スポンサーリンク

五十肩か肩腱板断裂か

LINEで送る
Pocket

DSC00984


暑い。あまりに暑くて、チェロのレッスンも身に入らない。今日は休みで朝からチェロのレッスンをはじめたが、32度を超えた当たりで我慢できずに冷房を入れた。

10月の演奏会ではバッハのカンタータ BWV.156「アリオーソ」などを弾くことになっている。テンポのゆっくりした曲だが、逆に移弦や弓の返し、重厚な音を出すための弾き方などがテーマになる。

ハイポジションでのドを一発で決めることがなかなか難しい。だいぶん確率がよくなってきたけど。「白鳥」を弾いていたころには、ほとんど決まらなかったが、少しずつでも上達しているのだと思う。それと後半の三連音符が連続するところ。拡張型が入るので、余分な力が入ってしまう。

楽譜をある程度暗譜して、次の指の位置を少し前に意識しながら弾くこと。楽譜とにらめっこでは音が連続してなだらかに出ません。やはり暗譜だなぁ。

2009年頃から五十肩(今は凍結肩というらしい)がずっと治らないでいたが、最近余計に痛くなってきた。ということは、凍結肩ではなく、肩腱板断裂かも知れない。下記の症状を見ると、まさにぴったりです。夜間痛はないけれど。

「肩腱板断裂」
症状
40歳以上の男性(男62%、女38%)、右肩に好発します。発症年齢のピークは60代です。
肩の運動障害・運動痛・夜間痛を訴えますが、夜間痛で睡眠がとれないことが受診する一番の理由です。 運動痛はありますが、多くの患者さんは肩の挙上は可能です。
五十肩と違うところは、拘縮、すなわち関節の動きが固くなることが少ないことです。 他には、挙上するときに力が入らない、挙上するときに肩の前上面でジョリジョリという軋轢音がするという訴えもあります。

思うように左腕が上がらないので、チェロで第一ポジションの音程が高めになる。弾けなくはないのだが、もう少し上げるべきところがその位置までいっていないので、音が高めになっているようだ。5年も凍結肩ということはあり得ないよな。2009年といえば膵臓がんの術後2年目。あと何年も生きる可能性は低いと思っていたから、凍結肩を治す必要性もあまり感じなかったのだが、7年経つと気になってきた。

”万歳”をすると痛みが走るが、右手で支えれば支障なく上げることができる。肩腱板断裂なら手術になるのかなぁ。演奏会まではなんとか誤魔化しながら、それまでに考えることにしよう。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 野菜と果物によるがん予防効果は小さい? JNCI(Journal of the National Cancer […]
  • 複々線化、完成です。複々線化、完成です。 今日は整形外科で脊柱管狭窄症の術後のチェックです。 「お変わりはありませんか」という先生に、 「おかげさまで間欠跛行は全くなくなりました。長い距離を歩いても足 […]
  • ASCO 2008の生存率ASCO 2008の生存率 ASCO 2008(5/30-6/3) CONKO-001において腫瘍切除後の膵癌患者にゲムシタビン(ジェムザール)を投与した場合の第Ⅲ相試験の結果が発表されている。ASCO […]
  • NHK-BS「どこに向かう日本の原子力政策」に驚いたNHK-BS「どこに向かう日本の原子力政策」に驚いた 先日NHK […]
  • 支離滅裂で、やめられない支離滅裂で、やめられない 科学的判断と決断力 がん治療においては、検査をし、治療方針を立て、その結果をまた検査で確認します。 結果が思わしくなければ治療方針を変えます。これ以上治療を続けると […]
  • ビタミンDとメラトニン 運良く3年を迎えることができたのだが、これで安心だと考えているわけではない。すい臓がんの予後の悪さを考えると、ついつい悲観的にないがちだが、気を取り直して「今を生きる」だけのこと […]
  • 副作用は軽視しがちだから・・・副作用は軽視しがちだから・・・ TS-1の添付文書の副作用の項には 5)重篤な腸炎(0.5%) :出血性腸炎、虚血性腸炎、壊死性腸炎等があらわれることがあるので、観察を十分に行い、激しい腹痛・下痢等の症状が […]
  • 3.11 私達が変らなければこの国は変らない3.11 私達が変らなければこの国は変らない がんは生活習慣病だといいます。これまでの不摂生な生活ががんになった一つの要因だというのです。だからがん患者は即刻生活を180度変えなければならないと。脂っこい食事を止め、運動不足 […]
LINEで送る
Pocket

五十肩か肩腱板断裂か” に対して9件のコメントがあります。

  1. より:

    キノシタ様
    ご返信、有難う御座います。私もお会いするのを楽しみにしております。

  2. キノシタ より:

    林さん。お気遣いありがとうございます。
    肩痛は半年で完治ですか。私の場合は5年以上になるから治すにも時間がかかるだろうと思います。
    患者サロンの当日お会いできることを楽しみにしています。時間があれば、二次会として場所を移してお茶でも飲みながらお話ができれば良いですね。

  3. より:

    キノシタ様
    肩痛の大変さ、お察しいたします。私も肩痛を経験し約半年ヒアルロン酸を注射しました。同時に毎晩肩のストレッチも実施して完治までもっていきました。ストレッチが効いたような気がしています。ブログにてご紹介いただいた8月31日の「患者・家族サロン」に申込み致しました。時間があれば当日、ご挨拶させて頂ければと考えております。

  4. キノシタ より:

    ババリーナふじこさま。
    御心配くださり、感謝です。
    来週には診察を受けようと思うので、その結果など、またブログに書きますね。
    この暑さはがん患者には答えますから、水分をこまめに摂って(深蒸し茶のミル挽きならなおさら良い)体力を消耗しないようにしましょう。

  5. ババリーナふじこ より:

     残暑お見舞い申し上げます。
    久しぶりにチェロのお話、と思ったら、ちょっと心配な内容。私は、チェロが、キノシタさんの心身に大きな活力を与えてくれる大切な宝物の一つだと思っています。10月まで肩とうまく付き合って、すてきなコンサートを迎えられますように。そのためにも、金魚さんがおっしゃるように、良い医師と出会えるよう祈っております。

  6. 金魚 より:

    キノシタ さま
    いずれにしろ、肩板あたりの方でしょうね・・・
    整形外科は、医師のキャラクターが軽い人が多くて
    ちゃんとした診断しないで、とりあえず湿布が多い気がします。
    良い先生にあたりますように。

  7. キノシタ より:

    金魚さん。
    ありがとうございます。以前に行った整形外科では注射もシップもなく、ただ暖めるだけの治療でした。レントゲンはやたらと撮られたけど。
    まともな大学病院にでも行って診察して貰います。
    助言に従い、来週にでも行くことにします。

  8. 金魚 より:

    キノシタさま
    一応、医療従事者なので・・・コメントいたします。
    年齢的には肩石灰沈着性腱板炎の可能性もありますね。
    肩にヒアルロン酸やステロイドの注射&湿布をして痛みが取れたら、
    リハビリすると改善早いですよ。
    耐糖能の問題で、ステロイド注射の頻度など気になるかもしれませんが、
    さほど沢山しなくてもOKでしょう。
    断裂の場合は、受診を先延ばしに出来ないほど痛い事が多いです。
    しかし、炎症でも不眠になる人が良くおります、安静方針が違うので鑑別が大事です。
    結局、人間動かさないといけないんですよね~
    膝も昔は安静のみでしたが、外傷後などの急性期を除き運動が主流に大きく変わりました。
    医師選びが大事ですが、早め一度受診されては・・・
    あと痛い方を下にして寝てはいけません。
    チェロなんて素敵な趣味、是非体調改善されて良い演奏が出来ますように。
    お大事にどうぞ。

  9. はなちゃん より:

    いつも興味深く読ませていただいております。
    面白い記事がありました、風邪が癌を治すというもの
    ですが、癌がある日突然治ってしまうという現象と何か
    関係があるような気もします。
    http://oyoyo7.blog100.fc2.com/blog-entry-2706.html?sp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です