「断捨離」先ず本を捨てよう


【日 時】2020年6月14日(日) 13:15~15:30(開場:13:00)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 20名
【内 容】ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

DP1M2415

日比谷公園内の「旧管理事務所」は「フェリーチェガーデン日比谷」と名を変えて、レストラン兼結婚式場として使われている。今日も結婚式のため貸し切りの看板が。曇天で三脚なしで撮れるぎりぎりの明るさで照明が映えた。(SIGMA DP1 Merrill )

 

「旧日比谷公園管理事務所」:日比谷公園の管理事務所として、福田重義の設計により、明治43年に竣工した木造二階建てドイツ・バンガロー風の瀟洒な建物。
昭和51年より公園資料館として使われてきたが、近年リニューアルされてレストラン兼結婚式場として利用されている。明治期の数少ない近代洋風建築として平成2年に、東京都指定有形文化財に指定された。


「断捨離」や「ミニマリスト」という言葉がブームだとか。

断捨離(だんしゃり)とは、不要なモノなどの数を減らし、生活や人生に調和をもたらそうとする生活術や処世術のこと。

ミニマリストとは、身の回りのモノを限りなく減らし「最小限のモノ」だけで暮らす人々です。若い世代を中心に、そのライフスタイルが共感を呼んでいるようで、NHKの「おはよう日本」でも紹介されていました。

近代資本主義は大量生産されたモノを大量消費する人民=中間層が存在することで成り立っています。人々が必要としていないモノまでも、テレビコマーシャルなどで欲望を刺激して買わせようとします。そうしないと資本主義が成り立ちません。

身の回りを見渡すと、百均で買った「とりあえずは要らないモノ」がいかに多いことか。

膵臓がんになって数年後だったか、死んだあとのことも考えて大量の蔵書を処分しました。当時は断捨離という言葉はなかった。なるべく買わずに図書館を利用してきたのですが、また徐々に蔵書が増えて書棚のスペースが足りなくなりそうです。がんになる前の私ならここで「書棚を買い足そうか」「どこか別のスペースを確保するか」となるのですが、思い切って断捨離を再実行することに。

  • 残す本は50~100冊までとする
  • 残りの2割の本はPDF化してハードディスクに保存する
  • 8割の本は廃棄処分する
  • メディアマーカーに、これらを所有した履歴は残しておく
  • どうしても購入する必要のある本は、Kindle版を買う(出て入ればだが)

スポンサーリンク

が計画です。ミニマリストにはなかなか踏み切れませんが、できればそれに近い状態にしたい。

がん関連では、安保徹や石原結實らの本は躊躇なく資源ごみ行き。ここ数年で一度も開かなかった本も廃棄する。もしも調べたいことが生じたら図書館に行けば良い(図書館にない本は残しておく)。小説・エッセイ類はすべて廃棄する。

手元に置いておくのは、これからの自分の生き方に必要な本。それもなるべく少なくする。判断に迷う本はPDF化して保存する。

PDF化に使っているスキャナは、Plustek ブックスキャナー OpticBook 3800。通常のフラットベッド型スキャナは、本のとじしろ部分を開いて押しつけないときれいに取れないし、A4サイズなら大型本は無理である。しかしこのブックスキャナは、ガラス面から筐体の端まで6mmしかなく、机の端に置いて本を垂らした状態で片面ずつスキャンが可能である。本も傷まない。

20150919_105223

一般のPDF化ソフトだと、最初にカラーやモノクロを選択すると途中で変更はできないが、このスキャナは右の3つボタンを押すことで白黒・グレー・カラーをページごとに変えて混在ことができる。

欠点は、スキャナとしては高価なこと。たぶん特許が申請されている。取扱説明書が貧弱だが、想像を働かせればなんとかなった。1ページに6秒ほどかかるので、ページめくりと合わせると15秒ほどかかるので、200ページの本一冊に約1時間必要になる。だから蔵書のすべてをPDF化するなどという無謀なことはやめておく。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • マインドフルな人は免疫能力が高いマインドフルな人は免疫能力が高い   「マインドフルネスストレス低減法」については何度か紹介してきたが、この本は、アメリカの企業においてマインドフルネスがどのように定着しているのか […]
  • 気になる本『奇跡のシェフ』気になる本『奇跡のシェフ』 上毛新聞で紹介されていたこの本、気になりますね。クラウドファンディング「ハレブタイ」で目標の30万円を大きく上回る138万円を集めて出版にこぎ着けています。自費出版でなく、庶民の […]
  • 医者にかからないのは、良い医者にかかったのと同じ医者にかからないのは、良い医者にかかったのと同じ DP2 Merrill F9.0 1/400秒 […]
  • 今日の一冊(45)『輪廻する宇宙』今日の一冊(45)『輪廻する宇宙』   ブルーバックスと輪廻。なんとも変な取り合わせです。仏教の六道輪廻の話にはじまり、ダライ・ラマの転生へと進むんです。 オチをばらしてしまえば、最先端の宇 […]
  • 小さき花小さき花 京都東山にある建仁寺は、臨済宗建仁寺派の総本山ですが、俵屋宗達の国宝「風神雷神図」があるお寺(現在は京都国立博物館に寄託)といった方が分かりやすいかもしれません。若き道元も入宋す […]
  • 「死」は種の生存と他者の「生」のためにある「死」は種の生存と他者の「生」のためにある 『遺伝子の夢』 帯に(利他的な遺伝子)と書いてある。ドーキンスの『利己的な遺伝子』はよく売れた本であるが、そのパクリか?と思って読み始めたが・・・。「人間は遺伝子を運ぶ舟 […]
  • 今日の一冊(43)『娘はまだ6歳、妻が乳がんになった』がん患者の障害年金 プレジデントに連載されている『妻ががんになったら』を書籍化した本ですね。<連載一覧> 乳がん検診から1年半経ってからのことです。そのときには再検査の結果、近所の病院の医者か […]
  • 今日の一冊(42)『いのちの苦しみは消える』   元国立がん研究センターの内科医であり、現在は栃木県益子町・西明寺の住職と、境内にある普門院診療所の医師の二足のわらじを履いている田中正治医師。しかし、2 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です