お茶は膵臓がんに効くか?

Web交流会のご案内

【日 時】2021年2月7日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】無料
【定 員】20名
【内 容】
第一部 「がんゲノム医療とリキッドバイオプシー」について患者の和田さんが解説
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。
詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

『「健康食品」の安全性・有効性情報』のサイトのいくつかが更新された。注目されるのは「チャ(茶)」のページ。(「カテキン」のページも参照)

「免疫・がん・炎症」の項に次のような記述が追加されている。

・緑茶の飲用がある種のがん (膀胱がん、食道がん、膵臓がん) の発症リスクを低減させるという報告がある (PMID:9795966) (PMID:8294212) (PMID:3834338) 。また、乳がんの再発リスクも低減するという報告がある (PMID:11369139)

一方でメタ分析では、反対に否定的な研究もある。

・2014年4月までを対象に2つのデータベースで検索できた症例対照研究またはコホート研究8報について検討したメタ分析において、緑茶の摂取は膵臓がんの発症リスクに影響を与えなかったという報告がある (PMID:25353660)

リンクされたPubMedの元論文を詳細に比較しなければ確かなことは言えない(私にその能力はない)が、代替療法には良くあることだ。肯定的な研究ばかりだったら、プロシュア(EPA/DHA)のように標準治療に取り入れられている。

相反する結果が混在しているのは、仮に効果があったとしても腫瘍を消してしまうような、患者が願うような大きな効果は期待できないということ。しかし、腫瘍の増加を抑えてくれるかもしれないーと考えられる。もっとも、発症リスクの話であり、すでに膵臓がんになった患者での効果を研究したわけではない点は注意すべきだが、ま、同じ効果が期待できるかもしれない。

こうしたときにどのように判断するのがよいのか? いつも書いているように、重篤な副作用がなく、小遣い程度でまかなえ、ある程度のエビデンスがあるのなら取り入れれば良い。

がん患者には時間がない。エビデンスが確立するまでは待ってはいられない。最終的には否定的な結果になるリスクを承知で、患者の自己判断・自己責任で採用すれば良いのである。

検索窓で「カテキン」と入れれば、たくさんある過去の記事を参照できます。

この記事も、京セラのお茶ミルで挽いた深蒸し茶を飲みながら書いている。

源宗園 楽天市場店の深蒸し茶が、苦みの中にも甘みがあり、コストパフォーマンスも優れています。錦富士が私の定番ですが、茜富士は更に美味しいです。他にも良いお茶はあるでしょうが、いろいろと試してこちらに落ち着いています。

単品購入ならこちらから

  1. 【送料無料】道場六三郎監修 深蒸し煎茶錦富士
  2. 【メール便送料無料】道場六三郎監修 深蒸し煎茶 茜富士

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • [今日の散歩] 沢庵和尚と島倉千代子[今日の散歩] 沢庵和尚と島倉千代子 3代将軍家光に請われ品川に東海寺を開山した禅宗の名僧、沢庵宗彭、別名沢庵和尚です。直径約1メートル、高さ0.5メートルの遍平な自然石が台座の上に載せられた「沢庵和尚墓」<国指定文 […]
  • 「医療危機」を解決する、上手な医者のかかり方「医療危機」を解決する、上手な医者のかかり方 あなたの主治医が、毎日あるいは毎週「自殺」や「死ぬかもしれない」と考えているとしたら、どうしますか? あるいは、うつ病の傾向のある主治医だったら? […]
  • 抗がん剤を止めたらCEAが1/10に抗がん剤を止めたらCEAが1/10に ステージⅣや術後の再発転移したとき、その後の治療をどうするかと考えたことがある。術後2~3年目の頃だっただろうか。「治療はしない」がその当時の私の結論だったし、今でもその […]
  • 内蔵HDDが不調かな?内蔵HDDが不調かな? メインで使っているデスクトップのデータを入れてあるD […]
  • 「がんもどき」理論を検証する (1)「がんもどき」理論を検証する (1) 近藤誠氏は『あなたの癌は、がんもどき』において、「がんもどき理論」の眼目はがんもどき理論の眼目は、発見された時点で(身体のどこにも)臓器転移がない癌は、その後放置しても転移が生じ […]
  • B型は膵臓がんになりやすいB型は膵臓がんになりやすい 「女性自身」の記事で、B型は膵臓がんになりやすいと書かれていますね。 B型にはイヤなデータがある。 「米国の国立がん研究所が’09年に発表した論文では、もっと […]
  • がんの自然治癒とプラシーボ反応がんの自然治癒とプラシーボ反応 多くの医者が、がんの”自然治癒(奇跡的治癒)”を目の当たりに見て経験しています。多くはないですが、宝くじに当たる確率よりも高そうです。 医師で『患者の力: […]
  • 終末期の積極的抗がん剤治療は寿命を短縮する 再発したら抗がん剤は使わない 再発・転移したときの選択肢としては、抗がん剤を使うのかどうかです。手術できない場合は、抗がん剤で転移したがんが治ることはほとんどありません。乳 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です