スポンサーリンク
Web交流会のご案内


【日 時】2021年4月18日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】無料
【定 員】30名
【内 容】
第一部 膵臓がん なんでも相談:佐藤典宏先生
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

お茶は膵臓がんに効くか?

LINEで送る
Pocket

『「健康食品」の安全性・有効性情報』のサイトのいくつかが更新された。注目されるのは「チャ(茶)」のページ。(「カテキン」のページも参照)

「免疫・がん・炎症」の項に次のような記述が追加されている。

・緑茶の飲用がある種のがん (膀胱がん、食道がん、膵臓がん) の発症リスクを低減させるという報告がある (PMID:9795966) (PMID:8294212) (PMID:3834338) 。また、乳がんの再発リスクも低減するという報告がある (PMID:11369139)

一方でメタ分析では、反対に否定的な研究もある。

・2014年4月までを対象に2つのデータベースで検索できた症例対照研究またはコホート研究8報について検討したメタ分析において、緑茶の摂取は膵臓がんの発症リスクに影響を与えなかったという報告がある (PMID:25353660)

リンクされたPubMedの元論文を詳細に比較しなければ確かなことは言えない(私にその能力はない)が、代替療法には良くあることだ。肯定的な研究ばかりだったら、プロシュア(EPA/DHA)のように標準治療に取り入れられている。

相反する結果が混在しているのは、仮に効果があったとしても腫瘍を消してしまうような、患者が願うような大きな効果は期待できないということ。しかし、腫瘍の増加を抑えてくれるかもしれないーと考えられる。もっとも、発症リスクの話であり、すでに膵臓がんになった患者での効果を研究したわけではない点は注意すべきだが、ま、同じ効果が期待できるかもしれない。

こうしたときにどのように判断するのがよいのか? いつも書いているように、重篤な副作用がなく、小遣い程度でまかなえ、ある程度のエビデンスがあるのなら取り入れれば良い。

がん患者には時間がない。エビデンスが確立するまでは待ってはいられない。最終的には否定的な結果になるリスクを承知で、患者の自己判断・自己責任で採用すれば良いのである。

検索窓で「カテキン」と入れれば、たくさんある過去の記事を参照できます。

この記事も、京セラのお茶ミルで挽いた深蒸し茶を飲みながら書いている。

源宗園 楽天市場店の深蒸し茶が、苦みの中にも甘みがあり、コストパフォーマンスも優れています。錦富士が私の定番ですが、茜富士は更に美味しいです。他にも良いお茶はあるでしょうが、いろいろと試してこちらに落ち着いています。

単品購入ならこちらから


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 拾った命だから、のんびり生きる拾った命だから、のんびり生きる 「拾った命だから、のんびり生きる」。 このタイトルは2006年にあるところへ書いたものだ。 そして、膵臓がんの手術までの検査まで、死を覚悟しながら、今の生き方でよい。この […]
  • 丸山ワクチンと中井久夫『臨床瑣談』丸山ワクチンと中井久夫『臨床瑣談』 前回の丸山ワクチンの関連ですが、私のブログの一部を再録しておきます。この記事は、2007年6月に膵臓がんと診断されてから1年半後のものです。当時は田舎の墓も墓終いして死ぬ […]
  • プラセボのない臨床試験 来年からプラセボのない臨床試験 来年から がん患者が臨床試験に参加する際に、一番気になるのが新薬の投与群に割り振られるのか、それともプラセボ(偽薬)群になるのかです。 第三相試験に多いランダム化比較試験の場 […]
  • 市販薬類似薬を保険適用から外す方向市販薬類似薬を保険適用から外す方向 産経新聞の報道です。以前から小出しに報じられてはいるのですが、 政府は30日、全世代型社会保障改革の一環として、市販の医薬品と同じような効果があり代替が可能な薬(市 […]
  • (補完)代替療法が気になったら・・・(補完)代替療法が気になったら・・・ がん治療は「情報戦」です。正しい情報を持っているかいないかで、予後や余命を左右することもあります。 がんと言われ、治療法など基本的な知識を求めるのなら、まずは 「がん […]
  • 電動式自転車のバルブを交換する電動式自転車のバルブを交換する 電動式自転車が納品されてきました。 YAMAHAのPAS City […]
  • 今日の一冊(17)『がんとの賢い戦い方』 先月24日に肝内胆管がんで亡くなった川島なお美さんが、近藤誠氏のセカンドオピニオンを受けていたらしいという記事がありますね。 『川島なお美さん […]
  • がんの名医が選ぶ「私が診てもらいたいがんの名医」50人がんの名医が選ぶ「私が診てもらいたいがんの名医」50人 本日付で現代ビジネスに『がんの名医が選ぶ「私が診てもらいたいがんの名医」50人』の記事が載っています。がんの専門家として何千件も症例を診てきた医師が、何の因果か、同じ病に倒れる […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です