良寛さんの、百歳まで生きる秘訣

スポンサーリンク
【日 時】2019年10月13日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:佐藤典宏先生「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」(仮)
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込み受付中です。
LINEで送る
Pocket

三寒四温とはよく言ったもので、今日は朝から冷たい雨です。こんな日はモーツァルトのディヴェルティメントが気分に合いそうです。K.334の第17番、K.136~138の第1~3番をイ・ムジチで。

「百歳まで生きて、癌で死ぬ」のが私の理想です。どうすれば百まで生きられるのでしょう。ストレスを溜めず、食べ過ぎず、適正や体重を保って、運動をし・・・・、と常識的な回答ならこうなります。でも良寛さんは違いました。

P1020738良寛さんが西山(現、柏崎市西山町)のある富豪を訪ねたとき、そこの主人が

「名誉も富も何一つ不足はないのですが、ただ一つ百歳まで生きたいと思うので、何かよい方法があったら教えていただきたいのです。お礼なら望み通り差し上げます」

と。良寛さんは笑いながら言いました。

「礼などは要らん。そんなことは簡単なことじゃよ。百歳まで生きる心がけはな・・・。今、百歳だと思えばいいんじゃよ。」

自分の思い通りにならないことにはあれこれ悩まないで、今のこの時を「最後の日」と覚悟して生きることが大切だと、良寛さんは言いたかったのでしょう。良寛さん自身が、そのように生きた人でした。

今だからこそ、良寛「いのちの落語」の樋口強さんが良寛さんを落語にしてしまいました。『今だからこそ、良寛』を上梓されています。良寛を手本に、”人生が輝いて楽しくなる秘訣”を古典落語も織り交ぜながら紹介されています。

秘訣1 今日もサケサケ明日もサケ

酒もタバコも大好きな良寛さん、だから直腸がんになってしまったのかもしれませんが、酒を歌った俳句や和歌がたくさんあります。


スポンサーリンク

山しぐれ 酒やの蔵に 波深し
さけさけと花にあるじを任せられ 今日もさけさけ明日もさけさけ

とにかく良寛さんの酒は楽しい酒だった。五合庵には鉢一つしかない。これでかゆを炊き、手足を洗うのが良寛さんの生活。物を持たないからこそ心は身軽なのです。客人が来て酒を振る舞おうとするが、入れ物がない。火葬場から欠けた椀を拾ってきてそれに酒を満たして客人に振る舞う良寛だった。屈託がない。

秘訣2 今日が百歳だよ

良寛さんの逸話から、樋口さんはこう言う。

いのちの価値をその長さだけに求めて無為に長生きをしても、そこに何の喜びが残るだろうか。それよりも今日を精いっぱい楽しく生きてみる。その楽しさが明日につながる。つなげるものはいのちではなく、自分が楽しいと感じる心である。明日の楽しさが明後日に手をかけて、それが限りなく続いていく。

そして、自分のいのちが終わりを迎えるときに、「ありがとう」という一言が出た瞬間が百歳、百年目である。

これ、桂米朝さんが得意とした噺『百年目』のオチと絡めた説明なのですが・・・。

樋口強さんの毎年恒例の「第14回 いのちに感謝の独演会」の申込みも始まっています。メールで予約できるのでお早めに。昨年はいけなかったから、今年は是非参加したいな。落語になった良寛さんを聞くことができるでしょう。

私も、一日も欠かさずに楽しい晩酌をやっている。

散る桜 残る桜も 散る桜

少し早いか遅いかの違いに、何をジタバタすることがあろうか。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ガンの患者学研究所 (1) 久し振りに安保徹氏に関することです。安保徹氏は非常に分かりやすい(トンデモ)人物です。『安保免疫理論と上野式代替医療でガンは治る―なぜ三大療法でガン患者は治らないのか?』から何カ […]
  • エピジェネティックな変化だから、末期がんでも治ることがあるエピジェネティックな変化だから、末期がんでも治ることがある がんの進行の第一段階はエピジェネティックな変化であり、それは逆行させることもできる。相当進んだがんでも、適切な条件を整えれば、エピジェネティックに逆行させることが可能である。微小 […]
  • 死んだら心はどうなるのか?死んだら心はどうなるのか? 予後の悪いがん、治らないがんを宿した患者は、死んだらどうなるのか? […]
  • エビデンスは誤解されているエビデンスは誤解されている ガイドラインはエビデンス(科学的な根拠)ではない UMSオンコロジークリニックに「私たちが治療のガイドラインを重要視しない理由」という文章がアップされています。 UM […]
  • がん患者が考える『生』と『死』がん患者が考える『生』と『死』 私たちは、死を運命づけられてこの世に生まれてきた。しかし、その死を刑罰として受けとめるのではなく、永遠の解放として、安らぎの訪れとして受け入れることができるはずである。 ま […]
  • ストレスは膵臓がんを助長するストレスは膵臓がんを助長する ストレスは膵癌を加速させるアクセル やはりストレスは膵臓がんには悪い影響を与えますね。 2018年1月の "Cancer Cell" […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。