「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


リアルとリモートのハイブリッド開催です。YouTubeの"がん治療"インフルエンサーとなられた押川勝太郎先生の講演です。同じ病気の仲間とつながってみませんか?

【日 時】2023年2月26日(日) 14:00~17:00(開場:13:45)
【会場1】大田区産業プラザ PiO 6階D会議室
     定員:60名 参加費:1000円
【会場2】YouTubeによる参加
     定員なし 参加費:無料
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【内 容】
第1部 講演:押川勝太郎先生『膵がん治療の7つの落とし穴』
第2部 患者さん同士の交流会(PiO会場参加者のみ)

申込受付中です。
詳しくはオフィシャルサイトで


抗原検査キットとカロナールを用意した

都内でも新型コロナウイルスの第8波が猛威を振るっています。大田区からは、「もう入院するベッドがありません」と医療機関に連絡がいっているようです。

遅まきながら抗原定性検査キットとカロナールを準備しました(⇑)。「自分で検査キットを買って検査をして、熱があるならカロナールでも飲んで家で寝ていろ」という国の方針に従っています。

バカな政府を持ったおかげで苦労をしています。

抗原定性検査キットはRT-PCR検査に比較して感度が落ちます。さらにオミクロン株に対しては感度が一層落ちているようです。

その中でも比較的マシなのがACON Biotech社のFlowflexだという情報。

査読前の重要な論文を掲載するmedrxivに載っていました。先月だから比較的新しいものです。

初期パンデミック SARS-CoV-2 分離株 (B.1.610) を使用した 7 つの Ag-RDT アッセイの分析感度のLog 
10 PFU/mL に基づくヒート マップ、VOC のアルファ、ベータ、ガンマ、およびデルタと比較したオミクロン。
使用される Ag-RDT: I) Panbio COVID-19 Ag Rapid テスト装置 (Abbott); 
II) 標準 Q COVID-19 Ag (SD バイオセンサー/ロシュ); 
III) Sure Status (Premier Medical Corporation); 
IV) 2019-nCoV 抗原検査 (Wondfo); 
V) Beijng Tigsun Diagnostics Co. Ltd (Tigsun); 
VI) オンサイト COVID-19 Ag Rapid Test (CTK Biotech); 
VII) Flowflex (ACON Biotech)。

キャプションにⅠ~Ⅶの製品名が載っています。オミクロンは右端の縦棒、ⅦがFlowflexです。

有名どころのアボットやロシュのものは、こんな感度では使い物になりませんね。

Flowflexはいちばん感度が良いのに、日本では「研究・試験用」として販売されています(おかげで安く買うことができる)。

でも米国ではアメリカ食品医薬品局(FDA)が承認しています。

「コロナか?」と感じたらこれで検査して、自宅待機ならカロナールを服用。

ビタミンDを多めに服用しているから少しはリスクも下がっているはず。ワクチンは3回まで打ちました。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す