里帰り

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

_mg_0445土日にかけて里帰りをしてきました。母の7回忌だったので家族全員で、2頭のヨークシャーテリアはペットホテルに預けての旅行です。事前に「墓参代行」業者を頼んで墓の清掃をすましておきました。あいにくの雨模様でしたが、墓石も真っ白になり、見違えるようにきれいになっています。田舎の墓は都会に出てしまった人が多くて、荒れています。

_mg_0406私の故郷は高知県の東部、「ごめん-なはり線」の終着駅です。飛行機を降りてレンタカーで墓地まで。墓参をすましてから近くの「モネの庭」で昼食。

「モネの庭」は光と色彩の画家、クロード・モネの「睡蓮」で_mg_0454
おなじみの庭を模した庭園です。日本を愛したモネの自宅の庭園をそのままに、この高知県の田舎村に再現されています。

レストランでの昼食はどんぐり?で飼育されたというイベリコ豚肉の料理。肉が引き締まって味が濃く甘みがあります。脂身が少なくていい肉です。庭では少しですがハスが花を咲かしていました。_mg_0479

ここから室戸岬へ。室戸岬の灯台を見学して近くの24番札所 最御崎寺(ほつみさきじ)でお参り。中岡慎太郎の銅像を見て、岬の近くの空海が悟りを開いたといわれている「御厨人(みくろど)窟」へ。19歳の弘法大師(空海)が悟りを開いた場所といい、今も若き日の空海が見たままの景色が広がっています。

土佐ロイヤルホテルで一泊。地元の魚に地酒-土佐鶴と美丈夫でほろ酔い気分です。美丈夫は最近入手が困難な酒です。きびなこの天ぷらも美味かった。最後に奈半利産ひの光米のごはん。

ペットホテルからは携帯電話に預けたペットの写真が送られてきます。これを見ながら家族でワイワイと、どうしているのかなと一瞬の気遣い気分です。

翌日は大雨で国道55号線が一部土砂崩れで不通に。350ミリ/日という記録更新の雨量だったそうです。安芸市の岩崎弥太郎生家をめぐってから、内原野の陶芸館へ。ここの陶芸は関西_mg_0501や東京から移り住んだ陶芸家が数人で窯を持っています。妻が気に入った花瓶があったので、宅配便で送ってもらおうと係りの方に尋ねると、なんと作者のご本人でした。まだ若いのですが、ここに移り住んだ関西の陶芸家の二世だということです。買った花瓶と一緒に写真を撮らせていただきました。

野良時計をみて隣の高園屋で休憩。すごい雨だったそうで、竜巻も発生してビニールハウスが相当の被害を受けた様子でした。

高知市内に移動して高知城と日曜一の見学。近くの大橋通「ひろめ市場」で昼食。ひろめ市場は市場と屋台村が一緒になったようなところです。ここで中国人の経営する中華料理を堪能。餃子が一番うまかったなぁ、おかわりをしました。

桂浜を経て空港へ。東京も雨、預けたペットを受け取って我が家へ。
旅行の間は玄米菜食は中断で、たっぶりとおいしいものを食べました。3か月続けたご褒美です。明日からまた玄米菜食を続けます。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 伊香保・四万温泉のはしご 「伊香保温泉の石段街を見てないよね」との妻の話題がきっかけで、「よし、伊香保に行こう」となった。伊香保ならやはり「黄金の湯」だろう。2004年に地下水を沸かしただけで「温泉」 […]
  • 『地球交響曲第七番』『地球交響曲第七番』 たまたまアンドルー・ワイルのウェブを見ていたら、ワイル博士が5月に日本に来ていたようですね。知らなかった。ニュースにもならなかったような気がします。私が気付かなかっただけかもしれ […]
  • 感動するような美しい自然に接すれば、生存率も高くなる感動するような美しい自然に接すれば、生存率も高くなる 10月28日のブログに書いた吉村光信さんのエッセイの続き『がんと心もよう(2)「病は気から」の精神免疫学』が「市民のためのがん治療の会」のアップされています。精神(神経)免疫学に […]
  • ETV特集で加島祥造さん ETV特集が10月19日(土)23:00から加島祥造さんを取り上げます。タイトルは『ひとりだ でも淋(さび)しくはない~詩人・加島祥造 […]
  • PET-CTの結果、リンパ節への転移発見PET-CTの結果、リンパ節への転移発見 PET-CTの結果を聞くためにUクリニックへ。 先生が開口一番「いますね。」 大動脈近くのリンパ節に転移した腫瘍があるらしい。大きさは5mmほど。「この程度の大きさではC […]
  • 入れ歯が折れちゃったよ!入れ歯が折れちゃったよ! いつもの散歩コースにある民家なのですが、ガレージの入口にいつもアンパンマンが鎮座しています。今月はサンタさんの衣装です。後の車はナンバープレートも付いているので"現 […]