スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

がん患者と老子ー電車で老子に会った話

加島祥造と老子

N『老子』 2013年5月 (100分 de 名著)HK Eテレ5月の「100分 de 名著」は「老子」です。テキストも買って、どのような老子論が展開されるのかと放映を楽しみにしている。第1回は明日放映です。

手術後に、ICUで許された1日にたった一杯の水を飲めることが嬉しく、ベッドで足を伸ばして上向きにゆったりとできることが嬉しく、窓ガラスに、台風による雨滴が流れる様に見とれていたものだ。

老子の漢文は難解ですが、幸い加島祥造の現代語訳を知ることができ、加島訳の老子は私の胸にすとんと落ちました。このブログでも何度も紹介してきました。

老子はニヒリズム(虚無主義)だと言われるが、老子の虚無主義は絶望ではなく、自由であり希望です。この世も人生も”本質的に”無意味だと言うことであり、宇宙レベルで見て、私や人類の存在には根源的な意味がないということだ。だから逆に、自分の人生は自分で勝手に意味を見出せば良いし、たとえ癌であっても、こう生きようと自由に決めて良い。本来は意味のない”無”であるはずの”この私”が”存在している”という”奇跡”が、希望なのだ。大いなる”タオ”に生かされている私という希望なのです。

電車で老子に会った話

寺田寅彦が「電車で老子に会った話」に書いているが、老子には「無限」の概念がある。「大方無隅・・・」を「無限に大きな四角には角がない、無限に大きい容器は何者をも包蔵しない、無限に大きい音は声がない、無限に大きな象には形態がない」と訳している。「無限の遠方は復帰である」などはアインシュタインの「真っ直ぐに進んだ光は帰ってくる」閉じた宇宙を連想させる。

「故至数車無車 ゆえに車を数えることをいたせば車なし」を「部分の総和は全体ではない」と訳すことで、老子の中に複雑系や自己組織化の思想すら読み取ることができる。

「無欲、足るを知る」を説いた老子だが、仏陀もキリストも根本的には同じことを言っている。欲望を捨てないかぎり幸福にはなれないと。マルクスにおいても「資本論」において資本主義を頭から否定しているわけではない。むしろ歴史的にも必然的な制度であり、「蓄積欲」を利用して経済発展を遂げるというシステムにより人類は長く悩んできた飢えからも解放されたと説いている。しかし、その欲望から解放されない限り人間の幸福は訪れないとも説いている。

15万人の福島県民が故郷を追われているにもかかわらず、原発を再稼働させて、更に輸出までしようという「経済至上主義、新自由主義」は、人間の欲の果てしなさを表している。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 『代替医療のトリック』サイモン・シン『代替医療のトリック』サイモン・シン 『ビッグバン宇宙論 […]
  • 緑茶の抗がん作用緑茶の抗がん作用 緑茶の抗がん作用については何度も書いていますが、アピタルに大野智さんの連載で「お茶で卵巣癌予防?」がアップされました。お茶を飲んでいる人と飲んでいない人とを対象とした「 […]
  • セシウム137の体内放射能(4)セシウム137の体内放射能(4) これまでの議論は、ICRP […]
  • ジタバタしなさんな。ジタバタしなさんな。 昨夜は大規模停電の可能性があるということで、息子も娘も早めに帰宅しました。幸い大規模停電には至りませんでしたが、電気を最小限にして過ごしました。自宅を建て替えるときにオール電化を […]
  • 膵臓がんの記事が豊富な佐藤典宏先生のブログ膵臓がんの記事が豊富な佐藤典宏先生のブログ 次回の『膵臓がん患者と家族の集い』で講演をお願いしている佐藤典宏先生のブログ『「がん」をあきらめない人の情報ブログ』を閲覧されている方は結構多いですね。 なにしろ、 […]
  • 免疫細胞治療 『免疫細胞治療』は最近出版された本で、癌研有明病院の名誉院長が監修しているというので手に取ってみた。本屋では結構売れているようでした。 読んだ印象を先に書けば、「免疫療法」 […]
  • 余命一年 落語家になる 37歳の若さでステージⅣの十二指腸がん、膵臓がんになり、余命一年 未満と告げられた街道徳尾さんの本『余命一年 […]
  • 糖質ゼロの日本酒 昨日はこの冬一番の寒さでした。こんな日はやっぱり日本酒が恋しくなります。糖質ゼロの日本酒が出ていますね。月桂冠からは2008年に発売されています。製法特許も申請しているようです […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です