えています。
      その際にはよろしくご検討ください。
      膵臓癌になったのを機会に、あるいはそれをチャンスとして生き方や考え方を模索した例は貴重だと考えています。

      1. ちこ より:

        木下さん
        温かいお言葉、重ねてありがとうございます。

コメントを残す