膵臓がんの画期的な検査法

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

2年前にNHKスーパープレゼンテーションで、15歳の高校生が膵臓がんの画期的な検査法を発明したと話題になったことがあります。「Jack Andraka」

最近またTwitterで話題になっているようです。

ジャック・アンドレイカの発明は、その後どうなったのか? ほとんど情報がありません。そもそも本当に「画期的な」検査方法だったのかも、論文として詳細に公開されているわけではないので不明です。

確かに、彼のパワポの資料を見るとすばらしい結果ですが、あくまでも試験管・マウスレベルの実験ですね。確かに、がん細胞があるのとないのでは、メソセリンの濃度が一桁違います。

20150310andreka

結局、パンキャンのこちらのコメントが一番的を射ているようです。

ジャック・アンドレイカ:前途有望な十代の科学者とその研究について

ジャック君はマウスを使った試験で、すい臓がんのマウスは血中のメソテリンが他の健康なマウスより高いことを示しました。そして数人の進行性すい臓がんとそうでない患者のサンプルを試し、再びメソテリンレベルがその病気に罹患していると診断された人の方が高いことを発見しました。ジャック君の試験が正確にすい臓がんを早期発見できるか知るために、より多くのサンプルテストと実験が必要だとしても、これら事前に得られた結果は、たいへん励まされるものです。

しかしながら、早期のすい臓がん患者と癌になる前の人たちの血流でどれだけの量のメソテリンが循環しているかいまだにわかっていません。

大規模サンプルでバイオメーカーの有効性を確認する後向き手法は不可欠なものです。「後向き」とは、科学者達が既にすい臓がんと診断と診断されている人々からサンプルを調査すると言うことです。

ジャック君のアイデアがすい臓がんに有用かどうかわかるまでには、ここまでに述べたさらなる後ろ向きテストに続いて、より大規模なサンプルを使った前向きテストが必要になるでしょう。

このタイプの研究は公式な臨床試験で行われます。臨床試験の資格がある人々は、すい臓がんハイリスクの人たちです。それらの人たちは病気が進行しているかどうかモニターされることになります。これには、すい臓がんの進行に合わせた集団をつくるために、相当多数の人々と一緒に行われることになります。したがって、数年間にわたって対象の人々はモニターを受けることになります。

上手くいったとしても実用化されるのは10年先ですね。

15歳の高校生が「僕は同性愛者です」とカミングアウトするなんて、日本ではまだ考えられませんね。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 震度7、21mの津波が浜岡原発を襲う震度7、21mの津波が浜岡原発を襲う 内閣府有識者会議の今日の発表で、太平洋側のほとんどの地域で30m前後の津波を予想。震度7の地域も大幅に増えました。 浜岡原発のある御前崎市は震度7で、21mの津波が想定されて […]
  • 血糖値もまあまぁです血糖値もまあまぁです 小鳥はいいよなぁ。命をそのまま生きている。 昨日は血糖値の管理をお願いしている先生の診察。 昼に天ぷら蕎麦を食ったので、血糖値は231mg/dl。Hb […]
  • 年末年始は読書三昧 20歳頃かあるいはもう少し経って24歳頃か、カントの「純粋理性批判」を読もうとしたことがある。結論からいえば、さっぱり頭に残らなかった。というよりは頭に入ってこなかったというほう […]
  • 今日の一冊(80)『医療者が語る答えなき世界』今日の一冊(80)『医療者が語る答えなき世界』   著者の磯野真穂氏は文化人類学者である。文化人類学と聞けば、アフリカの奥地の「未開の人々」の生活を研究する学問と受け取る向きが多いが、彼女のフィールドは医療 […]
  • 混合診療のなし崩し的な解禁に反対混合診療のなし崩し的な解禁に反対 7月18日に、日本難病・疾病団体協議会(JPA)が『混合診療のなし崩し的な解禁に反対する~必要な医療は保険適用が原則~』との見解を発表しています。(こちら) 政府は6月14日、規 […]
  • がんゲノム医療中核拠点病院ー選定の不可解がんゲノム医療中核拠点病院ー選定の不可解 選定の不可解さ 厚生労働省の有識者検討会は14日、中心的な役割を担うがんゲノム医療中核拠点病院として、国立がん研究センター中央病院など計11病院を選定した。 […]
  • 思いっきり楽しければ、がんにも効く!思いっきり楽しければ、がんにも効く! チェロアンサンブル、成功裏に終わった。 この数週間体調が少し思わしくなかった。暑さのせいかもしれないし、カラスのせいかもしれない。ごみの収集日には朝の4時5時から、我が家の屋根 […]
  • ビタミンDが不足しているとCOVID-19で重症化しやすいビタミンDが不足しているとCOVID-19で重症化しやすい   medRxivは、査読前の医学分野の論文を受付し、新しい知見の迅速な共有やフィードバックを受けるためのプラットフォームを無料で提供するサービスで、20 […]
LINEで送る
Pocket

膵臓がんの画期的な検査法” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    草木さん。
    丁寧なご連絡、ありがとうございます。
    草木さんのブログも拝見しましたが、私のものよりもはるかに分かりやすい(^_^;)。
    老いと病、私も両方を抱えているので、と言うか、人間誰しも長生きをすれば避けられない宿命です。
    お互い、気負わず、焦らず、命のままに行き(生き)ましょう。
    貴ブログをFeedlyに登録して、更新を楽しみにしております。

  2. 草木 空 より:

    お礼とお知らせ申し上げます
    初めまして。私は「老いと病とどう付き合おうか・・・」というブログを書き始めた者です。
    2011年3月 2日の記事を拝読して、とても心を動かされました。
    今日、私のブログの中で、記事へのリンクを貼り、内容の一部を転載させて頂きました。事後のお知らせになりますが、ありがとうございました。
    他の記事にも興味深いものがいろいろありました。
    また少しずつ拝読いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です