スポンサーリンク

「Zoomで膵臓がんサロン」を開催します。

スマホがあれば簡単に参加できます。このような時期だからこそ、同じ病気の仲間とつながってみませんか?

【日 時】2022年8月13日(土) 15:00~17:00
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】無料
【定 員】10名
【内 容】気軽なおしゃべり会です。

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。スマホだけで簡単に参加することができます。
申し込み受付中です オフィシャルサイトから

里帰り

_mg_0445土日にかけて里帰りをしてきました。母の7回忌だったので家族全員で、2頭のヨークシャーテリアはペットホテルに預けての旅行です。事前に「墓参代行」業者を頼んで墓の清掃をすましておきました。あいにくの雨模様でしたが、墓石も真っ白になり、見違えるようにきれいになっています。田舎の墓は都会に出てしまった人が多くて、荒れています。

_mg_0406私の故郷は高知県の東部、「ごめん-なはり線」の終着駅です。飛行機を降りてレンタカーで墓地まで。墓参をすましてから近くの「モネの庭」で昼食。

「モネの庭」は光と色彩の画家、クロード・モネの「睡蓮」で_mg_0454
おなじみの庭を模した庭園です。日本を愛したモネの自宅の庭園をそのままに、この高知県の田舎村に再現されています。

レストランでの昼食はどんぐり?で飼育されたというイベリコ豚肉の料理。肉が引き締まって味が濃く甘みがあります。脂身が少なくていい肉です。庭では少しですがハスが花を咲かしていました。_mg_0479

ここから室戸岬へ。室戸岬の灯台を見学して近くの24番札所 最御崎寺(ほつみさきじ)でお参り。中岡慎太郎の銅像を見て、岬の近くの空海が悟りを開いたといわれている「御厨人(みくろど)窟」へ。19歳の弘法大師(空海)が悟りを開いた場所といい、今も若き日の空海が見たままの景色が広がっています。

土佐ロイヤルホテルで一泊。地元の魚に地酒-土佐鶴と美丈夫でほろ酔い気分です。美丈夫は最近入手が困難な酒です。きびなこの天ぷらも美味かった。最後に奈半利産ひの光米のごはん。

ペットホテルからは携帯電話に預けたペットの写真が送られてきます。これを見ながら家族でワイワイと、どうしているのかなと一瞬の気遣い気分です。

翌日は大雨で国道55号線が一部土砂崩れで不通に。350ミリ/日という記録更新の雨量だったそうです。安芸市の岩崎弥太郎生家をめぐってから、内原野の陶芸館へ。ここの陶芸は関西_mg_0501や東京から移り住んだ陶芸家が数人で窯を持っています。妻が気に入った花瓶があったので、宅配便で送ってもらおうと係りの方に尋ねると、なんと作者のご本人でした。まだ若いのですが、ここに移り住んだ関西の陶芸家の二世だということです。買った花瓶と一緒に写真を撮らせていただきました。

野良時計をみて隣の高園屋で休憩。すごい雨だったそうで、竜巻も発生してビニールハウスが相当の被害を受けた様子でした。

高知市内に移動して高知城と日曜一の見学。近くの大橋通「ひろめ市場」で昼食。ひろめ市場は市場と屋台村が一緒になったようなところです。ここで中国人の経営する中華料理を堪能。餃子が一番うまかったなぁ、おかわりをしました。

桂浜を経て空港へ。東京も雨、預けたペットを受け取って我が家へ。
旅行の間は玄米菜食は中断で、たっぶりとおいしいものを食べました。3か月続けたご褒美です。明日からまた玄米菜食を続けます。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

コメントを残す

次の記事

良寛の旅