スポンサーリンク

情熱大陸「肝胆膵外科医:上坂克彦」治らないがんを治るがんへ

LINEで送る
Pocket

明日1月10日(日)23時からの『情熱大陸』(毎日放送・TBS系)は、静岡がんセンターの肝胆膵外科医、上坂克彦先生です。

膵がんの術後補助化学療法としては、ゲムシタビンが長く使われてきましたが、上坂先生が代表研究者を務めるJASPAC試験において、TS-1を使った方がゲムシタビンよりも再発リスクを減少させ、死亡リスクを44%も減少させるという画期的な成果を出しました。現在、術後の抗がん剤がTS-1になったのは、上坂先生らの研究があったからこそです。

日本人膵腺癌の術後補助療法はS-1がゲムシタビンをOSで上回る【ASCO-GI2013】

番組の詳細です。

生存率の飛躍的な上昇に世界が注目!“沈黙の臓器”のがんに挑み続ける外科医に密着

早期発見、早期治療により治らないイメージが薄れてきた“がん”。だが一方で、肝臓・胆道・すい臓は自覚症状の乏しさから“沈黙の臓器”と呼ばれ、未だ治療が困難とされている。去年9月に女優の川島なお美さんが亡くなった胆管がんもその一種で、5年生存率が低く再発率が非常に高いのが特徴だ。
こうした困難ながんの治療に挑み、生存率を飛躍的に高めているのが肝・胆・膵外科医の上坂克彦だ。「良い癌医療をしたい」の一念で開業から13年の静岡がんセンターを全国トップレベルの治療拠点にまで牽引した手腕の持ち主だ。

そんな上坂のもとに、難易度の高い「肝門部胆管癌」(肝臓内部の癌)の患者が駆け込んで来た。地元の大病院では手術を断られたという71歳の患者。
聞けば当人も現役の医師だという。確かに現状ではがんが広がりすぎてとても手術が出来る状態ではなかったが、上坂は何とか手術が出来るよう事前治療を施し、1ヶ月後ついに手術にこぎ着ける。
他院で無理と診断された患者でも自分が出来ると信じれば挑む。口癖は「ギリギリ」。
“治らないがん”を“治るがん”へ…挑戦し続ける上坂医師の怒濤の日々をカメラが追った。

上坂克彦

1958年愛知県豊田市出身。名古屋大学医学部卒業後、当時の国立がんセンター病院(東京)に勤務し、2002年にオー
プンした静岡県立静岡がんセンターにて肝・胆・膵外科部長に就任。すい臓がん切除後に抗がん剤治療を行う全国的な大規模臨床試験で代表研究者を務め、患者の2年生存率70%、5年生存率45%という驚異的な数字で世界から注目された。趣味は音楽鑑賞で小澤征爾の大ファン。3人の子どもは「全員文系で誰も医師を志さなかった」と笑う57歳。

ぜひ視聴したいですね。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 癌エキスパート:ゲムシタビンとS-1を使い切る癌エキスパート:ゲムシタビンとS-1を使い切る 癌エキスパートに「膵癌の治療戦略:ゲムシタビンとS-1を使い切る【消化器外科学会】」と題する記事が載っています。7月13日から開催された、第66回日本消化器外科学会総会でのセミナ […]
  • 靖国参拝で四面楚歌状態靖国参拝で四面楚歌状態 膵臓がんの術後1年ほど経ったころ、いずれ再発して死に至ることになるかもしれないからと、田舎にある墓を東京に移す決心をしました。納骨室を開けると、かび臭い空気の中にあった骨壺の一つ […]
  • がんも原発も、人としてどう生きるかの問題 がんになれば、何が本当に大切なものかが、これまでとは違って見えてくる。マクファーランド神父は「未来を心配することから私を解放し、過去を悔やむことからも解放し、たった今を生きられる […]
  • 【被災地のがん患者さんへ】【被災地のがん患者さんへ】 被災地の方に、こころよりお見舞い申し上げます。 J-CAN 地震被災者のための医療情報ブログ がんのチームオンコロジー、上野直人先生のブログより転載させていただきます。 がんに […]
  • 保安院が認める 福島第一は地震で配管損傷保安院が認める 福島第一は地震で配管損傷 今朝の東京新聞「こちら特報部」が衝撃的な記事を掲載しています。これまで脱原発派の技術者、田中三彦・後藤政志らが主張してきた、福島第一原発は津波の到達前に地震で重要な配管が損傷し、 […]
  • Web交流会、がんゲノム医療オンラインセミナーWeb交流会、がんゲノム医療オンラインセミナー Web交流会は16名の参加でした 昨日の『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会は、16名の参加でした。前回が34名と多すぎたのですが、これくらいの人数のほうがスムーズに運営が […]
  • 今日の一冊(73)『ここまできた重粒子線がん治療』今日の一冊(73)『ここまできた重粒子線がん治療』 膵癌の腫瘍内部は低酸素状態になっているために、通常の放射線では効果が限定的です。しかし、重粒子線は拡大ブラッグピークという現象もあって、膵癌の腫瘍細胞を効果的に死滅されることがで […]
  • ひとり茶 午前10時頃から、蒲田の上空には、これまでに経験したこともない15機ほどのヘリコプターが旋回していた。オームの高橋容疑者逮捕の取材ヘリだ。Twitterで二度もつぶやいたけど、泳 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です