スポンサーリンク

膵臓がんの画期的な検査法

LINEで送る
Pocket

2年前にNHKスーパープレゼンテーションで、15歳の高校生が膵臓がんの画期的な検査法を発明したと話題になったことがあります。「Jack Andraka」

最近またTwitterで話題になっているようです。

ジャック・アンドレイカの発明は、その後どうなったのか? ほとんど情報がありません。そもそも本当に「画期的な」検査方法だったのかも、論文として詳細に公開されているわけではないので不明です。

確かに、彼のパワポの資料を見るとすばらしい結果ですが、あくまでも試験管・マウスレベルの実験ですね。確かに、がん細胞があるのとないのでは、メソセリンの濃度が一桁違います。

20150310andreka

結局、パンキャンのこちらのコメントが一番的を射ているようです。

ジャック・アンドレイカ:前途有望な十代の科学者とその研究について

ジャック君はマウスを使った試験で、すい臓がんのマウスは血中のメソテリンが他の健康なマウスより高いことを示しました。そして数人の進行性すい臓がんとそうでない患者のサンプルを試し、再びメソテリンレベルがその病気に罹患していると診断された人の方が高いことを発見しました。ジャック君の試験が正確にすい臓がんを早期発見できるか知るために、より多くのサンプルテストと実験が必要だとしても、これら事前に得られた結果は、たいへん励まされるものです。

しかしながら、早期のすい臓がん患者と癌になる前の人たちの血流でどれだけの量のメソテリンが循環しているかいまだにわかっていません。

大規模サンプルでバイオメーカーの有効性を確認する後向き手法は不可欠なものです。「後向き」とは、科学者達が既にすい臓がんと診断と診断されている人々からサンプルを調査すると言うことです。

ジャック君のアイデアがすい臓がんに有用かどうかわかるまでには、ここまでに述べたさらなる後ろ向きテストに続いて、より大規模なサンプルを使った前向きテストが必要になるでしょう。

このタイプの研究は公式な臨床試験で行われます。臨床試験の資格がある人々は、すい臓がんハイリスクの人たちです。それらの人たちは病気が進行しているかどうかモニターされることになります。これには、すい臓がんの進行に合わせた集団をつくるために、相当多数の人々と一緒に行われることになります。したがって、数年間にわたって対象の人々はモニターを受けることになります。

上手くいったとしても実用化されるのは10年先ですね。

15歳の高校生が「僕は同性愛者です」とカミングアウトするなんて、日本ではまだ考えられませんね。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 三春、霧の滝桜三春、霧の滝桜 22日に三春の滝桜を撮りに行ってきました。いつも通り、午前1時に出発。あいにく小雨が降っていましたが、予報では曇りのち晴れになっていることを期待して300キロを走りました。午前5 […]
  • 甲状腺がんの超音波検査結果甲状腺がんの超音波検査結果 甲状腺がんの疑いがあるといわれて、今日は超音波検査の結果を伺いにがん研に行ってきました。まだこの時点では、私の手術をしていただいた肝胆膵外科部長のS先生です。 検査目的:膵がん術 […]
  • 蕎麦と桜と源泉掛け流し蕎麦と桜と源泉掛け流し その前に「ふくろう」で十割蕎麦。権現堂堤に来るときにはお昼は必ずこの店のそば。ここの店は前にも書いたが、蕎麦は絶品です。私も蕎麦好きで全国の蕎麦を試したが(と言うほど多くはないが […]
  • 大阪府立成人病センターの50年 […]
  • 整形外科へ整形外科へ 脊柱管狭窄症の手術の経過観察で、3ヵ月ぶりに品川の整形外科へ。 予想通りでしたが、MRIも異常なし。順調に回復しています。 この次は半年後で良いとのこと。 検査 […]
  • ルカパリブで膵臓がんが縮小ルカパリブで膵臓がんが縮小 PARP阻害薬ルカパリブが、BRCA1/2、またはPALB2遺伝子変異を有する膵臓がん患者に対して有効だとの第2相臨床試験の結果がでました。 「海外がん医療情報リファレン […]
  • 森山大道写真展森山大道写真展 本当に久しぶりのカメラを担いでのお出かけでした。 恵比寿ガーデンプレイスの東京都写真美術館で開催中の『森山大道の東京 […]
  • 膵臓がんにゲルソン療法は危険です。膵臓がんにゲルソン療法は危険です。 がん患者に人気のあるゲルソン療法 がん患者の中には、ゲルソン療法に関心のある方、ゲルソン療法をやっておられる方も多いのでしょう。 済陽式や星野式のゲルソン療法などは結 […]
LINEで送る
Pocket

膵臓がんの画期的な検査法” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    草木さん。
    丁寧なご連絡、ありがとうございます。
    草木さんのブログも拝見しましたが、私のものよりもはるかに分かりやすい(^_^;)。
    老いと病、私も両方を抱えているので、と言うか、人間誰しも長生きをすれば避けられない宿命です。
    お互い、気負わず、焦らず、命のままに行き(生き)ましょう。
    貴ブログをFeedlyに登録して、更新を楽しみにしております。

  2. 草木 空 より:

    お礼とお知らせ申し上げます
    初めまして。私は「老いと病とどう付き合おうか・・・」というブログを書き始めた者です。
    2011年3月 2日の記事を拝読して、とても心を動かされました。
    今日、私のブログの中で、記事へのリンクを貼り、内容の一部を転載させて頂きました。事後のお知らせになりますが、ありがとうございました。
    他の記事にも興味深いものがいろいろありました。
    また少しずつ拝読いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です