今日の一冊(28)『医者と患者のコミュニケーション論』

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

DP1M2785


医者と患者のコミュニケーション論 (新潮新書)

医者と患者のコミュニケーション論 (新潮新書)

里見 清一
836円(10/21 21:24時点)
発売日: 2015/10/16
Amazonの情報を掲載しています

里見清一はペンネームで、本名は國頭英夫。日本赤十字社医療センター化学療法か部長である。『医者と患者のコミュニケーション論』は研修医が患者と接するときの心得という立ち位置で書かれているが、もちろん患者にも大いに参考になる。

里見先生、あいかわらずへそ曲がりぶりは健在である。私としては気に入らない部分もあるが、それは前著『偽善の医療』への批判として書いたから、暇な人は↓を参照して欲しい(と書いても参照する人は稀である)。

「低用量化学療法」は『偽善の医療』か?

がんを告知されたらどうするか? 現在は多くの患者がインターネットで情報を検索する。そして、まずは国立がん研究センターがインターネット上にアップしてある『がん情報サービス』などを見に行くだろう。いまや世の中、がんの情報にあふれていて、情報難民はいやしない。むしろ玉石混淆の情報に翻弄されている。

この「玉石混淆」が問題なのだ。胡散臭い情報には近寄るなと、言うのは易しである。「がん情報サービス」は国立がん研究センターが提供しているのだから「エビデンスがあり、信頼のおけるサイト」であり「玉」ばかりである。

しかしね、ここから得られる情報は、患者の希望を打ち砕くものがほとんどである。「抗がん剤ではがんは治りません」「〇〇がんの余命は〇ヶ月で、平均生存期間は〇ヶ月です」(年単位ではないんですよね)標準治療の統計にしたがって死んでいけ、と言わんばかりである。

むしろ「石」であるはずの、巷の怪しげなクリニックが提供する情報に、患者は「希望」を感じるのだからやっかいである。

「標準治療が現時点では最高の治療法です」

はい、はい、それには異論はございません。そして、膵がんなら数ヶ月後~数年後にはほとんどの患者が亡くなっているでしょう。

この正しい情報が、患者の闘病意欲を削ぐということが、なんとかならんものだろうか。これでは「情報は命」ではなくて、「情報は害毒」になってしまう。

里見先生も同じことを書いているが、結局は「情報に振り回される患者が悪い」になっている。そうではないだろう。治らないがん患者に「希望」を与えられない医者が悪いのですよ。患者は偽りでも良いから、希望を求めている。希望がなくて、どうして辛い抗がん剤に耐えられる?

エビデンスから外れたところにこそ、希望があるのと違うだろうか。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 散歩と運動散歩と運動 早いものだ。今月末で手術後丸3年になる。すでに初夏の陽気の日々が続く。散歩コースの道ばたには、 気の早い紫陽花が花を開いている。私の散歩、といっても会社までのJR一駅区間で約2. […]
  • 膵臓がんにCU制度を導入 15年度から膵臓がんにCU制度を導入 15年度から どうってことのない写真ですが、今年の初ショットです。下町のボブスレーのドラマがBSで始まっていますが、また一つ大田の町工場が消えてマンションになります。隣の銭湯の煙突、ここも古 […]
  • 膵臓がんの尾道方式膵臓がんの尾道方式 膵臓がんの早期発見で、5年生存率が7%から20%へ。 尾道方式の仕組みを今日の東京新聞が特集しています。朝日や毎日はがんの記事が多いのですが、東京新聞ではめずらしい。 […]
  • 膵臓がん細胞が免疫細胞の攻撃を無力化するメカニズム膵臓がん細胞が免疫細胞の攻撃を無力化するメカニズム NF-κBは膵臓がんの黒い騎士 オハイオ州立大学総合がんセンターの研究です。 膵臓がん細胞が免疫細胞の攻撃を無力化するメカニズムの発見 […]
  • 確定申告 出してきました確定申告 出してきました 早々に確定申告を出してきました。 昨年の医療費は206,000円、所得税が30,000円ほど還ってきます。今年から医療費の領収書は出さなくても良くなったそうで、その […]
  • 今日の一冊(128)『ビタミンDとケトン食 最強のがん治療』今日の一冊(128)『ビタミンDとケトン食 最強のがん治療』 ステージⅣの膵臓がんも完全寛解 日本人の多くはビタミンD不足か欠乏 2020年度、厚生労働省が5年ぶりに「日本人の食事摂取基準」を改定し、ビタミンDの摂取基準が5.5μg […]
  • 光免疫療法、PD-1阻害薬との併用で転移がんを抑制光免疫療法、PD-1阻害薬との併用で転移がんを抑制 光免疫療法の新たな論文がPubMedにアップされています。 近赤外光免疫療法後の宿主免疫は、確立された抗原性腫瘍を根絶するためにPD-1チェックポイ […]
  • 旅行ならスマホのGoogleマップをカーナビにしよう旅行ならスマホのGoogleマップをカーナビにしよう 今回の北海道旅行では、スマホのGoogleマップが大活躍でした。純正のカーナビに目的地を住所で入力しても、北海道では同じ番地が線路の両側にあったりして、ピンポ […]
LINEで送る
Pocket

今日の一冊(28)『医者と患者のコミュニケーション論』” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    ハマリョウさん。お元気そうで安心です。
    いつも前向きの考えに励まされる方も多いのではないでしょうか。
    エビデンスが乏しくても、がんとの闘いは自分に合わせて「いいとこ取り」ですよね。
    本年もよろしくお願いします。

  2. ハマリョウ より:

    キノシタさんこんにちは
    私も膵臓がんは、最終的には手術、抗がん剤、放射線では済まないと思います。
    どこの病院でも行われている標準治療で済む人は、完治した人とあきらめて亡くなった人だと思います。
    私も今年の2月で最初の手術から6年経ちますが、ご存じの通りがんと共存しているのです。
    今後、免疫療法を考えているところです。
    私の知り合いでも重粒子線治療で何年も生きている方もいらっしゃいます。
    アブラキサンも考えられますが、副作用がきついのでct画像とマーカー値で決めようと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です