スポンサーリンク

クリンソウとニッコウキスゲ

LINEで送る
Pocket

先週に予定していて雨で中止にした日帰り撮影旅行、26日に奥日光へ。千手が浜のクリンソウとキスゲ平のニッコウキスゲを撮りに行きました。5時に出発し、赤沼茶屋には7時半に到着したが、平日なのに駐車場は既に8割方埋まっていた。先の週末には6時に満杯になっていたそうだ。クリンソウは既に満開を過ぎて一部は枯れかけていた。日光湯元休暇村で昼食を摂り、源泉掛け流しの温泉に浸かる。栃木産豚のトンカツ御前はボリュームたっぷりで、昼間からの生ビールで満腹幸せ気分。

持参したガイガーカウンターは0.1~0.26μSv/hを表示していた。都内の自宅では0.09~0.14μSv/hほどだから、やはり大きい値だ。0.3μSv/hに設定したアラームは鳴らなかったから、ホットスポットには近づいていないと思う。この日(6月26日)に発表された厚労省:食品中の放射性物質の検査結果について(第421報)では、中禅寺湖のヒメマス、ブラウントラウトから150Bq/kg、220Bq/kgの放射性セシウムが検出されたという。それでも中禅寺湖畔には多くの釣り人が釣り糸を垂れていた。この写真は千手が浜で撮影したもの。このヒメマスもセシウムを持っているのだろうなぁ。

_dsc3949

千手が浜のクリンソウは3度目だが、年々観光客が多くなる。観光地化してしまったら興味が半減だ。別の撮影スポットを探す頃かな。天気が良すぎて、花を撮るには明暗差が大きすぎた。RAWからの現像処理でなんとか格好をつけてみた。

_dsc3918

 

_dsc3867 _dsc3908
_dsc3928 _dsc3947
_dsc3954 _dsc3961
_dsc3978 _dsc3995

 

昼食までの時間調整で竜頭の滝へ。

_dsc4017_2

_dsc4058_2

ニッコウキスゲは和名がゼンテイカの多年草。尾瀬ヶ原や信州の霧ヶ峰・車山の群生地が有名だ。日光のキスゲ平ではリフトから一面のニッコウキスゲを見ることができたのだが、スキー場が廃業してリフトも撤去されている。「日光霧降高原高山植物園」が8億円かけて来年の夏のオープンを予定しており、今年はそのプレオープンで天空遊歩道が一部解放されるというので出かけた。クリンソウとニッコウキスゲを1日で観賞できるなんてチャンスは滅多にない。あいにくと、気の早いやつがちらほらと咲き始めた程度で、一面のニッコウキスゲにはお目にかかれなかった。7月初旬には斜面全体にみごとなお花畑が出現するだろう。

_dsc4125

 

_dsc4091 _dsc4100
_dsc4074 _dsc4109

 


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 多忙につき多忙につき 「がんとエピジェネティクス」もあと何回か書かなければならないのだが、ちょっと多忙です。チェロのレッスンには通っているが、自宅での練習は毎日というわけにはいかない。写真を撮りに行き […]
  • ゴボウでがんが消えた話ゴボウでがんが消えた話 山あじさい 紫陽花ももう終わりかなぁ。今年は早いような気がする。 […]
  • がん患者に多い血栓症対策 がん患者は血栓塞栓症になりやすい がんになると全身の血液が固まりやすくなることが知られています。主に腺がんから分泌される粘性物質のムチンや、腫瘍細胞から分泌される組織因子、免疫 […]
  • ふるさと納税しました。ふるさと納税しました。 ふるさと納税制度を使って、我が生まれ故郷高知県奈半利町に納税しました。テレビのふるさと納税特集でも取り上げられたそうで、今人気の町です。でも人口は全国の町で下から2番目の3,41 […]
  • 膵臓がんの「隠れ転移」には統合医療で膵臓がんの「隠れ転移」には統合医療で 先日のこのブログで、膵臓がん細胞は発病前にすでに全身に散らばっているという記事を紹介しました。 膵臓がん細胞は、発病前にすでに肝臓や肺に転移をしており、しかも肝臓の細胞、 […]
  • 給湯器、ここが安かった!給湯器、ここが安かった! 給湯器が寿命 建物も新築して10年はメンテナンスに気を使うことは少ないですが、それ以降はあちこちに不具合が生じてきます。給湯器も10年経つと故障が多くなるといわれています。 […]
  • 新刊・近藤誠『抗がん剤は効かない』新刊・近藤誠『抗がん剤は効かない』 近藤誠氏の新しい本 近藤誠氏が新しい本を出した。2011年1月号の文藝春秋に載せられた「抗がん剤は効かない」、翌2月号での立花隆氏との対談「抗がん剤は効かないのか」を収録すると […]
  • 中川恵一 × 近藤誠 (3)中川恵一 × 近藤誠 (3) 内部被ばくについては、中川氏も近藤氏も考え方は大同小異で、ほとんど違いがない。二人とも内部被ばくの影響を過小評価している。 中川氏は、 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です