スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

インスリン注射になるのかなぁ?

マッチ絵の家

「たくみの里 マッチ絵の家」にて

雪が降っています。実はガラスのごみ。


今日から今週いっぱいの出張で、宿から投稿しています。

神宮外苑のイベントでの焼死事故は痛ましいですね。最近のこどもはマッチを擦れないらしい。たき火でも大きな木だけを組んで、それで火を付けようとするからたき火もできない。かんなクズや新聞紙をたき付けにするという経験がないし、工事用の白熱灯が、手を触れると火傷をするほど熱くなることも知らない。

危険を予知する能力が退化しているのではなかろうか。

先日の糖尿病内科での診察では、HbA1cが8.8%だった。運動もして糖質制限もしているにもかかわらずこの結果。体重もわずかだ他右肩下がりに推移している。

Image_001

考えられることは、

  • 食べる量が少なく、必要は総カロリー(1900kCal)に届いていない
  • 食べる量は足りているが、消化酵素が不足している
  • すい臓がへたばって、インスリンが枯渇しかかっている

先生の見立としては3番目の可能性が高いと考えている様子だ。

9年前の手術で膵頭部をわずかに残して、膵体部・膵尾部・脾臓を摘出している。インスリンを産生するβ細胞は、膵頭部にはほとんどないのだから、この時点でインスリン注射になるはずであった。

しかし、医者も首をかしげて「インスリンが出るはずがないのに、おかしいよなぁ」と言いつつ、9年が経った。軽い糖質制限と運動、食前のグルファストの服用だけで、上手く血糖値管理ができてきた。

しかし、どうやら10年近くがんばってきた私の膵頭部さん、そろそろへたばってきたのかもしれない。この辺りが限界かも。

いずれはインスリン注射のお世話にならざるを得ないことと覚悟はしていたが、インスリン注射は管理が煩雑だ。低血糖にもなりやすい。できるならばもう少し先に延ばしたいが、合併症も怖い。

次回にC-ペプチド値を測定して、HbA1cも参考に、インスリン注射にするかどうか判断することになりそうだ。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(115)「免疫療法を超えるがん治療革命」今日の一冊(115)「免疫療法を超えるがん治療革命」 生きたがん細胞に過酸化水素(オキシドール)を注射して、リンパ球と同じ状態にしてやれば、放射線の効果がずっと続くのではないか。こう考えたのが小川恭弘医師でした。 ’06年にコータ […]
  • 弱者いじめに熱心な政府弱者いじめに熱心な政府 久しぶりに体重を量ったら58.7kgになっていた。6月は60.9kgだから、2kgの減。猛暑だったから夏ばてのせいかも。ま、変動の範囲内。食欲は落ちていない。昼間は今日も36度の […]
  • 愛犬の死愛犬の死 一度は獣医から安楽死を勧められていた我が家の愛犬・ヨークシャーテリアの年長の方が、先日28日に亡くなった。15歳と6ヶ月だから、人間ならば80歳から90歳近くとなろうか。 自分の […]
  • 『がん消滅の罠-完全寛解の謎』がテレビドラマ化『がん消滅の罠-完全寛解の謎』がテレビドラマ化 第15回『このミステリーがすごい!大賞』の大賞受賞作で、話題になった岩木一麻氏の『がん消滅の罠-完全寛解の謎』がテレビドラマ化されます。 4月2日(月)20:00からTBS系で […]
  • 【膵臓がんにも適用】放射線治療の新兵器―メリディアン(MRIdian)とは【膵臓がんにも適用】放射線治療の新兵器―メリディアン(MRIdian)とは がんの3大治療法は、手術、抗がん剤、放射線と言われますが、近年放射線治療の進歩がめざましいです。 陽子線や重粒子線はもちろんのこと、サイバーナイフ、ガンマナイフ、トモセラピ […]
  • 牛の真似をしても、がんは治らない牛の真似をしても、がんは治らない ニンジンジュース療法 ゲルソン療法やその亜流である日本人医師による「がんのニンジンジュース療法」があります。街の本屋に行けば、その手の本が並んでいて、がんを告げられた患者が […]
  • パソコン不調 ⇒ なんとか修理パソコン不調 ⇒ なんとか修理 デスクトップPCのSSDを載せ替えて、快調にスタートしたはずなんですが、今日、過去に撮った写真を検索しようとしてAdobe Lightroom […]
  • 定期検診定期検診 今日は3ヶ月ぶりの癌研での定期検診でした。CT検査はなしで、血液検査と主治医の診察だけ。 血液検査の結果は、ヘモグロビンA1Cの値が6.0で、正常値4.3~5.8を少し上回ってい […]

インスリン注射になるのかなぁ?” に対して4件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    金魚さん。
    アドバイス、ありがとうございます。
    しばらくすい臓を休ませて、離脱できればなりよりですね。
    その方向で相談してみます。
    金魚地方は雪ですね。先日行った水上もスタッドレスタイヤが必要だとか。
    体調を気遣ってくださいませ。

  2. 金魚 より:

    キノシタ さん
    ご無沙汰しておりました。
    風邪を引いたり、引っ越しの影響が抜けずに、ペースが乱れております。
    インスリンですが、これまで良い調子だったので、2か月ほど注射を導入して、すい臓を休めると復活してくれるかもしれないですよ。
    検査も必要ですし、試しつつのお話ですが、糖尿病専門医ならば、そのあたりは病歴を見て、試行錯誤してくださるのでは・・・永久導入になるとも言えないように思います。
    良い経過をたどりますように。

  3. キノシタ より:

    バカ建築屋さん。情報ありがとうございます。
    自分でも調べて、超速効型、即効型、時効型、混合型などいくつかあることは承知しています。
    田村先生のサイトにも詳しく書かれていました。

    インスリンから離脱できることを重点に考えてみます。
    ただ、もともとのすい臓がほとんどないのですから、無理な離脱は返って害が多いのかもしれません。

  4. バカ建築屋 より:

    キノシタ様
    睡眠中に暫し膵臓を休めてみてはいかがでしょう。
    眠前に持効型のトレシーバ注なら
    面倒はないですよ。酔っ払って忘れても翌日有効です。
    ただ病棟で扱う病院が少なく入院時の継続が難点で、がん研有明病院では自分が入院して導入されました。
    数値が戻ればまた、インスリン不要になりますよ。

コメントを残す