膵臓がんとサプリメント

スポンサーリンク
【日 時】2019年10月13日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:佐藤典宏先生「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」(仮)
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
10月9日(水)午前9時まで、参加申込み受付中
LINEで送る
Pocket

がん一般に関するサプリメントの効用については、いろいろな情報に接することがあるのですが、膵臓がんにサプリメントは効くのか?という具体的な情報はあまりお目にかかることがありません。安西さんの最近のブログで膵臓がんと食習慣・サプリメントの記事があります。

食習慣とサプリメントの摂取状況を、膵臓がん患者532人と背景をマッチさせたがんのない1701人との症例対照研究です。栄養素ごとに摂取量に応じて4段階にわけ、摂取の最も少ない群におけるすい臓がんの割合を1.0としたとき、摂取の最も多い群におけるすい臓がんの割合を調べたもの。

  • 8つの飽和脂肪酸の摂取が多いと膵臓がんの割合が1.6~2.6倍になるた
  • 単価不飽和脂肪酸のパルミトレイン酸では1.6倍、同じくオレイン酸では1.4倍
  • 多価不飽和脂肪酸のリノレン酸では1.5倍
  • 逆に、オメガ3不飽和脂肪酸を850mg/日以上摂取すると、0.47倍に半減する
  • gatolic酸では、0.68倍
  • ビタミンCの摂取が多いと0.69倍
  • ビタミンEは0.67倍

話題のビタミンDに関しては触れられていませんが、ビタミンC、Eではサプリメントとして摂ることが大事ということです。食事は動物性のものよりは魚などにふくまれるしぼうさんがよいという、これまでのがん一般に対していわれてきたことが膵臓がんに関してより明確になったということでしょう。予防効果のある食品、サプリメントは膵臓がんの"治療効果も期待できる"と考えて良いと思います。

がんに効く生活』ではさらに具体的な食品を挙げて書かれています。もう一度じっくりと読んで取り組むことを薦めます。私の今朝の食事は、納豆に脂ののった大きめのイワシの煮付け、もやしともちろん玄米ご飯でした。イワシで今日のオメガ3不飽和脂肪酸はばっちりです。

済陽高穂氏やゲルソン療法などの厳格な食事療法は膵臓がんには効果がありません。それは以前の記事にも根拠を示して書いています。魚を食って、運動して、落語を聞いて笑う。食後のマルチビタミン。チェロを弾く。ときにはカメラを担いで写真撮影。熱中できるような好きな趣味を持つ。寝る前には瞑想をしてメラトニンを一錠。これが私流のやり方です。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • マインドフルネス瞑想ガイド 八百屋が「おめでとう 東京」と張り紙をして「西瓜 […]
  • 食事と運動は、がんの治療にも効果がある食事と運動は、がんの治療にも効果がある 『がんサポート』2011年2月号の瀬戸山修 爽秋会クリニカルサイエンス研究所代表へのインタビュー記事である。『エビデンスのある食事 […]
  • ウィルコ・ジョンソンの選択ウィルコ・ジョンソンの選択 ロックのギターリスト、ウィルコ・ジョンソン(65歳)が末期の膵臓がんだと公表し、余命は10ヶ月とか半年とかだとのニュースが流れています。Twitterで「膵臓がん」で検索すると、 […]
  • サイモントン博士の講演会サイモントン博士の講演会 権現堂堤の桜(1)菜の花と桜を撮ってやろうと、朝の4時に自宅を出発して幸手市の権現堂堤に出かけました。何回かに分けて紹介します。 サイモントン博士の講演会に行きました。写真で […]
  • スポーツは健康に悪いスポーツは健康に悪い 錦織選手の活躍が注目されています。すばらしいテクニック、プレッシャーに負けない強靱な精神、なによりも笑顔が良い。しかし、スポーツ選手は常に怪我とも闘わなくてはならない。 昨日も肩 […]
  • がんの補完代替医療ガイドブック 第3版がんの補完代替医療ガイドブック 第3版 1週間ぶりです。確定申告(青色申告)を必死で作成していましたが、やっと終わりました。1年分をまとめてこの時期にやるので、例年のことですが疲れます。昨年も3.11の前に提出してお […]
LINEで送る
Pocket

膵臓がんとサプリメント” に対して1件のコメントがあります。

  1. エリ より:

    サプリメントの情報たくさんありがとうございます。父が病気を宣告された時 私達家族も癌に良いサプリメントや健康食品は何がいいのだろうと色々調べました。今父は メシマコブ タヒボ それに アガノカバタケというお茶を毎日飲んでいます。梅も良い ウコンも良いと聞けば 飲ませてみようか と思ってしまうのですが あれもこれも飲んで飲んでとすすめても 苦痛になったり 「飲まなくては!」とプレッシャーを与えてしまうようなので難しいです。 ブログを拝見してとても勉強になっています。

  2. キノシタ より:

    「主治医に相談してください」と回答するのがこうした場合の定石でしょうね。しかし、医者もすべてを知っているわけではないし、「知りません」と言わないのが医者の特徴。適切な答えは返ってこないでしょう。
    9月8日のブログに書いてありますが、私は2000IUでずっと通しています。ビタミンDを測定するのがいちばんですが、あまり神経質になる必要はないし、一日中屋内にいるようなら2000、外での仕事なら1000IUでもよろしいのでは。

  3. のんの より:

    いつも貴重な資料提供有難うございます。同じ米国統合医療ノートの中にビタミンDの血中濃度が低すぎても高すぎても
    すいがんのリスクが高くなるとありました。ビタミン25(OH)Dを測定し、その濃度が75~85nmol/L位が適正値で
    高すぎると10,3倍、低すぎると5.71倍のリスクありとありました。
    是非の判断がつかないのでいずれ木下さんのチェックが入るのを待っています。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。