傷だらけの黒揚羽

スポンサーリンク
【日 時】2018年12月23日(天皇誕生日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森 4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演「私が手術、抗がん剤をやめたわけ」:待夢さん、SAKUさん
●患者さんどうしの情報交換会
●二次会(希望者だけ)

参加申込みとオフィシャルサイトはこちら
Pocket
LINEで送る

_mg_0397
先月、高知の「モネの庭」で撮った一枚の写真が気になって仕方がない。一匹の黒揚羽が林の中でじっとしていた。ファインダー越しに見ると、羽もあちらこち
らがちぎれて痛々しい。時折レストランの屋根の高さまで舞い上がるのだが、また同じ灌木の枝に降りてくる。近づいても飛び立とうとしない。

どうして気になるのかと思案してたが、ああそうだ、山頭火の後姿を連想していたのだと気付く。種田山頭火の後姿を写した一枚の写真がある。漂泊の歌人-山頭火は四国遍路の旅をしたことがある。室戸岬の空海が修行をし悟りを開いたといわれている御厨人(みくろど)窟を詠Santouka21んでいる。

いちにち物いはず波音
こんやはひとり波音につつまれて
食べて寝て月がさしいる岩穴

山頭火の後姿と黒揚羽の後姿がダブって私の記憶を呼び起したの
だ。中野孝次だったか加島祥造だったか忘れたが、蝶の最後を目撃したという記述がある。突然空高く舞い上がって、やがて命が尽きてひらひらと落ちてくるの
だという記述があった。この黒揚羽を見ているとそんな最期を演じようとしているような気がしてくる。それに山頭火の後姿が何となく似ている。

山頭火が蝶を詠んだこんな句もある。

てふてふ ひらひら いらかをこえた

ぬれて てふてふ どこへいく

ひらひら蝶はうたへない

癌とは闘え、死とは戦うな

命には最期がある。これだけは100%確実だし、この運命を逃れた生き物はいない。この運命から何とか逃れようとじたばたするところから迷いが生じ
る。老子にしろ道元にしろ、あるいはセネカなど洋の東西の思想家・宗教家はつまるところ「死とは何か、生きるとは何か」について語っているのはそのためだ。

パスカルはすべての人は死刑囚であるという喩えを持ち出しているが、すべての人間は生まれた瞬間に「百年の間に死刑は執行される、しかしその方法は
伝えない」という残酷な”有罪判決”を受けているのだ。身に全く覚えがないのに逮捕され、有罪判決を言い渡され、人生という牢獄で死刑を待っている=カフ
カの小説『審判』にはこのように書かれている一生をすべての人、生き物は送っている。

だから、老子はこう言う。死と闘ってはいけな
い。だって必ず負けるに決まっているからだと。必ず負けると分かっているのになんとか勝つ方法はないかと悩むのは馬鹿げている。死は「やって来る」、やっ
て来たら受け入れればよい。良寛はさらにすごいことを言っている。「三条大地震の見舞い」の手紙として、文政11年12月8日の山田杜皐さん宛の地震見舞
いの手紙だ。

災難に逢う時節には、災難に逢うがよく候。
死ぬ時節には、死ぬがよく候。
是ハこれ災難をのがるる妙法にて候

癌とは闘うべきだ。いろいろな戦い方がある。医者の戦い方と患者の戦い方はおのずと違うはずだ。

戦うべきだが、勝とうとしてはいけない。癌に勝とうとすれば無理が生じる。癌細胞を根こそぎやっつけようとする。癌は自分の細胞が癌化したものだ。
自分自身と闘ってやっつけてどうする? 勝とうとしてはいけない。負けなければよいのだ。負けないというのは、心のありようでもあるし、希望を失わないこ
とでもある。また癌組織をこれ以上大きくしない治療方法を選ぶということでもある。癌組織は体の中にあっても大きくならなければ死ぬことはない。癌と共存
して生きて、天寿を迎えることができたなら、私の”勝ち”だ。これが勝たないで勝つということだ。天寿まで共存するために、使える薬・治療方法はある限り
使う。一つの抗がん剤を自分の体が降参するほどつぎ込んではだめだ。次の薬が使えない。抗がん剤は癌をやっつけ消滅させるのではなく、大きくならない程度
に使えばよい。効き目が無くなれば次の抗がん剤に切り替える。これをバトンタッチしながら天寿を全うできるまで走り続けられるようにすればよい。

これが休眠療法(メトロノミック療法)の考え方だ。大腸癌では休眠療法の治験が走っているらしい。

山頭火は、命の生かされるままに生きている。黒揚羽は、死と闘うなんてしていない。

癌とは闘え、しかし死とは闘うな

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • がん患者のためのインターネット活用術 (3)がん患者のためのインターネット活用術 (3) ネットの情報はすぐに古くなります。Kindle本『がん患者のためのインターネット活用術 2017年 第2版: […]
  • 小椋佳 夢・歌・詩(ムカシ)あるところに 小椋佳のコンサートに行きました。5月31日東京国際フォーラムでの「テレビ朝日開局50周年記念 小椋佳トリビュートコンサート」です。 チケットを発売して数時間で売切れという、小椋 […]
  • すい臓癌の5年生存率 今日5月9日は32回目の結婚記念日です。娘も付きあって妻と3人で近所の寿司屋へといったのですが、時期をずらした連休休みで閉まっていました。タクシーを拾って大森駅前までいき、「び […]
  • 静けさに帰る静けさに帰る これの前のブログに、老子の『道徳経』第16章「帰根」を加島祥造さんの自由訳・自由詩で紹介しましたが、老子のいくつかの章をテーマにして写真展に出したことがあります。 第3章、12 […]
  • チェロ弓チェロ弓 これまで使っていたチェロの弓(カーボン)はサイレントチェロを買ったときの付属品だ が、最近はその弓の音に満足できなくなってきました。つまり少しはチェロの音が分かるようになったとい […]
  • 桜見物 千鳥ケ淵 しばらくブログの更新をサボりました。サボったわけではないですが、少し考えるところがあって、それをどのように書こうかと迷っています。それはまたいずれ。 今日は朝の6時から千鳥ケ淵 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です